8月の連休『お盆休み』2015年のお盆期間と銀行の営業日

お盆

夏場の連休といえば、真っ先に浮かぶのは「夏休み」

しかし社会人になると、もうそんなパラダイス的休暇は無いのです・・・ 8月で唯一、連休という名のオアシスは・・・そう、『お盆休み』ですね!

特に何をするわけでもなく、気付けばいつもお盆が終わっている! どうも、(´ω`)ノいつも寝てるだけでお盆が通りすぎてゆく、オッサンです。

子供の頃は盆踊り踊ってかっぱえびせん貰って食ってたわ~。

2015年のお盆について、会社で知る機会がありましたので、それに加えて
銀行の営業時間についても気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
★人気の記事

2015年のお盆休み期間

一般的に8月13日(木)~8月16日(日)がお盆の期間です。
今年は土~日にお盆がぶつかるため、「最小日数の4日間」となります。

・・・もっと欲しいよ! ちなみにオッサンもこの時期がお盆休暇ですね。

東京都では「7月」にお盆を迎えますが、地方では「8月」にお盆を迎えるなど 地域によって時期が違います。

東京や一部地域だと、7月13日(月)~7月16日(木)となります。

主要銀行の営業日について

連休になった時に、ふわっと脳裏によぎるのは『期間中、銀行でおろせるのか!?』です。

「お盆だからお金おろせないんじゃないか」と不安になる時もあると思います。

まず先に知っておいて頂きたいのは銀行に「お盆」は無いという事です。 銀行の休日というのは「土曜日、日曜日、祝日、12月31日~翌年の1月3日」と法律で キッチリ定められています。 ですので、お盆だろうと通常通り営業しているわけです。

つまり、2015年の場合だと、営業窓口の場合・・・

  • 8月13日(木)~14日(金)が通常営業!
  • 8月15日(土)~16日(日)は休み!

このようになります。

また、銀行ATMは基本的に年中無休で稼働しています。 しかしATMの設置場所によっては、稼働時間や取扱い業務に違いがあるので注意が必要です。

ATMの場所に困った場合は、コンビニATMも便利!

銀行でお金をおろしたいのに、近くに銀行もATMもない・・・ あってももう閉まっている等、緊急時になった場合に役立つのがコンビニATM。

最近のコンビニ店舗数は驚くべきものがありますね。 また、最近のコンビニでは銀行ATMも完備されており、 いつでも利用が出来るようになっています!

・・・しかし、便利な反面で注意点もあります(´・ω・`)

日中でも手数料がかかる!

銀行ATMでおろす場合、日中は手数料0円で引出し出来るのですが、 たとえばコンビニ大手であるセブン銀行で見た場合、 多くの銀行で日中は108円、時間外は216円の手数料がかかります。

遅い時間まで使える・使える場所(店舗数)が多いというメリットの反面、 手数料の面でデメリットがありますね。

コンビニだからといって24時間利用出来るわけではない

最近のコンビニは営業時間が長いね!(´Д`) 

しかしそこに勘違いの落とし穴。 利用する金融機関によっては、サービス内容や利用出来る時間が違うため、  利用できない事があります!

自分のメインバンクで、コンビニではどのようなサービスが受けられるのか、 事前にチェックする事をオススメします。しっかりその辺りをチェックしておけば、いざ!という時でも安心です。手数料が多少かかっても、真夜中の緊急時にコンビニでおろせる場合がありますので。

・・・(´ω`)逆にいつでもおろせるってなるとオッサン浪費しちゃうな・・・

連休の前はいつも「ATMの利用は出来るのか」を事前にチェックしておくクセを
付けるのが良いと思います。

また、お盆の他にも特に気にしたほうがいいのは「年末年始時期」ですね。

お盆の銀行振込について

こちらも「お盆だから」というくくりは特にありません。

  • 平日の営業時間内(15:00)であれば当日振込みで扱われる。
  • 土日にATMで振込を行った場合は翌営業日に振り込まれる。

但し、平日の営業時間内である「15:00」というのは金融機関によって変動があります。 こちらについてもご自身の金融機関を一度しっかり確かめておくことをオススメします。

さいごに

常に財布に10万くらい入っているリッチマンならいいですが、 (´Д`)オッサンみたいに中身が3000円とかだと、緊急時に泣く事になります。

コンビニATMの登場で昔より随分と使い勝手が良くなりましたが、 事前のチェックを忘れずに!

良いお盆ライフをお楽しみ下さい。

スポンサーリンク