犬や猫が保健所で引き取られた理由と里親サイトの注意点

犬や猫が保健所で引き取られた理由

保健所の、犬や猫などの動物の引き取りが年々減少しています。殺処分への認知度の高まりや、里親募集サイトの活発化、人のモラル向上などが挙げられると思いますが、とても喜ばしい事ですね(´∀`)

保健所は預かりセンターではありません、引き取り手が見つからなければ、動物は人間の手で殺されてしまいます。

ところで、保健所とはどういった所か、詳しく説明出来るでしょうか?また、どういった理由で引き取られるのでしょうか?

保健所にまつわる疑問と、殺処分の減少を助ける里親募集サイト様の紹介や、注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
★人気の記事

保健所とは?施設概要と動物の引き取り理由

保健所とは、地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つです。地域保健法という法律に基いて、都道府県や政令指定都市、中核市など指定された市や特別区が設置しています( ゚ω゚)

対人保健

こちらは主に住民の健康に対するもので、

  • がんなどの生活習慣病の集団検診
  • 妊婦、乳児に対する検診や指導
  • エイズの検査、相談、啓発
  • SARSや結核など広域の対応が望ましい、または専門的な対応が求められる検査
  • 健康相談、アドバイス、その他

など、多岐に渡る健康についての指導や検診を行っている施設です。
保健所と聞くと動物のイメージが強いですが、対人が主となっています。

対物保健

対人に対し、対物は生活衛生と呼ばれており、食品衛生、獣医衛生、環境衛生、薬事衛生の
4分野から構成されています。

  • 食中毒の原因調査や、予防啓発
  • 食品に関する苦情相談や、受付調査
  • 動物の管理相談
  • 野犬や野良猫の管理、引取先の募集(里親)
  • 犬猫等の動物の殺処分
  • 美容所、理容所、クリーニング所などの監視指導
  • 河川、井戸、プールの水質検査や公害対策

動物関係の相談については対物保健の中に組み込まれています。

動物の引き取りで多い事例とは

資料が少かったのですが、「島根県の犬・猫データ(平成25年度版)」を参考にグラフ化
しました。全国で見るとまた違った値になると思いますが、参考に出来ると思います。

犬や猫が保健所で引き取られた理由

  • 【25%】病気・入院・入所
  • 【20%】近隣への迷惑
  • 【10%】しつけが出来ない
  • 【8%】新しい飼い主が見つからない
  • 【7%】病気・ケガ
  • 【6%】飼い主の高齢化
  • 【6%】運動が出来ない
  • 【6%】動物の高齢化
  • 【3%】引越し
  • 【3%】産まれたが飼育出来ない
  • 【6%】その他

病気になったり、入院で手間がかかるようになったから手放すというのは悲しいですね。
そういったケアも含めてしっかり面倒を見てあげるのが、当然飼う人の務めとオッサンは思うのですが・・・。

また、6%と少ないですが、動物の高齢化という理由も切ないですね。
長く一緒にいたのなら、最後まで一緒にいましょうよ。

犬や猫が保健所で引き取られた理由

  • 【49%】産まれたが飼育出来ない
  • 【38%】新しい飼い主が見つからない
  • 【10%】しつけが出来ない
  • 【3%】病気・入院・入所

無計画に子供を産ませてしまった事の代償、「飼育できないし貰い手もいない」が87%。貰い手がいなかったり、計画的でない場合の安易な子作りは控えるようにしたいですね。

犬や猫が保健所で引き取られた理由

  • 【40%】近隣への迷惑
  • 【22%】病気・入院・入所
  • 【15%】新しい飼い主が見つからない
  • 【4%】産まれたが飼育出来ない
  • 【3%】飼い主の高齢化
  • 【3%】病気・ケガ
  • 【3%】しつけが出来ない
  • 【1%】動物の高齢化
  • 【1%】引越し
  • 【8%】その他

猫の場合は徘徊など近隣への配慮が必要ですね。また、犬同様に病気や入院で手放す飼い主も多数いるようです。

犬や猫が保健所で引き取られた理由

  • 【68%】産まれたが飼育出来ない
  • 【19%】新しい飼い主が見つからない
  • 【12%】近隣への迷惑
  • 【1%】病気・ケガ

こちらも上位2つは犬と同様、87%です。猫の場合、室外の徘徊先で子を宿してしまうケースもあるので、飼い主さんもその辺りのケアや対処知識は必要なんじゃないかと思います。

ただ飼えればいい、それだけでは責任問題ですね(´Д`)

里親募集サイト様のご紹介と、利用に対する注意点

産まれても飼えない子犬や子猫の割合が共に9割に近く、そのまま飼ったとしても手に余り、愛着も減り、病気や入院をすれば結果的には保健所に行くようになってしまいます。

無計画に産まれてしまった子や、何かしら家庭の諸事情もあっての手放しだと思いますが、
保健所に相談する前に里親として人の手に渡ってくれる方が幸せだと思います。

里親サイトの注意点

しかしその一方で、こうした里親募集サイト様を利用して安易に譲り受けた動物を虐待の対象にしようとする、心ない方々が大勢いるのもまた事実。

どんなに便利なサイトでも、使い方は人に委ねられてしまいます。
悲しい事ですが、愛して飼うも、手放すも、虐めるも、人の心のあり方一つだと思います。

里親募集サイト様で里親を募集される側の方も、そういった心に闇を持った方には譲らないようにする気持ちを、しっかりと持って頂きたいです。

引き取ってさえくれれば誰でもいい、その後は一切関係ない、そんな雰囲気を感じる募集主様が本当に多いです。また、虐待を考えている人はそういった人を狙って譲渡を持ちかけます。世の中には色々な人がいますので、安易な気持ちでのサイト利用や譲渡に注意して下さい。

その中で本当に心優しい人もまた沢山いますし、保健所に連れて行かれる前に拾い、命が繋がる事を切に願い、必死に里親募集を行っている人もいます。

ペットショップでの購入も良いのですが、保健所や里親サイト様から譲り受ける事も、どこか頭の片隅に覚えておいて頂ければ嬉しいです(´∀`)

犬、猫、里親(飼い主)募集掲示板です。ペットショップへ行く前に、そして保健所へ行く前に是非ご覧ください。
犬の里親募集(飼い主探し)掲示板です。ペットショップへ行く前に、そして保健所へ行く前に是非ご覧ください。
行き場のない動物と里親になりたい方を結ぶペットの里親募集サイトです。性格などのアピールポイントで里親募集を検索できるシステムを提供しています。
【ジモティー】犬や猫などの里親募集掲示板です。里親を必要としている犬や猫の情報が毎日更新されています。チワワ、パグ、コーギー、プードル、シーズー、柴犬などの成犬が里親に出されていたり、産まれたばかりの子犬が優しい飼い主をさがしていることもあります。
年間1500頭以上の犬と猫を、保健所から保護して里親さんにお渡ししているNPOです。千葉県柏市の施設でワクチン接種・不妊手術・健康管理等を行った上で譲渡しています。
里親探しのマッチングサイト Veterinary Adoption(ベテリナリー・アドプション)は動物病院による保護犬・保護猫譲渡活動支援サイトです。様々な理由により保護されたワンちゃん、猫ちゃんが殺処分される前に、一頭でも多く素敵な家族と出会えるよう動物病院とのコラボレーションで生まれました。素敵なご縁がこのサイトか...

さいごに

動物の殺処分の記事と同様、調べるほどに悲しい現実を目の当たりにしています。

オッサンがもし犬を飼っていなかったとしたら、また違う感情だったのかもしれませんが、
動物との付き合いというのは明るい面ばかりじゃないよな・・・と思わされました。

「ペットはこんなに魅力的です」「ペットは気分を明るくしてくれますよ」など、ウリ文句は素敵ですけども、その裏にある現実が置いていかれてる気がします。しかし、動物の闇にスポットを当てても、そこまで動物に興味のない人には響いてこない。

こうしてブログ記事に出来た事も一つの良い経験として、今後も書籍を調べてみたり自分に出来ることを、前向きに考えて行こうと思います(´∀`)

スポンサーリンク