【集中力がない人必見】勉強や仕事で集中力を高める色の効果

色

常に人は「色の影響」を受けて行動しています。

学生さんの勉強や、日頃の仕事、社会人の資格勉強など、何歳になっても色々な場面で求められることが多いのが「集中力」というもの。

しかし、集中力の持続時間や、集中力の高め方というのは人それぞれ。オッサン(゚∀゚)は昔から注意散漫で、すぐに気が散ったり、物音で集中力が切れてしまいます。

逆に、いくらでも集中できるよ!という人も、中にはきっといるでしょう。

「私はなんて集中力がない人間なんだ・・・」と悲しくなる前に、ひと工夫してみましょう。
音楽を聞く・ガムを噛むなどの方法もありますが、今回は集中力を高める色に着目しました。

スポンサーリンク
★人気の記事

『色』が人に与える様々な効果や影響とは?

世の中はたくさんの色で構成されており、家の中や外の景色を見渡せば、様々な色に囲まれて生活している事がわかります。

信号機でもわかるように、幼い頃に学んだ色に対する知識で「赤は危険」「青は安全」など、心理的に植え付けられているものもあります。

このような印象も考慮しながら、カラーデザインは様々な心理学をもとに決まっていきます。

心理的・生理的・感情的な影響を受ける色

色は人に様々な影響を与えますが、主に「心理的な影響」「生理的な影響」「感情的な影響」の3つが代表的な影響です。

【心理的な影響】

暗記力や回想力、認識力を増します。また、色によっては簡単に理解、学習、誘導ができたりもします。

生理的な影響】

神経に影響を与えます。明るい赤は「交感神経系」に刺激を与えるので血圧を上昇させます。逆に、青や緑はリラックスさせる生理作用があります。

観葉植物や水色のペンなどは、精神をリラックスさせ、集中力を高めたりします。

感情的な影響】

私達の感情や気分は「色」に大きく影響されています。

「黄色を見ると人は明るい気分」になりますし、「観葉植物など緑を見ると人は安心する」ようになります。

色が人に与える「効果・色彩心理」

  • ・・・警戒心、注意力喚起。交感神経に刺激を与え、体温・血圧・脈を上昇。
  • オレンジ・・・楽天的で陽気。消化、代謝をあげ食欲増進。身体を活動的に。
  • ・・・脳の活性化が良くなり、頭の回転が早まる。集中力がUP。
  • ・・・リラックス。細胞を作る力を促進、血圧の低下。
  • ・・・爽やか、精神的に落ち着かせる。体温を低下。
  • ・・・集中力UP。鎮静効果。
  • ・・・力強さ、高級感を与える。威圧的。
  • ・・・純潔さや純真さ。

集中力を高める色の効果

勉強する時などで、大事な部分を赤文字で表現しようとする心理は、上記の「注意力喚起」が根付いているからということです。

学校の先生も、大事なところは黒板で赤で書いたり丸で囲ったりしますよね。

私は最近では、ぬくもりを感じるような「白とか木目調の色」が好きです。
木目だと「茶色」かな?ということで、茶色も調査してみました。

★番外編「茶色」

  • 安定している印象を与える。
  • 緊張を緩和する。
  • 堅実さや信頼感を与える。
  • 温もりを感じさせる。
  • 伝統や歴史を感じさせる。
  • コツコツと物事を継続させる。

(出典:【色カラー】茶色のイメージ効果と意味!茶色カラーセラピー

集中力を高める「青色」の物を手元に置く・使う

前述の各色の効果から、集中力に対して特に効果的な色は黄・青・紫の3色となります。

中でも「青色」というのは一線を画する影響力があると言われています。

メンタリスト daigoさんの書籍「自分を操る超集中力」でも、集中力を高めたいのであれば青色が最適であると紹介されています。

集中力を高めたいのであれば、無難に「青色」を置く

青色が人に与える影響は、

  • 時間を感じさせない。
  • 精神的に落ち着かせるため、緑のようなリラックス効果もある。

職場のデスクや、日頃の勉強のために「青色」を取り入れてみる場合は、

  • 日頃使うペンを青い物に変える
  • PCを使う人はマウスを青い物に変える
  • 壁紙を空や海などの画像に変える
  • ノートの線が青い物に変える などなど・・・・

集中力を高める色の効果

実際、私の職場のデスク周りは青いものを点々と配置しています。例えば、

  • 普段使うボールペンは持ち手が青いものを使っています。
  • 30分に1回、切り替わる壁紙に設定し、画像は「海・空」のもの。
  • ペン立てにも、青色のペンを多く入れておく。
  • ガムのボトルはキシリトールの青いやつ。
  • スマホの画面も青い画像を使っています。
  • 仕事のメモ書き、勉強の暗記では青ペンを好んで使っています。

ちなみに「黄色」は付箋や蛍光マーカー、「緑色」は勉強用の耳栓に(緑:リラックス)使っています。

色にこだわって揃えてみるのも楽しいですよ(゚∀゚)

さいごに

人によって効果的かどうかは変わりますが、色が人に与える影響は少なからずあると思います。ちょっと集中力が持続しない、なかなか集中出来ない場合は青を取り入れてみては如何でしょうか!

私も定期的に勉強する時期がくるので、今まで以上に活用してみようと思います。

スポンサーリンク