【平均年収405万円】30歳代サラリーマンのお小遣いと平均年収の推移

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

  • 大学を卒業後すぐに就職して、ひたむきに仕事を続けてきた人。
  • 就職したあと、友だちとよく飲みに行き、仕事は適当にしてきた人。
  • バリバリと資格習得に専念し、出生街道を登っている人。
  • 30歳代で、ようやく就職できた人や転職できた人。

30歳代の仕事の技術力は、努力の継続や就職の成功・失敗などから、個人差がとても大きいように思います。技術力の差は年収や貯金の差となって、数字で見えるようになります。

「私は周りと同じくらい、年収を得られているんだろうか?」

このような不安も、30歳代となると徐々に大きくなっていくのではないしょうか。平均年収で周囲と大きな差がつくと、仕事にたいするひたむきさも無くなってしまいますよね。

当ページでは30歳代の平均年収と、お小遣い額についてご紹介しています。

スポンサーリンク
★人気の記事

気になる日本の平均年収について

平成25年分 民間給与実態統計調査」を参考に、全世代の平均年収と、30歳代の平均年収について抜粋してみましょう。

全世代の平均年収について

全世代での平均年収:414万円(給料:353万円、賞与:61万円)

  • 男性:511万円(給料:433万円、賞与:78万円)
  • 女性:272万円(給料:236万円、賞与:36万円)

男女の平均年収差・・・511-272=239万円

30歳代の平均年収について

こちらも同文献の「年齢階層別の平均給与」という項目から、30歳代を抜粋しています。

30歳代前半(30~34歳)

男女計の平均年収:384万円

  • 男性:438万円
  • 女性:294万円

男女の平均年収差・・・438-294=239万円

30歳代後半(35~39歳)

男女計の平均年収:425万円

  • 男性:499万円
  • 女性:297万円

男女の平均年収差・・・499-297=202万円

30歳代前半と後半で平均すると、男性は約450万円、女性は約300万円となります。

30歳代の平均年収の15年間推移

国税庁の民間給与実態統計調査で、25年から15年間を遡って推移を見てみましょう。

【30歳代男性の平均年収】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

【30歳代女性の平均年収】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

グラフで見てみると、平成19年→20年→21年でガクーンと下落していますね。平成20年の秋にリーマン・ショックによる世界的な金融危機があり、日本経済にも大きな影響があったのも原因です。




以降、多少の変動はあるものの、目立った変化は無くここ数年横ばいが続いている状況です。値を見ると、15年前が今より良い待遇環境だった事がわかりますね。

30歳代サラリーマンのお小遣い金額

さて、前述のような年収だったわけですけども、では30歳代のお小遣い金額は一体どのくらいが相場なのでしょうか?お小遣い制の人は必見です。

新生銀行の「2015年 サラリーマンのお小遣い調査」結果を元に見てみましょう。

【30歳サラリーマン お小遣い金額】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

30歳代を見ると、男性:37,696円、女性:36,085円という結果。
男性は年収の0.8割、女性は年収の1.2割程度といった所ですね。

・・・オッサンこの半分ですけど何か(´°ω°)

2015年の全世代総計の平均では、男性37,642円、女性34,468円となっていますが、1990年の時は男女世代総計で77,725円であり、今の倍以上のお小遣いが貰えてたんです!

こう比べてみると、今のご時世は冷え切ってるなーと実感します。

収入と貯金を増やすための、お金の知識

年収が平均より多くても「貯金が苦手」で貯蓄が少ない人がいたり、たとえ年収が少々低くても上手に生活をやりくりして、じっくりと貯蓄を増やしていく人がいます。

ご自身の貯蓄額については、果たして納得の金額でしょうか?

20代に社会人となって40代を過ぎる頃までに、着実に貯蓄していく技術を身につけておく事は老後の自分の人生にとっても大変重要なこと。

お金の勉強というのは、単純に一朝一夕で身につくスキルではありません。長い人生の中で「自分の意思で」学んでいく必要があります。

貯金の増やし方

私は「お金に強くなる!」や「お金の増やし方を教えてください!」といった、お金に纏わる書籍を購読して実践していますが、投資について全く知識が無い人向けの、非常にわかりやすい内容の書籍は多く販売されています。

これらの本には、

  • お金との付き合い方
  • お金を稼ぐ・増やす
  • お金は賢く使う
  • お金の簡単な運用術

などが詳しく説明されており、「投資信託」「NISA」など、普段あまり馴染みのない知識においても、とてもわかりやすい説明がされていました。

知識がないと、どうしても『投資は怖いもの・・・』と考えてしまいがち。しかし、この本を読んで正しい知識を持って行えば、お金の運用は決して難しいものではないと感じました。

今後の貯蓄生活の参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク