※『おやじ手帳』禁煙記事まとめ

ハーブタバコで禁煙!吸う感覚を味わってタバコをやめる方法

シェアする

※この記事は約『7分』で読むことができます。

ハーブタバコで禁煙!吸う感覚を味わってタバコをやめる方法

普段タバコを吸っている人でも「ハーブタバコ」(ハーブシガレット)という名前は聞き慣れないかもしれません。

私はハーブタバコにもお世話になり、無事に禁煙を達成することができました。(※いろいろな対策をしていたので、ハーブタバコだけの力ではありませんが。)

いろいろな禁煙方法を知っておくことは、禁煙を始めるにあたって有利なもの。今回はハーブタバコとは何か、禁煙に役立つのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハーブタバコ(ハーブシガレット)ってどんなもの?

ハーブタバコは「ハーブシガレット」とも呼ばれています。一般的なタバコと、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

ハーブタバコ(ハーブシガレット)の概要

ハーブタバコとは、一般的に販売されているタバコと同じ構造で、口にくわえて火を付け、フィルターを通した主流煙を吸って味わうというものです。

通常のタバコとの決定的な違い、それはニコチンが含まれていないことです。

禁煙はニコチンが体から抜けることで成功します。

このハーブタバコは、吸ってもニコチンが含まれていないことから、吸いながら禁煙に向かっていくという方法をとることができます。

禁煙中に吸いたくなった場合は、ハーブタバコを吸えば禁煙に支障が出ません。

ハーブタバコは「合法・脱法ハーブ」とは無関係

たまに誤認されるのですが、ハーブタバコは精神に異常をきたすようなハーブを使用しているわけではありません。

よく耳にする「脱法ハーブ」は、吸引することで人を狂わせ、第三者にさえも被害を及ぼすような危険なもの。

しかし、ハーブタバコに使われているのは「ハスの葉・ヨモギ・とうもろこしの毛・甘草の根」といったものです。

タバコの葉ではなくニコチンを含まないものに変えて、味を楽しむ嗜好品です。

ハーブと聞くと混同してしまいますが、危険ドラッグではありませんので、ご安心ください。

「電子タバコ」と「ハーブタバコ」どっちがいい?

一般的なタバコと同じように「吸う感覚を楽しみたい」という方法で考えた場合に、もう一つあげられるのは『電子タバコ』です。

電子タバコの場合、主に吸い込むのは無害の水蒸気。有害な煙ではないので、健康上でとても優れています。

また、電子タバコはフレーバーの種類が豊富なので、いろいろな風味を楽しめますし、リキッドの値段は1000円程度と安いので、ランニングコストも非常に優れています。

詳しくは『JPvapor』のホームページが参考になりますよ。
JPvaporで電子タバコを詳しく見る
ハーブタバコは一般のタバコと同様に「火を付けて、発生した主流煙を吸う」というもので、煙を吸う面でいけば電子タバコに比べて健康面で劣ります。

また、値段も通常のタバコと同等か、それ以上の金額ですので、コスト面でも電子タバコには勝てません。

ハーブタバコには「タバコらしさ」があるのがポイント

では、なぜハーブタバコを紹介したのか。

ハーブタバコは一般のタバコに非常によく似ており、違いは味とニコチンの有無のみです。つまり、いつものタバコを吸う手順と同じように、気軽に楽しむことができます。

  • 箱から1本を取出し、口にくわえる。
  • いつものライターやジッポで火を付ける。
  • タバコの主流煙を楽しむ。
  • 短くなったら灰皿を使って火を消す。

こうした、「タバコを吸う一連の動作」が、電子タバコにはないのです。

やめてすぐの時というのは、手持ち無沙汰であったり、普段のタバコのクセが抜けておらず、なんとなく寂しい気持ちになるもの。

ハーブたばこ

ハーブタバコの場合、煙を吸うという面で害はあります。ニコチンは含まれていませんが、タールは含まれていますし、主流煙・副流煙ともに、一般のタバコと同様に被害を受けます。

しかし、依存性物質のニコチンは含まれていません。つまり、普段の習慣通りにタバコをハーブタバコに変えて、楽しみながら禁煙を継続させることができます。

電子タバコはセットしてしまえば手軽で健康的であるものの、火をつける、灰を灰皿に落とす、灰皿で消すという、いつもの一連動作が全くありません。

もちろん、そういった動作についても、タバコの依存から離れる面では有効的なのですが、「やっぱり肌に合わない」という声もあります。

いつもの習慣が欲しい人にはハーブタバコはおすすめですよ。

ハーブタバコの欠点とは?

オススメとはいえ、欠点もすでにいくつもあげていましたね。

  • 煙が発生するという面で、健康に害がある。
  • 火の始末がタバコと同じで危険。
  • タバコと同様、副流煙による受動喫煙がある。

そして、これは欠点とも利点とも、どちらにも取れるのですが、

  • タバコだと思って気軽に吸うと、味がめちゃくちゃ不味い!
  • 嗅ぎなれない匂いがするのでニオイがすごく臭く感じる!

タバコの味については賛否両論だと思います、感じ方はやはり人それぞれですので・・・。

ハーブタバコ

ハーブタバコ経験者である私の、ハーブタバコの味に対する意見としては、

不味いの領域を遥かに超越した、今まで感じたことの無い不味さと臭さ。

とはいえ、私は多くの種類を口にしなかったものですから、違う銘柄を選べばもっと美味しい吸い心地だったのかも?しれません。

「タバコはもう吸えないけど、代わりにこんなモン吸うくらいならさっさと禁煙するわボケ!」そう思える良いグッズであった事は確かです。

噛むだけ簡単!あっさり禁煙に成功する『ニコレット』の効果と副作用』でも詳しく紹介していますが、私の禁煙ではハーブタバコを吸いつつ、ニコチンは『ニコレット』で補う禁煙方法をとっていました。

たばこからニコチンを摂りたくなかったんですが、どうしても離脱症状がツラすぎたので、なんとか緩和したかったんですよ。

ハーブタバコだけだと、どうしても本当のたばこを吸いたくなってしまう・・・ということで、イライラや集中力の低下時にニコレットがとっても活躍しました。

ニコレットは仕事中でも手軽に使えるのが利点ですよ。

ハーブタバコだけでやめられない人は、ぜひ私のように禁煙グッズを組み合わせて取り組んでみてくださいね。

こんにちは。どさんこ会社員ブロガーのゆーま(@xx_oyaji_xx)です。 禁煙に何度もチャレンジしているものの、いつもニコチンの離脱症状のツラさに負けてしまって禁煙が長続きし...

さいごに

色々な禁煙グッズがありますが、ハーブタバコはタバコ屋に行けば売っていると思います(場所によりけり)。

例えば普段のタバコを買うついでに、1箱買って吸ってみるなんてのもいいかな?と思います。普段と同じように吸うだけですので、抵抗も無いだろうと。

もしそれが自分のやり方に合っているのであれば得した気分だと思います。なんせ普段通り吸いながら、でもニコチンは抜くことが出来るわけですから。

機会があったら一度お試しあれ。