会社員が注意すべきインフルエンザの症状や予防の方法、会社への対応とは?

かかってしまったら会社に報告!そのまま放置はご法度。

流行時期の冬場になると猛威をふるうインフルエンザ

オッサン(´ω`)ら社会人もしっかり注意しておかないと、会社に大打撃を与えかねませんね。会社への出勤停止命令で上司や部下に迷惑をかけてしまったり、ストレスもどんどん増大してしまいます・・・。

病院に行って治療してもらうのはもちろんですが、入浴はいつ出来るのか?人に移る期間はどのくらい?会社はどのくらい休めばよい?など、いざ考えると疑問も多いです。

今回はインフルエンザとはどういった特徴があるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク
★人気の記事

インフルエンザの特徴や症状について

インフルエンザになりやすい時期は?

11月頃から増加し始め、1~3月頃の冬場にピーク。

インフルエンザウィルスには弱点があり、「高温・多湿」が特に苦手です。冬場はこの弱点の真逆の環境となりやすく、ストーブなどで空気は乾燥しがちですし、気温も低いのでウィルスが特に活発化しやすい時期なんですね(´Д`)

冬場の対策は、しっかり温かい環境で過ごし、適度な加湿をするのがポイントになります。

乾燥は喉や肌を痛め、身体の冷えを引き起こしたり不眠・むくみにも繋がりますので、加湿器などで加湿してあげることで色々な対策になります。

インフルエンザの症状は?

通常の風邪よりも急激に発症し、症状が重たい。

通常の風邪であれば、のどが痛い、鼻水が出る、熱がちょっと出る・・・など比較的症状は軽い程度です。

しかしインフルエンザの場合は38℃以上の高熱が出たり全身の倦怠感、頭痛、咳などの呼吸器症状、寒気、倦怠感など全身に症状が広がっていきます。

インフルエンザの症状や予防の方法

急激な発熱や寒気はインフルエンザを疑って、早めに医師に診てもらう方がいいですね。

インフルエンザの潜伏期間は?

1~3日(長くて7日間)の潜伏期の後、様々な症状を引き起こします。

インフルエンザウィルスは1日(24時間)の間に爆発的な増殖を体内で起こします。

インフルエンザウイルスは、鼻やのどの粘膜に付着(感染)した後、上気道と肺で増殖します。1個のウイルスは8時間後に100個、16時間後に1万個、24時間後に100万個と爆発的に増殖するといわれています。潜伏期間は約1~3日で、突然、38℃以上の高熱や全身倦怠感、頭痛などのインフルエンザに特徴的な全身症状が出現します。

(出典:インフルラボ

とてつもないスピードで猛烈な数となって人体に襲いかかってきます(´Д`)

24時間後には100万個のウィルスと戦わねばならない状況になるので、それが発熱や倦怠感といった症状で現れてくるんですね。

インフルエンザにかかってしまったら

以下の5つの方法について、すぐに行動を起こすことが重要。

  • 最寄りの病院ですぐに検査を行う
  • 安静にして、十分な睡眠と栄養を摂る
  • ウィルスの空気中の活動を抑えるため、湿度を50~60%程度に保つ
  • 水分を十分に補う
  • 周囲への感染を防ぐため、マスクを着用し、外出は控える

インフルエンザの素朴な疑問

入浴はいつごろから出来る?

「微熱程度」であれば、入浴しても問題ありません。

38℃以上の熱があるときは、そもそもお風呂に入る気力さえ無いと思います。

翌日も学校や仕事に行くのは控えるでしょうから、身体の辛い時期については十分な睡眠をとって、お風呂は控えて身体を休める方が無難です( ゚ω゚)

インフルエンザの症状や予防の方法

2~3日経過したあとで、微熱程度まで状態が落ち着いてきた場合には入浴しても大丈夫。

しかし、ゆっくりとした長湯ではなく、シャワーで汗を流す程度にしたり、湯船はサッと入る程度にしましょう。

身体を長時間温めすぎると、お風呂で体力を消耗してしまい、ウィルスと戦う体力まで奪われてしまいます。

湯冷めしない環境を整えて、サッと入ってまたすぐ安静にしましょう(´ω`)

人に移る期間はどのくらい?

症状が収まるまでは感染力があります!!!

インフルエンザウィルスの潜伏期間というのは大体1~2日、長くても4日から一週間程度。

しかし、発症する前の段階(発熱などの症状が出る前)においても感染力があるため、なんか調子悪いな?と感じた段階でマスクなどをしておかないと、周囲に感染させてしまう恐れがあります。

インフルエンザの症状や予防の方法

冬場の発熱には特に注意して、体調がおかしいと感じたらすぐに医師に診てもらうのが大切ですね。

会社や学校はどのくらい休めばいい?

インフルエンザ発症後の7日間程度は休むのがベスト。

社会人の場合、自身の持つ仕事が気になったり部下や上司への対応が気になって、早めに職場復帰をしようとする気持ちが働いてしまいます。

しかし、インフルエンザウィルスは長くて7日間の潜伏期間があり、完治していない場合は周囲に感染してしまう恐れもあります。

本当の意味で周りに迷惑をかけないようにするのであれば、しっかりと身体を治してから晴れて出社するほうが会社の為でも自分の為でもあります(´ω`)

感染はどこから?

インフルエンザは飛沫感染と接触感染の2種類から。

  • 飛沫感染・・・クシャミや咳が原因源となって周囲に感染
  • 接触感染・・・感染者の手などから物に付着して周囲に感染

インフルエンザは感染力の強い菌です。特に日頃からの仕事の疲れやストレス、暴飲暴食などで身体の免疫力が低下した場合には、感染率が高くなってしまいます。

冬場は一般的な風邪も流行りやすい時期ですので、日頃からのケアが大切になります。

インフルエンザの予防方法は?

予防接種、しっかりと手洗い、普段の健康管理加湿など。

まずは予防接種。仕事で繁忙期にもなると病院にもなかなか行けませんが、事前に予防線を張ることで防ぐことが出来ます。

また、一般的な予防方法としては、除菌成分のあるハンドソープでしっかりと手洗いを行い、市販のうがい薬で定期的なうがいが効果的です(゚∀゚)

インフルエンザの症状や予防の方法

飛沫感染を防ぐために、冬場は特にマスクの着用は欠かせません。電車や地下鉄、バスなどの公共機関を使って通勤・通学をする人は毎回の着用を心がけた方が良いです。

そして、部屋や職場を適度に加湿して湿度を50~60%程度にしておくことでウィルスの活性化を抑制することができます。

ただし、職場の加湿は状況的に厳しいという声もあるでしょう。フロアーが広い空間での加湿は小型のものではあまり約に立たないケースもあります。

そんな時こそ、デスク周りだけでも加湿したりマスクを着用して防ぐのが有効ですね( ゚ω゚)

さいごに

インフルエンザは予防接種などで未然に防ぐことも出来ますが、仕事柄なかなか病院に行く時間も取れなかったり、忙しすぎて疲れて病院どころじゃない!なんて人もいるでしょう(´Д`)

しっかりとした食事、睡眠を摂って規則正しく!と言われてもなかなか難しいですよね。オッサンも冬場は仕事が繁忙期に入るので、習慣に気をつけようと考えてもうまく行きません。

食欲がなくてもしっかり食べる、限られた睡眠時間はちゃんと熟睡出来るように環境を整える、適度に昼寝するなど、自身の免疫力や体力を極力低下させない工夫だけはちゃんとするようにしていますので、読者さんも注意しつつ健康的に冬季をお過ごしください(´ω`)

スポンサーリンク