【2016年1月開始!】マイナンバー制度のメリットと概要

マイナンバーメリット・デメリット

2016年1月から新しく始まるマイナンバー制度。最近ではよくCMでも見かけますが、どんな内容の事なのか詳しくご存知でしょうか。

色々なメリットがある半面、本当に大丈夫なの?といったデメリットもあるようで、国の新しいサービスはいまいち不安が残ります( ゚Д゚)1つの番号で全て管理された場合の情報漏れは大丈夫なのかとか、セキュリティー面で問題ないのかという声も挙がっているようですし。

社会人だけでなく、全国民に影響のあるこの制度について詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク
★人気の記事

マイナンバー制度の概要やメリットについて

マイナンバーについて簡単に教えて下さい

1人1つの番号を付して、情報を効率的に管理する制度です。

住民票のある全ての人に番号を付して、社会保障や税、災害対策の分野に対して効率よく情報を管理すると共に、行政を効率化したり、私達の日常的な手続きを簡略化したりといった効果があります。

マイナンバー制度には、次の3つが大きなメリットとなります。

公平・公正な社会の実現

個人の所得や国からの保障の受給状況が把握しやすくなり、「脱税」などの負担を不正に免れたりすることや、逆に不正な受給を防止したりする事が出来ます。また、本当に生活に困っている人に対して今以上にきめ細やかな支援が出来るようになります(´ω`)

まず1つ目は「所得と税」の管理のようです。所得と言われるといきなりプライバシーに踏み込んできたなーって感じがしますが・・・!

国民の利便性の向上

私達が行政上で手続きをする際の、手続き自体を簡略化する事が出来ます。また、行政機関が持っている個人情報を確認しやすくなり、様々なサービスやお知らせを受け取る事も出来ます。

「年金、パスポート、運転免許証、健康保険証、住民票コード」などの番号は、従来だと全てがバラバラに管理されてきました。なので、例えばどこか1か所情報の更新や変更を行っても、他の機関ではその変更が反映されていなかったりといった事が起きてしまい、その都度修正の申請が必要だったり、手間がかかったわけです(´Д`)

マイナンバーメリット・デメリット

この制度ではそれらが1つの番号で管理されるようになるため、手続きの簡略化が可能になり、修正によるデータの間違いなども軽減されるという事になります。

行政の効率化

上記でも少し触れましたが、行政機関や地方公共団体で情報の管理が効率化されるようになるので、労力が大幅に削減されるとともに、各管轄相互間の情報の修正や更新も簡易化出来るため、修正や更新などのデータ上のミス軽減にもつながります。

行政の情報管理は一つ間違えると大変な問題になります。記憶に新しいのは「年金が消えた」問題ですね。情報が正しく管理されていないために、結局困るのは国民です(´Д`)

制度の改善により、問題が起きにくい環境になってくれれば良いのですが。

マイナンバー制度はいつから開始ですか

平成28年1月から社会保障、税、災害対策の行政手続において開始。

平成27年10月に、市区町村から住民票のある人に対して12桁のマイナンバーが通知されるようになっています。

マイナンバーは一生使うもので、番号が漏えいしたり不正に使われる恐れがある場合を除き、基本的には番号は一生変更されません。

取り扱いには十分注意するようにしましょう!(´ω`)ノ

マイナンバー制度の詳しい内容については、以下の内閣官房マイナンバー公式ページも参照してみてください。

マイナンバー制度にすることのデメリットは何ですか

デメリット①.マイナンバー制度導入に伴う初期費用が膨大

マイナンバー制度を導入するためには、そのシステムなどの構築を行う必要があります。多々費用削減を務めているようですが、最終的には初期費用は約2700億円にもなるそうです。

・・・(´°ω°)白目

更に自治体システムの改修や、スマホなどによる住民サービス提供などといった機能拡大を狙うための費用も含めていくと、総計で実に1兆円を軽く超えると試算されているようです。

・・・(´°ω°)チーン

マイナンバーメリット・デメリット

便利な世の中になってほしいと願うのは誰しも同じでしょうけども、そこで改革しようとすると多額の税金がつぎ込まれるわけで。

デメリット②.海外ではすでに悪用例がある

今回、日本が導入しようとしているマイナンバー制度。これは実は諸外国ではすでに取り入れられている国がたくさんあり、先進国の中でこういった国民番号制が導入されていなかった国は日本くらいであったと言ってもいいくらいなんだそうです(´Д`)

今回の導入にあたり、既に悪用実績があるアメリカの場合を見てみると、

  • 不法入国者がナンバーを盗んで働き先を探している
  • 亡くなった家族になりすまし、年金の不正受給
  • マイナンバー情報の売買が横行

などなど・・・マイナンバーが引き金になって起こる犯罪ですね。

日本の場合でいくと近年は詐欺の横行が絶えませんから、そういった詐欺による新たな問題が次々沸いてくるだろうと予測できます。

デメリット③.民間企業の事務処理の増加

マイナンバー制度が開始されると、人員の採用や転職などの様々な場面においても番号の提示が求められるようになります。それは正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの従業員についても同様です。

番号の管理をしっかりしなければいいけませんし、仮にマイナンバーの番号が漏えいしてしまった場合は多大な被害を与えるとともに、企業も罰則が与えられます。

非常に大事なものになりますから、企業の管理能力が問われる事になりますね。

さいごに

新しい制度の導入にはメリットもありますが、当然デメリットも見えてくる事になります。日本は本当に詐欺が多くて、法をかいくぐってあの手この手で攻撃してきます。こうした新しい制度の裏で、どんな手を使ってくるかわかりませんから、皆さんも十分に警戒をするようにしてください(´ω`)

自分が一生涯を共にするマイナンバーですから、大事に取り扱うようにしましょう。

スポンサーリンク