【PCメガネ使ってみた!】ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトカットするメガネ買っちゃった。コレ快適。

毎日のように仕事で使っているパソコンや、Twitter・ゲームなどでお世話になっているスマートフォン。それら電子機器からは ブルーライト と呼ばれる、目に悪影響を与える光が発せられていることをご存じでしょうか?

パソコンやスマホは、今や日常生活で欠かすことのできないツールと言えます。

つまり、このブルーライトの影響とも、末永く付き合っていく必要があります。では、どのようなブルーライト対策が効果的なのでしょう?

オッサン(゚∀゚)もブルーライトをカットする効果のあるメガネレンズを毎日愛用していますが、日常的にパソコンを使うような仕事の人には、特におすすめ!

当ページでは、ブルーライトが目に与える影響と、実際に私がブルーライトをカットするPCメガネを使ってみた効果についてご紹介しています。

スポンサーリンク
★人気の記事

ブルーライトの正体と、ブルーライトが目に与える影響

パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライト。

このブルーライトとは、人の目に対してどのような影響を与える光なのでしょうか?日常的に防がないといけないものなの?

まずはブルーライトが目に与える悪影響について、確認していきましょう(゚∀゚)


公式ホームページ PCメガネはPCメーカーのオンキヨー

ブルーライトはどんなもの?

ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと です。

ヒトの目で見ることのできる光のことを「可視光線」と言いますが、その中でもっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。

つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光 が、ブルーライトというわけです。

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。

(出典:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

仕事などでパソコンを長時間使う場合、ずっとブルーライトの光を直視することになります。

ブルーライトは「可視光線」の中で一番エネルギーが強いため、長時間ブルーライトを見続けてしまうと、目や体に悪影響を与えることになります。

ブルーライトが目に与える影響は?

パソコンやスマートフォンで「網膜・角膜への病気」が増加

ブルーライトカットするメガネの効果とは

強烈な光で網膜がダメージを受けてしまうため、太陽の光を直視してはいけない と言われたことがありませんか?

ブルーライトを見ることでも、同じようなダメージがあります。

瞳の網膜にある「黄斑」という部位がダメージを受け、加齢とともに増える眼病のひとつである「加齢黄斑変性」の原因になる場合があります。

加齢黄斑変性は、アメリカでは 65歳以上の失明原因の第1位 です。

パソコンによるビジネススタイルが日常化しているため、日本でも年々増加しています。

長時間ブルーライトに晒された影響が原因のひとつです。

デスクワークによるブルーライトでの「眼精疲労」や「肩こり」

ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトは、パソコンやスマートフォンの画面などを見た時の「眩しさ」や「チラつき」の原因 です。このため、ピントを合わせようとする目に負担がかかります。

ピント調整のために目の筋肉を酷使することとなるので、結果として眼精疲労や、目の疲れからくる首・肩こりなどが連鎖的に発生します。

ずっと座りっぱなしの状態であったり、日常の姿勢が悪いことでも首こりや肩こりはもちろん起こります。

ですが、日頃のパソコンのディスプレイから放たれているブルーライトの悪影響も受けているため、余計に目が疲れてしまいます。

ブルーライトを浴びることによる「睡眠の質の低下」

ブルーライトカットするメガネの効果とは

電気を消したあとの暗い寝室で、長々とスマートフォンを弄ったりしていませんか?

寝る前に強い光を目に入れてしまうと、体内時計が狂ったり、自律神経に悪影響を及ぼすため、結果として 「眠りが浅く」なったり「寝付きが悪く」なったり します。

その影響で、寝起きが悪く、1日のテンションも低いままとなってしまいます。

ブルーライトをカット!PCメガネを実際に使ってみた結果

さて、ブルーライトの影響についてご紹介してきましたが、ブルーライトには人体にいろいろな悪影響を与えることがご理解いただけたかと思います。

オッサン(゚∀゚)もブルーライトについて興味があり、眼鏡市場でPCメガネを購入しました。

使い続けて、すでに3年以上!そんな私が、使い続けてよかったメリットとデメリットについてご紹介します。

【オッサンのスペック】

  • 男、37歳(2016年8月現在)
  • パソコンの使用時間は1日10時間以上
  • 眼の疾患・・・特に無し
  • 近視と乱視
  • 肩こり、腰痛、猫背
  • 偏頭痛もち


公式ホームページ PCメガネはPCメーカーのオンキヨー

PCメガネの効果:メリットは?

