【ハロウィン雑学】仮装やお菓子などイベントで使える豆知識

ハロウィン豆知識

日本でもすっかりお馴染みとなった10月31日の大イベント、ハロウィン。

10月31日当日となると、おのおの面白い衣装に身を包んで仮装した男女が、群れるように集まって賑やかにハロウィンパーティーを楽しんでいます。

それに便乗して、芸能人もハロウィンの仮装を楽しんでブログにアップしたり、いつの間にやら1日限りのお祭り状態になっております。

それに加えて、お子さんのいるご家庭でも、ハロウィン衣装を着たり部屋を飾ったり、まるでクリスマスのような賑わいです。

当ページでは、ハロウィンにまつわる雑学ネタについてご紹介しています。

スポンサーリンク
★人気の記事

覚えておこう!ハロウィンの起源や豆知識

Q-1.ハロウィンはいつ?

 A・・・10月31日 

記事の出だしで既に10月31日って言っちゃってますが・・・!(゚∀゚)

諸説ありますが、正確には10月31~11月2日。このうち、世界中で仮装したりパーティーを楽しんだりイタズラしたりする日というのは「10月31日」を指します。

クリスマスで言うクリスマス・イブが12月24日であるように、ハロウィンはイブが10月31日という事です。

ハロウィン豆知識

イベントとして定番のクリスマスが「毎年24~25日」で変わらないのと同じで、ハロウィンも必ず毎年、10月31日~11月2日なんです。

毎年同じなんで、ハロウィンの日として覚えちゃいましょう。

Q-2.そもそもハロウィンとは何?

 A・・・日本で言う所の、お盆みたいなもの 

古代ケルト人が起源とされるお祭り。

日本のお盆のように「亡くなった人の魂が家族を訪ねてくる」と言われているのと同じで、ハロウィンの場合は「悪魔や精霊、魔女も一緒に来る」というもの。

悪霊から身を守るために仮面をかぶって魔除けの焚き火を焚いていたと言われています。

Q-3.ハロウィンはどうして仮装するの?

 A・・・死者の魂と一緒に現れる悪霊から身を守るため 

これも諸説ありますが、悪魔や精霊、魔女から身を守るために仮面を被って「相手を怖がらせる」パターンと、仮装して自分も悪霊だよと「仲間アピールする」パターンの2つ。

ハロウィン豆知識

どちらの意味でも、「悪霊や悪魔を遠ざける魔除けの意味」があります。

ハロウィンの仮装グッズにフォーカスした記事もありますので、参考にどうぞ(゚∀゚)

↓↓合わせて読みたい!

ド派手に行こうぜ★ハロウィン仮装の衣装・メイク・お菓子集
10月31日のハロウィンは、日本でも今や仮装やコスプレがすっかり流行っており、渋谷などでは警備がキツくなるほどの賑わいを見せています...

Q-4.ハロウィンのお菓子は何の意味?

 A・・・お祭りの食材を集めていた昔の背景を真似たなごり 

こちらも実は諸説あり(諸説ばっかりやな)家に来てしまった悪霊が悪さをしないようにお菓子をあげて帰したという話もあり。

子供たちはお菓子をねだる時「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」と言います。これは『お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!』という意味で、ハロウィンといえばこの言葉が特徴的ですね。

人の家に来て、堂々たる脅しです(笑)

仮装して家に来てお菓子貰って帰るあたり、Q③は「悪魔の仲間アピール」のほうが意味合いが強いんじゃないかなーと個人的に思うのですが。

また、小さな子供のいたずらは可愛いものなんですが、いわゆる思春期やイタズラ盛のティーンエイジャーになると、家や車に鶏卵をぶつけまくるなどの悪ふざけの度を越えたような事もするのが問題視されてたりするそうですよ。

・・・まぁどこのお国も、若者のおフザケ心は共通ですね~(゚∀゚)

Q-5.日本ではいつ頃から流行りだしたの?

 A・・・人気が出てきたのは2000年あたりから 

東京ディズニーランドでは、2000年10月31日に『Happy Halloween Twilight Parade』と称される、400名もの仮装した入園者とディズニーのキャラクターとの園内パレードが行われました。

2001年からはイベントとして園内パレードが行われるようになり、その辺りが口火を切って世間にドンドン広がっていくことになります。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、9月9日(金)から10月31日(月)までの53日間、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催。ディズニーならではのハロウィーンを楽しもう!

さすがディズニー!影響力は莫大ですね~。また、ディズニーというだけあって子供から大人まで広く魅了されます。

しかし昨今では盛り上がりが年々増していて、記憶に新しい2014年10月31日では、仮装した人達が大量に渋谷に集まったため、とんでもない混乱状態になって機動隊が200人も配置されるなどの大事態になっています。

ハロウィン

By: sayot

怪我せぬよう迷惑かけぬよう、しっかりとモラルを守って楽しんで下さいね(´Д`)
人がごちゃごちゃしている空間ではチカン等にも注意!

また、単に転倒しただけでも危険が沢山ありますから十分注意しましょうー。

Q-6.ハロウィンカボチャの理由は?

 A・・・元々は「カブ」だったがアメリカでカボチャ化した 

その昔、ヨーロッパのアイルランドという島国に「ジャック」という、ケチで乱暴者な男がいました。

あるハロウィンの夜、悪魔と出会ってしまったジャックは、魂を取られまいと必死に悪知恵を使って悪魔と交渉し、見事に「悪魔に魂を取られないようにする」という約束をする事に成功したのでした。

歳を重ねてジャックが死んだ時、ケチで乱暴者だったジャックは天国には行けませんでした。

仕方なく地獄にも行ったのですが、悪知恵の結果で「悪魔に魂を取られないように」してしまったため、地獄にさえ行けません・・・。

「一体、俺はどこに行けばいいんだ・・・」

ジャックの霊は途方にくれて彷徨いながら、元いた街へ帰って行くのでした。

街へ帰って行く時、ジャックの魂が暗い夜道を照らすために作ったのがカブのランタンでした、というお話があります。

そしていつしか、ジャックの持つランタンが、死んだ人々の魂のシンボルとなったそうです。

ハロウィン豆知識

その話はアメリカに渡った時に、カブに興味の無いアメリカ人が、「カボチャならいっぱいあるぞ!」という事でカボチャでランタンを作るようになり、ハロウィンの代表的な装飾として置かれるようになりました。

カボチャのランタンを「Jack-O’-Lantern(ジャックオゥランタン)」と呼びます。

直訳すると「ジャックの灯り」となり、物語の一部の名称であることがわかりますね。

さいごに

元々は日本のお祭りではありませんが、クリスマスのように徐々に定着しつつあるハロウィン。昨今の様子を見れば、もう定着はしきったのかな。

オッサン( ゚ω゚)の若いころなんてハロウィンで騒いだ事なんか無かったので、ちょっと新鮮で不思議な気分です。

えぇ、私も若けりゃきっといっぱい遊んでたよ!!(泣)

10月末頃にはパーティーグッズや装飾品もたくさん販売されるでしょう、華やかな楽しい1日をお過ごしください!

(´∀`) 生卵ぶつけんなよー




公式ホームページ GLAY LiB CAFE ZURA カラーコンタクト

スポンサーリンク