【音楽で集中】メリットもデメリットもある勉強のBGM効果

音楽で集中

勉強をする時、「音楽を聞く派」と「音楽を聞かない派」がいると思います。案の定、ネットで調べてみても、それぞれの意見が対立しているように思います。

しかしながら、人はそれぞれに感性がありますから、一概に駄目とも言い難いと感じています。勿論医学的な物証もあるんでしょうけれど。

オッサン(´ω`)は暗記は耳栓、普段はBGM派。その時々によって使い分けるタイプです。

「良い」「悪い」という明確な線引は無いですが、音楽のそれぞれのメリットデメリットがあるように思いますのでご紹介します。

スポンサーリンク
★人気の記事

音楽を聞きながら作業する「メリット」

音楽のメリット①.リラックスしながら勉強できる

自分の好きな音楽や環境音を耳に入れる事で、苦手な勉強をする時にリラックスした気持ちで臨むことが出来ます。

無音で苦手な勉強に取り組もうとすると、テンションは下がったままになり、なかなかノリは上昇してくれません。

得意な勉強は良いのですが、苦手な場合は外部刺激も有効だと思います。

勉強のBGM効果

聞く音楽のジャンルは特にコレは駄目という事は無いと思いますが、テンションが下がり気味の時や上がりすぎの時は自分に合ったBGMを探して流すと良いと思います。

これはいい、これは駄目だの基準は自分の中にちゃんとあるハズなので。

音楽のメリット②.外部の音を遮断して、自分の世界に浸れる

勉強のBGM効果

BGMのありがたみとしては、コレ結構大きいと思います。

あまり聞きたくもないラジオの音や周囲の話し声、工事の騒音など、その時の自分のやる気に対して気が散るような音を根こそぎシャットアウトしてくれます。

好きな音楽を聞くことで完全に自分の世界に浸って勉強が出来るので、そういった意味では
集中力も一時的に上昇しますしやる気も出てくると思います。

音楽のメリット③.時間の経過が、いつもより速く感じる

集中力が一時的に上昇する事で、時間の感覚が少し狂います。楽しい時間が短く感じる事はみなさんもあるでしょう、アレと同じ事です。

集中力が上がってリラックスしている為、没頭する事が出来ます。気付けば○分も経ってる!集中出来てる!俺すごい!この感覚が大事だと思いますよ。

勉強のBGM効果

思い込みでも何でもいいのですが、自己暗示で集中力が高まる事もあります。

この調子でまだまだ頑張るぞ~~となればコッチのもんです。

音楽のメリット④.勉強中の眠気と戦う事が減る

勉強のBGM効果

自分の苦手な分野を勉強している時というのは、しょっちゅう眠気に襲われるものです。

そんな時には、自分の大好きなノリの良い音楽を5分程聴くだけで、聴く前とは随分と自分のテンションが違うものになっていると思います。

眠気に身を任せて眠れる場合なら良いのですが、大半はそうもいかない状況ですよね。

自分が「これは元気になる!」という曲をいくつかピックアップしておき、眠気対策用として活用すればその後の集中力にも良い効果が得られます。

音楽のメリット⑤.試験本番中に、覚えた事の連想が出来る

試験本番中には音楽が流れていないため、その環境に適応できなくなるとの意見が多いのですが、むしろ私的には真逆で御座います。

例えば苦手な勉強の時に聴いていた曲に合わせて書いた言葉や書きなぐった文字が、ふと頭の中に流れる音楽から連想で思い出される事があります。

「この問題はあの時あの曲を聴いて解いた問題だな」など、そこから連想で解ける場合があり、オッサンも実際に資格試験の時に応用済みです。

勉強のBGM効果

なかなか覚えられなかった言葉を、流れてきた曲に合わせて勝手に替え歌にして覚えていたんです(笑)

そういった発想も、音楽を聴いていたからこそだろうと思っています。

音楽のメリット⑥.勉強するための、やる気スイッチが作れる

勉強のBGM効果

試験の場合は「開始!」で始めるしかないので嫌でもスイッチが入るのですが、勉強はなかなか面倒で取っ付きにくく、後回しにしがちです。

この音楽を聴いたら開始する、そう自分にルールを作ることで開始しづらい勉強も比較的スムーズにスタートすることが出来ます。

オッサン的にもこの効果はデカイです。いつもこの曲!と決めているので意識的に勉強に向かいますし、やる気がなくて面倒と感じる時でも、よし、少しだけやるか!というやる気スイッチが入ります。

音楽を聞きながら作業する「デメリット」

音楽で集中

音楽のデメリット①.声が耳に入らないため、暗記に不向き?

