※『おやじ手帳』禁煙記事まとめ

口臭で悩み続けた私が見つけた、たった3つの簡単ケアで改善する方法

シェアする

※この記事は約『10分』で読むことができます。

簡単口臭ケア

こんにちは。どさんこ会社員ブロガーのゆーま(@xx_oyaji_xx)です。

日ごろから「口臭ケア」に気を付けておくことは、対人関係をよくする上でとっても大切なことですよね。

普段から口臭ケアをせず、口内からちょっと気になる異臭を放ってしまうと、いろいろな人との関係がうまくいかなくなる恐れがあります。せっかく熱心に会話術を勉強したり、少しお高い洋服でおしゃれしても、口臭がダメだとすべてが台無し。

人と接する機会の多い人、とくに接客業や営業職の方は口臭ケアが必須のポイント。とはいえ、私の場合は毎日むずかしいことを行ったりせず、日頃の歯磨きをちょっと工夫するだけで、すっかり改善されましたよ。

口臭の悩みはとてもデリケート。他人に口臭を指摘されてお互いが嫌な気持ちになる前に、当ページで簡単な口臭ケアについて学んでみましょう。

スポンサーリンク

口臭タイプは「2種類」

まずはそもそもの口臭の原因を知りましょう。口臭には「生理的口臭」「病的口臭」の2タイプがあります。

口臭タイプ①.生理的口臭

  • 寝起き
  • ストレスを感じたとき
  • 空腹時
  • 加齢
  • たばこ・アルコール
  • 食べもの

※ニンニクは、腸から吸収された成分が最終的に肺から排出されるため、臭いが残る。

人間の口内には大量の細菌が常に存在しており、普段は唾液の自浄作用で細菌は増えず流されるようになっています。

大人の口の中には、300~700種類の細菌が生息しているといわれます。歯をよく磨く人で1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では4000~6000億個、さらにほとんど磨かない人では1兆個もの細菌がすみ着いています。

(出典:日本訪問歯科協会

ですが、寝起き時やストレスを強く感じたときなどは、唾液の分泌が少なくなってしまいます。その結果、自浄作用が働かなくなり、繁殖した細菌の出すガスが口臭となって現れます。

高齢になると唾液の量は減少していくため、常に細菌が繁殖しやすい口内環境になってしまいます。つまり、高齢になるほど口臭ケアに気を配る必要があります。

口臭タイプ②.病的口臭

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 口腔癌など
  • 薬の副作用によるドライマウス
  • 内蔵の疾患など

虫歯菌によって歯が溶けてしまうと、柔らかくなって発酵し、口臭の原因となります。また、虫歯が進行して神経が腐ることでも口臭が発生します。

虫歯の治療は、口内環境を整えて口臭を防ぐための、初めの一歩です。どんなに口臭ケアをしても、虫歯だらけでは対策の意味がありません。

ちゃんと歯科に通って、定期的に歯のメンテナンスをしましょう。これは口臭ケアの基本!

また、内蔵疾患からくる口臭の場合は、病院で検査したのちに口臭についてしっかりと医師と相談するのがもっとも確実で早いです。

病院で口臭ケア

口臭の中でも「歯周病」はもっとも大きな原因で、歯茎からの出血や膿が出て、強い口臭が発生します。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

(出典:日本臨床歯周病学会、歯周病について。

歯周病については真っ先に歯科医に相談して、口臭予防のための正しい歯の磨き方や治療について指導を受けるのが先決!