実際に使ってみて、良かったと感じたPCメガネの効果についてご紹介します。

目の疲れが減って、仕事が快適になった

ブルーライトカットするメガネの効果とは

普通のメガネレンズで長時間パソコンを使っていた頃は、目の奥がズーンと重くなったり痛くなったり、眼精疲労を感じて目薬を使う頻度が高かったです。

PCメガネに交換して1~2日、レンズに慣れてきた頃から、目が疲れにくくなってきました。特に、仕事でパソコンを使い続けた日の「夜の眼精疲労」がとても軽減されていました。

私はパソコンで作業することが大好きなので、散々仕事でパソコンを使ったあとも、自宅でパソコンを使います。

今までの普通のメガネレンズの時は、目にかなりの疲れがたまっていた状態を感じていたのですが、PCメガネに変えてからは、夜遅くのパソコン作業でも、疲れを感じにくくなりました。

偏頭痛の回数が減った

ブルーライトカットするメガネの効果とは

普通のメガネレンズで仕事をしていた時は、目の奥が痛くなって、その後には必ず偏頭痛が起こっていました。頻度は、週2~3回と、かなりの高頻度でつらかったです。

PCメガネに変えてから、頭痛の頻度がガッツリと減りました。これにはかなり驚いています。

今までの私は常に頭痛薬を手放せず、あまり体によくないとわかっていても、薬に頼るしかありませんでした。

PCメガネに変えたことで眼精疲労が緩和されて、結果として頭痛も起きにくくなったのだと感じています。薬の減り具合もうんと減り、今ではほぼ薬を飲みません。

夜の寝付きが良くなった

ブルーライトカットするメガネの効果とは

普通のメガネレンズで長時間働いた日の夜は、目がすごく疲れていて、目に違和感を感じていました。目をつむっていても、目が休まっている感じがしなかったのです。

PCメガネに変えてからは、眼精疲労が軽減されているので、目が重たくなったり痛くなったりしません。眠る時でも目に違和感を感じず、入眠までの時間も短くなったと思います。

前までは、よく疲れ目になって、まぶたの痙攣が止まらなくなりました。寝る時になっても違和感があるんですよね。そういったことも、PCメガネに変えてからは頻度が低下しました。

PCメガネの効果:デメリットは?

では、PCメガネにすることで感じるデメリットもあるのでしょうか?

オッサンがデメリットと感じたことについてもご紹介します。

レンズが茶色いので、画像編集に不向き

ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトカットのPCメガネは、うっすらと茶色いレンズなのが特徴 です。このため、普段の色味と少しだけ違う見え方になります。

ただ、普段、仕事で色に対するこだわりがない職業の人であれば、まったく問題ありません。

オッサンが気になったのは、こうしてブログをいじっている時ですね。画像の色味が変わってしまうので、画像編集の時には少し気になっていました。

普段から「色」にこだわる仕事をしている人には不向きだと思います。

写真のとき、メガネのレンズが青く反射する

ブルーライトカットするメガネの効果とは

ブルーライトカットのPCメガネは、レンズが青く反射します。このため、写真撮影などがあったときに、レンズに反射したものが青く写り込んでしまいます。

特に、免許証の写真のような、撮り直しをあまり行えない場合は注意です。私の免許証の写真はPCメガネをかけているのですが、青く反射してしまい、目元の写り方が最悪です。

履歴書の写真やパスポート写真のように、しっかりと写真屋さんで撮ってもらう場合は、何度でも撮り直しができるので大丈夫ですが、一発本番のような写真には不向きですね。

さいごに

対策をした瞬間から、確実に失明リスクを下げられますし、疲れ目も軽減することができます。なによりも、誰でも簡単に取り組めるのが嬉しいですね(゚∀゚)

パソコンを長時間使う私は、このPCメガネのおかげで、私生活も充実したものとなりました。頭痛薬が減ったことについては、本当にありがたく感じています。

日常的にパソコンを使う人は、ぜひ一度、PCメガネを使ってみてくださいね。


公式ホームページ PCメガネはPCメーカーのオンキヨー

スポンサーリンク