これは比較的多くのホームページでも取り上げられていますが、自分の声を耳で聴くというのは暗記にとって非常に効果的です。

声を発して覚え、それを聞いてさらに覚える為です。しかし音楽を聴く事で自分の声は遮断されてしまうので、記憶力は低下します。

ですが、音楽に乗せて覚えたり、歌詞を暗記の語句に変えてみたり等の工夫でいくらでも可能性を広げる事は出来ます。

不向きと言い張る部分には、疑問を感じてしまいます(´・ω・`)

音楽のデメリット②.集中できない、もしくは眠くなる

選曲ミスでこうなります( ゚ω゚)また、人によっては「音楽不向き派」の方もいます。

いくつか自分のパターンを調べてみて自分の勉強のスタイルに合った音楽が見つからない場合は大人しく静かな環境下での勉強法をオススメします!

勉強のBGM効果

穏やかすぎて眠いというのは、私もよくあります。主に小鳥のさえずりや川の流水音など環境音を聞いてる時はリラックスしすぎて寝てるパターン有り( ˘ω˘)スヤァ

音楽のデメリット③.無音でも集中できるように特訓も必要

実際の試験では音は流れていませんし、本番に向けて最後の調整を行うような場面でいくと、真剣に無音で取り組んだほうが効率が良いです。

下手に音楽を聞くと本当に覚えているのか、どこが自分の弱点なのか、最後に詰めて置くべき設問はどれか等の研究に支障をきたす恐れがあるからです。

真剣に悩んだり、確実に覚えたりという作業については無音の方が断然オススメです。

音楽を聴く・聴かないの使い分けをする

音楽で集中

音楽を「聴いた方が良い」「聴かない方が良い」と、二極化すべきではありません。人にはそれぞれ向き不向きというものがあり、どんな環境が自分にとって1番なのかは実際やってみないとわからないのです。

医学的根拠や方法論は多々ありますが、その中でも「自分はどうなのか」という所が1番大事であると思って下さい。

参考にして欲しいオッサン流「音楽勉強法」

※万人向けではありません!

やってみて向かない場合はすぐに自分の方法にスイッチしましょう!(゚∀゚)

①.いつもの勉強スタート曲を聴く

まず自分が勉強を始める時にはコレだ!」という1曲を決めて下さい。

それを1~2回聴いたら開始するぞ!と自分の中の意識を高め、音楽を聴きながら勉強道具を机の上にセットします。

机の上はこの時に片付けもしてしまいましょう。

②.ある程度テンポの良い曲で過去問などを解く

まずは作業的な勉強をします。何故なら、ただでさえスタートは勉強意識が低いのにいきなり暗記などやると一気にテンションはどん底まで下がるからです。

下手すりゃ、そのまま寝ます。

しかもなかなか覚えられなかった場合は勉強が一切進まずに終わる事になるので。
いきなり暗記はやめましょう!

③.そのままテンションが持続するまで問題を解く

ひたすら作業的に勉強を進めていきます。

あまり悩まず解けるのがいいペースなんですが、分からない問題はこの際飛ばしてしまっても構いません。

勉強がイヤにならないよう安定を保つために、分かる問題をバンバンと解いていきます。

そうすることでテンションは自動的に上がっていきます。

あくまでも作業的って所がポイントです、作業的。

④.悩む問題や暗記をする時は耳栓をする

今までの作業である程度の問題は解いてきたと思うので、次は難問についてですが。

難問の場合はじっくり考えたり設問を理解しなければなりませんが、その際に音楽がなっていると集中しずらいです。

音楽は単純作業的な事をやる場合に向いています。

考えたり覚えたりという作業には、音楽は不向きなので、ここでは耳栓が活躍します。さて!耳栓ターイム!とスイッチを入れ替えます。

耳栓を実際にしてみるとわかるのですが、付けて小声を発するといつもと違う聞こえ方に気付くと思います。小声なのに、すごく頭に響きます。

その為、暗記をしたり文章を読解するのに非常に向いており、集中力も高まります。

⑤.暗記等が終わったらリラックス出来る音楽を聴いて復習

最後の締めです。ひとしきり1日の勉強に終わりが見えてきたら、安静出来るようなリラックス音楽を聴いて今までの総復習をします。

時計を見ながら、今日もこんなに頑張った!と言い聞かせながら、じっくり復習をし、暗記したものは音楽を聴いているその状態でも口から出るようになるまで、アウトプットを繰り返します。

これで一通り勉強が終わったら、あとはそのまま寝るなりゲームするなりお好きにどうぞ!

【リラックス環境音・BGM】

さいごに

音楽を聴く派の方も、聴かない派の方も、自分の勉強のやり方についてしっかり確立出来ているでしょうか。自分の向き不向きを確認して、最も有効な方法を見つけるのは自分にとって一生の宝になります。

勉強は一生ものであり、社会人になっても必要になるものですから、勉強のやり方についても今一度しっかり考えてみて下さい。

私がしっかり勉強出来るようになったのは、実は社会人になって30歳を越えて資格勉強をし始めた頃でした。自分に合った勉強方法を覚えるのに早い遅いはありません、じっくり取り組んでいきましょう!

スポンサーリンク