【身近な疑問!】カフェイン摂取のメリット・デメリット効果

カフェインの効果
缶コーヒーやボトルコーヒー、ドリップコーヒーなど、いわゆるカフェイン飲料を飲む人の割合ってすごく多いですよね。

緑茶・紅茶・烏龍茶などのお茶類についても、日常のドリンクとして好まれています。

カフェインには「良い面」もあるんですが、過剰摂取によるデメリットなどもあるので、日常的に飲む社会人の方々は、しっかりその効果について理解を深めましょう。

※追記
カフェイン中毒で死亡した例があります。
正しい摂取で健康的にカフェインを取り入れましょう!

朝日新聞記事:カフェイン中毒で死亡 エナジードリンクや錠剤を多用

スポンサーリンク
★人気の記事

コーヒーやお茶など、各飲料のカフェイン含有量について

カフェインはコーヒーや緑茶・紅茶などの飲み物や、チョコレートなどの加工食品、一部の頭痛薬などの医薬品にも利用されており、幅広い用途で生活に関わっています。

普段あまり気にせず摂取していると思いますが、どの飲料にどれだけのカフェインが含まれているのかを表にしました。

値の大小が参考ホームページ様によって異なるため、この度は「全日本コーヒー協会」による値を参考としています。

一般社団法人全日本コーヒー協会の公式サイトです。
 飲料 100mlあたり
カフェイン含有量
 玉露  160mg
 レギュラーコーヒー 60mg
インスタントコーヒー 60mg
紅茶 30mg
ココア 30~35mg
煎茶 20mg
烏龍茶 20mg
ほうじ茶 20mg
玄米茶  10mg
 コーラ  10~13mg

カフェイン含有量は「玉露」がダントツ。

「カフェイン=コーヒー」が一般的と思っていましたが、玉露はコーヒーの2.5倍近い量のカフェインが含まれているので要注意です。

日常の飲み物で「玉露入りのお茶」を好んで飲む人は、カフェインの過剰摂取になるかもしれません。

玉露の場合は、飲む量に十分注意してください。

カフェインのメリット・デメリット

カフェインの効果

日頃から摂取しやすいカフェイン。眠気覚ましにカフェイン!というのは、よく耳にします。

カフェインが人体に与える「メリット」と「デメリット」について確認していきましょう。

カフェインのメリット

 覚醒作用がある

中枢神経系を興奮させることによる覚醒作用があります。眠気覚ましに効果的とされ、TVでも良く取り上げられます。勉強中、仕事中、運転中の強い味方。

効く人もいれば、そんなに効かない人もいるらしい。

鎮痛作用がある

頭痛薬やかぜ薬などの医薬品に含まれていて、痛みを鎮める効果があります。ちなみに全ての頭痛薬にカフェインが含まれている訳ではありません。

気になる人は薬の箱や説明書に書いてある成分表を調べてみましょう。

ダイエットに効果がある(?)

身体の基礎代謝を高めて脂肪燃焼を促進させる効果があると言われています。カフェインを運動前に摂取することで、効率よく優先的に脂肪を燃焼してくれる効果があると、最近の研究で明らかになってきています。

しかし、まだまだ明確な研究結果が出ていないらしく、ホームページ上での情報もかなり入り乱れているのが現状です。

毎日の摂取で病死のリスクが低下

国立がん研究センターや東京大学研究チームの発表によると、40~69歳の男女9万人に対してコーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかをアンケートし、19年間経過を追った結果、よく飲む人は飲まない人に比べて死亡リスクが24%も低かったそうです。

カフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があり、緑茶のカテキンとコーヒーのクロロゲン酸が血糖値を改善する効果が推定されるとしています。

カフェインのデメリット

カフェインの効果

 覚醒作用による不眠やめまいがする

個人差がありますが、カフェインの効果が8時間~14時間あるということは、あまり認識されていません。

人によっては4~6時間であったり、各資料によっても値が変わっているので明確ではないのですが、私たちが思っているよりも効果が長いという所がポイントです。

つまり、夕方から夜にかけてコーヒーやお茶を摂取すると、カフェインの効果が続いてしまい、不眠になる恐れがあります。

また、摂取すると軽いめまいを起こす人もいます。

【対処法】

一度に摂取するコーヒーの量などを、なるべく減らすこと。

例えばアイスコーヒーを飲むときは・・・

  • コーヒーカップに氷を入れて少なめの量に。
  • 缶コーヒーはロング缶を飲まずショート缶に。

こういった自分のルールを設けることが大切です。

利尿作用により水分補給に不向き

カフェインには「利尿作用」があるので、摂取するとトイレが近くなります。

水分補給に玉露のペットボトルお茶を飲むと、本人は補給しているつもりでも、トイレが近くなってしまい、逆効果も。

テストや資格試験など、急な離席ができない状況のときは、「ミネラルウォーター」などのカフェインを含まないものをオススメします。

試験の途中でトイレに行きたくなり、集中出来なくなったら困りものです。

鎮痛作用の反面、頭痛を起こす事もある

カフェインには依存性があり、摂取してから12時間~24時間後に離脱症状が現れます。

カフェインの離脱症状で現れる症状は「頭痛・短期・集中力欠如・疲労感・不眠」などで、たばこの離脱症状にも似たような感覚です。

症状のピークは48時間後と言われており、通常は2日~9日で収まるとされています。

カフェインが体質に合わない場合、吐き気や動悸がする

少々の量であれば全然問題無いのですが、普段より多めに摂取してしまった場合、ソワソワしたり動悸がしたり、最悪はめまいや吐き気がするなどの症状に見舞われます。

私がこのパターンなので、自覚して量を減らすようにしています。

職場の同僚にもこのパターンの人がいまして、でもその人は『カフェインが原因』という事が分からなかったらしく、長い間辛い思いをしたそうです。

自身の体質に合う・合わないもありますので、体調がすぐれない時は「脱・カフェイン」もいいかもしれません。

さいごに

私は日頃からコーヒーを愛飲していますが、あまりカフェインに強くない体質なので適量を飲むように心がけています(この記事を書いてる時も飲んでました)。

お茶やコーヒー自体を飲むのはいいのですが、それに含まれる成分をちゃんと把握しておかないと突然体調を崩してしまいます。

カフェインは身近な飲み物に含まれる成分ですので、適量を守るようにして楽しみながら飲みましょう。

スポンサーリンク