疑問解消!【七五三の男の子・女の子】お祝いはいつするの?

七五三お祝い

子供の成長に合わせてお祝いを行う、七五三というイベント。「七・五・三」と名前の付くとおり、子供がその歳になったらお祝いするのですが、男の子・女の子によって祝う歳が違ったり、数え歳なのか満年齢なのか、地域的にはどうなのかなどなど、正しい知識をしっかりと頭に入れている人は実はすごく少ないそうです。

実際オッサン( ゚ω゚)も知らんかったし、そもそもクリスマスや誕生日のような毎年恒例の行事でも無いわけで、その時になって「どうなんだろう?」と初めて調べる人が大半なワケですよ。

それでは七五三について数ある疑問のいくつかを解消してみましょうー。

スポンサーリンク
★人気の記事

七五三のお祝いの疑問について解決しましょう

七五三を祝う時期は、1年の中でいつなの?

七五三のお祝いは、一般的には『11月15日』となっています。
(※但し、北海道の場合は寒いため、一ヶ月早めた『10月15日』~となっています。)

仕事やその他の都合上、ピッタリ15日というのが難しい場合も多々あると思います。その為、神社や写真屋では9月~10月あたりから受け付ける所もいっぱいありますし、15日にこだわらずに当月の土・日・祝日に行う事も多いですね。または「大安」の日を狙うのも良いです。

もちろん混雑もしますので早めのご予約や検討の準備が必要です( ゚ω゚)

ちなみに当日は何曜日なのかというと

  • 2015年11月15日・・・日曜日(2015年10月15日・・・木曜日)
  • 2016年11月15日・・・火曜日(2016年10月15日・・・土曜日
  • 2017年11月15日・・・水曜日(2017年10月15日・・・日曜日

このようにバッチリ平日な時もあります。仕事がお休み出来る人はいいですが、休むのが難しい場合は調整しましょうー。

起源は、江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男の健康を祈って始まったとされる説が有力だそうです。

いつの時代も子供の成長を祝福し益々健康に育って欲しいと祈願する気持ちは同じですね(´∀`)
ましてや昔は病気で亡くなってしまう子も多かったわけで、我が子の成長の喜びは今以上だったかもしれませんね!

七五三の「男の子・女の子」の違いはあるの?

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に行うのが通例です。
(※但し、男の子は地域によって3歳も祝う場合があります。)

男の子は1回、女の子は2回のお祝いになるんですね。男の子の場合、地域によって3歳も祝ったり、親族の意向もあったりするので色々と相談の上で決めると良いと思います。

発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている。

  • 数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行う(男の子が行う例もある)。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。
  • 数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。
  • 数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

七五三 – Wikipedia

お祝いする歳は、「数え歳・満年齢」のどっち?

一応、マナー本などでは数え年とされています。
(※但し、昨今ではどちらでもいい風潮があります。)

上記のWikipedia様引用でもあるように、昔は数え歳で祝う事としていたようです。これは昔は『満年齢』という概念が根付いておらず、数え歳が主流であった為です。

近年では逆に数え歳という方が認識が薄くなっており、分かり難いという考えもある事から、各家庭の都合や親族相談の上で「数え歳・満年齢」のどちらでも良いという解釈がなされています。

あんまり拘らなくていいって事ですね(´∀`)

ただ、ここでも地域性というものが出てきたりもします。例えばご近所さんはどうしてるのか聞いてみる、神社に直接聞いてみる、などでも判断の基準に出来ると思いますので参考にして下さい。

早生まれの場合どうする?ですとか、そういった点についても基本的には数え歳・満年齢同様にご家族の都合で行って問題ありません。この辺についてもご近所さんや神社に一緒に聞いてみると、より安心出来ると思いますよ。

2015~2017年 年齢早見表

数え歳と満年齢の表を3年分だけ作りました。(数え歳-1=満年齢)

2015年

年齢 数え歳 満年齢
7歳 平成21年(2009年)生まれ 平成20年(2008年)生まれ
5歳 平成23年(2011年)生まれ 平成22年(2010年)生まれ
3歳 平成25年(2013年)生まれ 平成24年(2012年)生まれ

2016年

年齢 数え歳 満年齢
7歳 平成21年(2010年)生まれ 平成20年(2009年)生まれ
5歳 平成23年(2012年)生まれ 平成22年(2011年)生まれ
3歳 平成25年(2014年)生まれ 平成24年(2013年)生まれ

2017年

年齢 数え歳 満年齢
7歳 平成21年(2011年)生まれ 平成20年(2010年)生まれ
5歳 平成23年(2013年)生まれ 平成22年(2012年)生まれ
3歳 平成25年(2015年)生まれ 平成24年(2014年)生まれ

さいごに

要点のみ、サラッとまとめてみました。これを一読していただくだけでも七五三の概要はご理解いただけたんじゃないかと思います。

昨今の風潮や地域によって変わる、年齢の数え方で変わるなど、きちんと決まった事項というのが無く、非常に曖昧なところがネックですねー(;´Д`)

ご家族でしっかりご相談の上、お子さんの成長をお祝いしてあげて下さいね!

スポンサーリンク