【年末年始】2015~2016年の仕事納め&仕事始めはいつ?銀行や役所の営業は?

今年もお疲れ様でした、年末年始について確認しましょう!

会社員及びアルバイト・パートの方々、今年もお疲れ様でした(´ω`)

2015年の1年間、仕事はどうだったでしょうか?そろそろ年末に近づき、忘年会や仕事納め、仕事始めに新年会などの話がちらほら出てくる頃と思います。正月休みも長くあることですし、いろいろと既に予定を立てている人もいるかもしれませんね。

お財布の中身が困らないように年末や年始の銀行や役所の営業日についてしっかりと把握しておきましょう!

スポンサーリンク
★人気の記事

2015~2016年の仕事納め&仕事始めについて

国家公務員の仕事納め、仕事始めは?

年末年始の休みは、12月29日~1月3日の6日間

官公庁は「行政機関の休日に関する法律」によって決められており、

  • 御用納め(仕事納め)・・・12月28日(月)
  • 御用始め(仕事始め)・・・1月4日(月)

このようになっております(´ω`)

公務員の人は毎年の年末年始休日が決まっているので、予定を立てやすいですねー。
民間企業の方々も、概ねこの日に準じて休日を設定する場合が多く、オッサンの会社は25日が仕事納めの予定です。

土日と重なった場合の休みはどうなりますか?

その年によって12月29日や1月4日が土日と重なってしまう場合があります。

【御用納めの場合】

  • 12月29日が「月曜日」の場合:26日(金)が御用納め
  • 12月29日が「日曜日」の場合:27日(金)が御用納め

【御用始めの場合】

  • 1月4日が「土曜日」の場合:6日(月)が御用始め
  • 1月4日が「日曜日」の場合:5日(月)が御用始め

上記のようになります。2015~2016年の年末年始カレンダーでいくと

2015~2016年の仕事納め&仕事始め

上記のような日程になります。

地方公務員や自治体、民間企業においては明確な日程が決まっていません。一般的には公務員と同様に休みをとる企業が多いですが、企業体制や経営方法によってマチマチです。

オッサン(´ω`)らサラリーマンはだいたい年末年始が決まっていますけども、最近では
コンビニやファーストフード店、ピザ屋などサービス業で年中無休を謳う企業も増えています。

年末年始に予定を立てる場合は、休日について上司としっかり確認の上で行いましょう( ゚ω゚)

年末年始の銀行や郵便局など金融機関営業について

各銀行の窓口営業はいつからいつまで?

どの銀行においても、12月31日(木)~1月3日(日)は休みです。

銀行は「銀行法施行令第5条」によって決められており、4連休となっています。年末年始の銀行については、特に気になりますよね(´Д`)

2015~2016年の仕事納め&仕事始め

12月30日(水)の15:00~17:00あたりまで、主要銀行は窓口を営業しているようです。

また、1月4日(月)からは通常営業を開始しています。

各銀行のATM利用はいつからいつまで?

どの銀行もATMは年中無休で利用可能です。

※ただし、ATMの設置場所によっては稼働時間や取扱業務内容に違いがあります。

便利ですね!しかし、コンビニATMは日中でも手数料がかかります(´Д`)

2015~2016年の仕事納め&仕事始め

銀行ATMでおろす場合、日中は手数料0円で引出し出来るのですが、 たとえばコンビニ大手であるセブン銀行で見た場合、 多くの銀行で日中は108円、時間外は216円の手数料がかかります。

遅い時間まで使える・使える場所(店舗数)が多いというメリットの反面、 手数料の面でデメリットがありますね~。

年末年始の銀行振込について

「年末だから」というくくりは特にありません。

  • 平日の営業時間内(15:00)であれば当日振込みで扱われる。
  • 土日にATMで振込を行った場合は翌営業日に振り込まれる。

但し、平日の営業時間内である「15:00」というのは金融機関によって変動があります。
こちらについてもご自身の金融機関を一度しっかり確かめておくことをオススメします!

さいごに

年末年始、ゆとりを持ってお金管理をしておくと、いざという時に焦らなくてすみます。お盆などと同様に、いつもより少し手持ちを増やしておくと安心できますね!(´ω`)

年末年始は案外出費が多いものです。お年玉なんかもありますし・・・

餅など喉に詰まらせないように、平穏な年明けをお過ごしください。オッサンら社会人にとっては格好の息抜き時間!

私も久しぶりに自分の時間をタップリ確保して好き放題しようと思います( ゚ω゚)ノ

スポンサーリンク