【WEBで必須!】著作権の引用と©マーク・期限の注意点

著作権引用・マーク・期限

絵画や彫刻、小説、音楽など、世の中にはたくさんの著作物があります。昨今ではインターネットで情報を公開するブログやホームページが溢れるほど存在し、調べようと思えば多くの情報が簡単に手に入る、とっても便利な世の中になりました(´∀`)

しかし、もちろんインターネットの世界にも著作権が存在しています。
画像、テキスト、アイコン、CGIなどなど・・・それらを正しく利用するために、ブロガーは注意すべき点がいろいろあります。

自身のブログやホームページで問題にならないよう、しっかり確認しておきましょうー。

スポンサーリンク
★人気の記事

WEBにおける著作物の扱い方について

著作物の引用の仕方について

インターネット上では、他の方々が書いたテキスト文章自体が著作物となります。
それが日記であろうが手紙であろうが報告書、詩などであってもです。

しかし、自分が何かしらの情報を提供したいと考えた場合、自分が行っていない研究結果の文章を用いたいと思う時があり、そういった場合に役立つのが「引用」です。

法32条に「公表された著作物は、引用して利用することができる。」とあります。報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行うことという風に著作権法で認められた方法です。

但し、いくつかの制約もあります( ゚ω゚)

【引用①】公表物

引用する他人の著作物は「公表されたもの」であること。
公表されていないものを「引用」と謳ってはいけません。


 【引用②】必要・必然性

引用の「必要性」があること。どうしても引用が必要であったり、引用しないと話が伝わらない等、引用するにあたって理由が明確である必要があります。


 【引用③】従たる範囲

自己の著作物の「従たる範囲」でのみOK。つまり自分の文章があくまで主体で、引用はその一部であるという関係性であることです。

また法32条にある「正当な範囲内で行う」とは「引用し過ぎるなよ」って事です。


【引用④】出所の表示

引用する著作物の出所についてはカッコ書きなどで著者名や書籍名、ブログ名やURLなどを表示すること。

( ~記事タイトル~ lおやじ手帳)みたいな感じですね。

ルールさえしっかり守っておけば、文章や画像、音楽の引用で著作権の問題が発生しません。自己防衛も兼ねて、しっかりと覚えておきましょうー(´∀`)

年号と©マーク、Copyrightの表記について

一般的にはブログサービスを登録したりすると、そのテンプレートにはCopyright表示が入っていると思います。
当ブログでいくと、フッター(一番下の所)に「© 2015 -おやじ手帳-」とあります。

実は今回この記事を書く前は「Copyright© -おやじ手帳- All Rights Reserved. 」となっており、WordPressのテンプレートで書かれていたそのままを使っていました(´Д`)

著作権の引用と©マーク・期限の注意点

ブログやホームページでは、こういった書き方をされている人が多いんじゃないかなー?と思います。なんせ一般のブログサービスであればそのままテンプレートとかに入っていますし、そのまま利用している方が大半だと思うので。

でも実はCopyrightについてもいくつか決まりがあります。

そもそも「Copyright」って記述は必要なのか

結論を言ってしまうと、不要です。

Copyrightを書くのは「この記事の著作権はここにあるよー」と知らせる為なんですが、そもそもCopyrightを書くことで初めて著作権が守られるものではありません。

著作権というのは法律で既に守られているもので、著作物を制作した直後から自動的に発生する権利です。つまり、Copyrightを書こうが書かまいが法律で既に守られている権利という事なんですね(´ω`)

また、もう一つの理由は、国が加盟している条約で「万国著作権条約」「べヌス条約」
2つがあります。

万国著作権条約の規定ではCopyrightの記述をするとありますが、べヌス条約の規定では無記述でも問題ありません。日本を含むほとんどの国はこの2つの条約に加盟しており、その場合はべヌス条約を優先することになっています。このため今では特に書く必要が無いわけです。

では、なぜ書く人が多いのか

特別な理由は特になく、時代の流れ的にそうしているのが1つ。もう1つは、目に見えるように書いておけば著作権の抑制力効果が高くなるでしょうという理由からです。

確かに、ぱっと見で書いてあったほうが「お、ここは著作権で守られているな」というのがすぐにわかりますね。

正しい書き方はコレです

オッサン( ゚ω゚)とこの例でいくと、元々はこう。

【Copyright© -おやじ手帳- All Rights Reserved. 】

まず、頭の「Copyright」の文字と「©」は同じ意味を表します。
つまり重複しているため、Copyrightの文字を消します。
ちなみに「©」とソースに記入することで「©」と表示出来ます。

【© -おやじ手帳- All Rights Reserved. 】

次に、「All Rights Reserved.」については現在では意味が全くない記述となっています。
これはWikipediaの著作権表示に詳細が記されていますが、長文の為リンクとさせて頂きますので、ぜひソチラをご一読頂きたいです。

特に必要もないので、削ってみます。

【© -おやじ手帳-】

・・・( ゚ω゚)スッキリ!! 逆に「大丈夫かコレ」感が出ます。

そして次は最初の発行の年を入れます。
ホームページやブログの場合は開設した年を入れます。

【© 2015 -おやじ手帳-】

例えば開設した年は2010、更新した年が2015の場合は

【© 2010-2015 -おやじ手帳-】

こんな感じになります。ちなみに順番は好きな様に並べてOKです。

著作権の期限について

  • 著作権の存続期間は、「著作物の創作」の時に始まります。
  • 著作権は著作者の死後「50年」を経過するまでの間存続します。
  • 映画の著作物の著作権は、公表より「70年」を経過するまで存続します。

具体的な終期計算の起算点は「死亡した年の翌年の1月1日」と法57条で決められています。
また、近年TPPをめぐる交渉の結果、音楽・小説・絵画などの著作権も、著作者の死後から「原則70年」とする方向で調整を薦めることになっています。

つまり、日本がTPPに加入する事になれば著作権の存続期間が20年伸びることになります。

著作権の引用と©マーク・期限の注意点

ちゃんと死後も長い期間の存続があるのですね。そしてその期限が切れた場合は、全ての人が自由に使える物となります。

さいごに

なんだか自分も、何でも分かっていた気になっていました。実際に調べてみると、自分の知識って頼りにならんなーと思ってしまいました(;´Д`)

特にWEBに携わる人はもちろんブロガーさんは常に情報を発信していく立場にあるので、うっかり著作権違反をしてしまっている場合もあるのではないかなーと思います。

問題が起こらないような配慮と注意を行うようにしましょう。オッサンも気をつけます(´∀`)

スポンサーリンク