3月と9月の年2回!お彼岸の意味・由来とお墓参りについて

お彼岸の意味・由来

社会人知識として覚えておいて損はない「お彼岸」という言葉(´∀`)
お彼岸とお墓参りが結びつく人は多いのではないかな~と思います。でもお盆でお参りしてるハズなのに、なんで年に何回もやるの?という疑問もありますね。

オッサンも詳しい理由は今まで分かりませんでしたし、皆さんも同じではないでしょうか。ハッキリ覚えなくても、予備知識として頭に入れておけば上司との会話も上手にこなせるかもしれませんね!

スポンサーリンク
★人気の記事

お彼岸の時期や意味・由来について

お彼岸の時期はいつ?

春分の日・秋分の日を中日として前後3日を含む7日間

2015年のお彼岸は・・・

【春彼岸】

  • 3月18日:彼岸入り
  • 3月21日:中日(春分の日)
  • 3月24日:彼岸明け

【秋彼岸】

  • 9月20日:彼岸入り
  • 9月23日:中日(秋分の日)
  • 9月26日:彼岸明け

3月と9月の年2回、お彼岸の時期があります。上司や得意先で話が出た時に、前後3日の決めは忘れてしまっても、春分の日・秋分の日が近づいたら「お彼岸だなー」とイメージしてもらえればいいかと思いますよ(´∀`)

祝日前後なので覚えやすいかと!

お彼岸の意味・由来は?

少々小難しい話になってきますが・・・
お彼岸とは、サンスクリット語の「パーラミター(波羅密多)」が語源とされています。

パーラミターは「到彼岸」と訳され、「彼岸という場所に到った(至った)」という風に解釈することが出来ます。

「彼岸という場所に至った」とは「今いる煩悩や迷いに満ちた世界から、それらの無い世界へ至った」という事で、「数多くの修行の結果として、煩悩に振り回されない理想郷に辿り着いた!!」の意味が到彼岸です。

「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」の6つの修行を、中日を除く前後の3日間で計6日間の修行をすることで極楽浄土(到彼岸)へ渡ることが出来るとされていたのです。

・・・難しいので要約します。

春分の日・秋分の日の前後のこの時期に6つの修行をすると、極楽浄土に行けますので修行をしましょう!

こんな感じですかね( ゚ω゚)

お彼岸のお墓参りの意味について

お彼岸の意味・由来

どうしてお彼岸にお墓参りが必要なのか

お彼岸とお墓参りがどうして結びつくのか。
それは春分の日・秋分の日の太陽の動きに深く関係しています。

仏教では修行の上で到達する悟りの世界を彼岸と呼び、その反対側の我々が今いる迷い・煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から真西に沈んでいく春分・秋分の日は彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになったそうです。

要約すると、春分・秋分の日に修行をしてきた代々の先祖に対して供養をしましょう!

こんな感じですね。
つまり、お盆のお墓参りとはまた意味の違ったお参りという事になるんですね。

お彼岸のお供え物は何?

「お彼岸=おはぎ(ぼた餅)」が一番しっくりくると思います。

  • おはぎ・・・お萩。中秋の名月に供える「萩」から名付けられている。
  • ぼた餅・・・牡丹餅。春に咲く「牡丹」から名付けられている。

おはぎもぼた餅も、名前が違うだけで同じ物です。お彼岸におはぎ(ぼた餅)を食べる習慣があるのは、材料に使われる小豆の朱色が災難から身を守ると言われているからだそうです。

暑さ寒さも彼岸まで?

春分・秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じとなり、春分から秋分に向かう春→夏→秋は昼時間が長く、反対に秋分から春分に向かう秋→冬→春は夜時間が長くなります。
この辺はもう感覚で分かりますね!( ゚ω゚)

つまり、

  • 春分の日(彼岸)になれば昼が徐々に長くなり、寒さも和らいで暖かくなってくる。
  • 秋分の日(彼岸)になれば夜が徐々に長くなり、暑さも和らいで涼しくなってくる。

この言い回しが「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようになった由来です。

さいごに

非常に勉強になりました!(;´Д`) お彼岸という言葉は聞き覚えがあっても、実際は良く分かってなかったです。オッサンの代々のお墓は北海道から遠く離れた場所にあり、日頃から墓参りに行けていなかった事も無知に繋がってしまった要因かなーなんて思ってます。

おはぎとぼた餅が同じとか初めて知ったし(笑)勉強になりますなぁ・・・。オッサンの知識も徐々に増えて嬉しいです。

機会があればしっかりお墓参りもしたいですねー(´Д`)

スポンサーリンク