歯周病を治さないと、いつまでも口臭で悩むことになりますよ。

実際に私が使って改善した、3つの口臭ケア

口臭は日頃の簡単なケアだけでも十分改善できますよ!私の口臭ケア方法は、毎日の習慣を少しだけ工夫して、より効果の高いケアグッズを選んで、毎日行うようにするだけ。

よく口臭で悩む人で「何をしても改善しません」「歯科で診てもらっても虫歯はありませんでした」と言い、原因が特定できないケースがあります。

胃腸などの内臓疾患でないなら、いま一度毎日の口臭ケアを見直してみてくださいね。

口臭ケア①.歯ブラシの性能を少しアップ

皆さんは毎日の習慣で朝や夜、歯を磨きますよね。口臭で悩んでいる人ならば、なおさら意識して磨いていると思います。

ですが、磨き残しがある場合、溜まった歯垢は歯石へと変わり、そこに菌が繁殖して口臭の原因となってしまいます。

そこで、口臭ケアの第一歩として、まず歯ブラシの性能を少しだけアップさせましょう。

とはいえ、いきなり高額なものを買うとなると、戸惑ってしまいますよね。

そこで、口臭が気になった私が使い始めた歯ブラシがこちら。

ソラデーN4

Amazonでは2700円程度で売られています。

しっかり歯のことを考えて磨きたい!でも、電動歯ブラシは置き場に困るし高い・・・そんな考えの人にピッタリの歯ブラシです。私もそんなタイプの考えでした。

賃貸の洗面所って狭いんですよね。私は電動歯ブラシも持っていますが、置き場に困って箱にいれたまま使わずに眠っています。

ソラデーN4「光と水」でe-(マイナス電子)を発生させて歯垢を効率的に除去することができる歯ブラシです。歯磨き粉を付けなくても大丈夫。

歯ブラシのヘッドは交換できるので、本体は破損しない限りずっと使い続けることができ、電動ではないので電池も不要。

通常の歯ブラシに比べると少し割高ですが、電動よりもメンテナンスがラクで、歯垢除去効果も高い。とても優れた歯ブラシです。

毎日の習慣の歯ブラシを少し高性能にすることで、今まで以上のブラッシング効果を発揮することができ、歯垢の除去はもちろん、口臭の原因になる歯周病対策にもなりますよ。

日課だからこそ、常に効果の高いものを使っていきましょう。

SOLADEY(ソラデー)公式ホームページはこちら

口臭ケア②.歯磨き粉は歯周病に効果があるものにする

成人で歯周病になっている人の数って、ものすごく多いことをご存知ですか?

厚生労働省が行なった調査では、成人(30〜64歳)の約8割が歯周病に罹っているという結果がみられました。また、同調査から、成人だけではなく若年者も多く罹患していることがわかりました。さらには、小・中学校の学校歯科健診において歯周病と判定される児童や生徒が増えているという報告もあります。

(出典:日本歯科衛生士会

口臭で悩んでいる人は、まず先に歯周病を疑って下さいね。歯科に行って虫歯がないと言われても、歯肉炎や歯周病になっている可能性が大きいですから。

そこで、毎日の歯ブラシを高性能にして、さらに歯周病に効果のある歯磨き粉を使います。

歯科で歯周病と判定された私が、改善のために使っている歯磨き粉がこちら。

アセス

アセスは歯肉炎·歯槽膿漏の諸症状に対して、優れた効き目が臨床試験で証明された「医薬品」の歯みがき粉。歯ぐきからの出血、はれ、口臭などに効果をあらわす歯肉炎、歯槽膿漏薬です。

研磨剤を含まないので歯を傷つけることがないのも嬉しいですよ。研磨剤がなかったとしても、ソラデーN4を使えばマイナス電子で歯垢を除去できるので問題なし。

使い続けて、私は歯茎の出血もおさまり、歯周病もぐんぐん改善に向かっています。よく市販の歯磨き粉で見られる「歯周病予防」の歯磨き粉はダメです。

歯磨き粉を使うなら、ハッキリと効果のあることが実証済みのものを使いましょう。

アセス 公式ホームページはこちら

口臭ケア③.お昼は洗口液を使って歯垢を除去しよう

口臭を気にする人は、必要以上に歯を磨こうとします。結果、歯や歯茎を傷つけてしまい、口内環境の悪化を招くこともあります。

本来、歯磨きは朝と夜の2回で良いと言われています。とくに、虫歯の多くは唾液の分泌が減っている睡眠時に作られるため、夜寝る前には特にしっかり磨くと良いですよ。

気にしすぎて何回も磨くよりも、1回の歯磨きをていねいに行うこと。そして、お昼ご飯を食べたら、その後は洗口液を使って歯垢を洗いましょう。

社会人として常に人と接する私が、毎回の昼食後に使っている洗口液がこちら。

昼食後はそのまま仮眠をとったり、うがいもしない人がほとんどですよ。そりゃあ口臭も悪化します。

このクリニカ・クイックウォッシュは、日本で唯一の有効成分「デキストラナーゼ酵素」で、むし歯・口臭の原因である歯垢を化学的に分解・除去します。

すすぐだけで「歯垢」を分解・除去することができるのが嬉しいですよ。打ち合わせなど、人に会う前にサッと使えるところも高ポイント。

ご飯を食べた後は絶対に放置しない。これは口臭対策として当たり前ですね。

クリニカ公式ホームページはこちら

さいごに

口臭はひとつひとつの工程で、しっかりと商品を選ぶことも重要だと思っています。何度も繰り返しますが、歯磨きは「毎日のこと」ですので。

その毎日を、自分がこだわらなかった商品に任せて、口臭ケアの効果が出ているのかどうか心配になってはいけません。

やはり、一度しっかりと自分で効果の確かなものを選んで、納得したものを使い続けていくことが口臭を防ぐ一歩にもなります。

状況に応じて歯科医との相談も必要ですが、自身のブラッシングケアだったり、普段の習慣からケアするのも、また大切なことですよね。

ぜひ私のおすすめ商品も手にとって、効果を実感してみてください。