【お中元・お歳暮のマナー】ギフトの時期はいつまで?人気の商品は?

お中元・お歳暮のマナー

お中元・お歳暮の『適切な金額やマナー』に自信あります?

人付き合いや社会人のマナーの一つに「お中元・お歳暮ギフト」がありますね(´ω`)
日頃からお世話になった人に対して、感謝の気持ちを込めて贈り物をするという習慣です。
お若い方は良いとして、30代にもなると少しずつ、こういった贈り物をする意識が必要と
なってきます。

オッサン( ゚ω゚)がお中元・お歳暮を贈るようになったのは、32~33歳の頃からです。
それまでは全く意識しておりませんでした。

会社の場合は社風もあり、昨今では贈ることが絶対ベスト!という事でもないようです。
何を送ったらいいの?時期はいつなの?そんな疑問を解消していきましょうー。

スポンサーリンク
★人気の記事

お中元・お歳暮の時期やマナーなどの豆知識

お中元・お歳暮には、贈る時期やお礼状など、ちょっとした知識とマナーが必要になります。面倒ではありますが、それらについてちゃんと知っておけば、毎年の悩みが少~しはマシになっているかも?

それでは、1つずつ解説していきましょう(´ω`)

マナー①.お中元・お歳暮を贈る時期はいつ?

お中元の時期

【関東・東北】7月初旬~7月15日まで
【北海道・関西・四国・九州】8月にお盆があるため、7月下旬~8月15日まで

昨今では贈る時期が徐々に早まっており、関東では6月20日頃から、関西では7月初旬から
贈り始めているそうです。オッサンは北海道ですが、だいたい7月中旬頃(10~20日)に届くようにしています。

徐々に贈り物の時期が早まっている風潮から、時期に迷ってしまった場合はだいたい
7月初旬~中旬頃を狙っておけば、どの地域であっても問題ないですね(´ω`)

お中元・お歳暮のマナー

もしも時期を外してしまったり、うっかり忘れてしまった場合は、暑中見舞いや残暑見舞いを贈るようにしましょう。

【時期はいつまで?】残暑見舞いのビジネスマナーと贈り物
8月も中旬を過ぎると、徐々に暑さも収まってきて過ごしやすい時期になってきますね(´∀`) ちょうどその辺りが残暑見舞いのタイミングになってき...

贈る時期が違うのは、新暦・旧暦のどちらを基準にしているかの違い。旧暦の7/15は新暦の8/15にあたり、1ヶ月の差があります。関東・東北は新暦で、北海道・関西などは旧暦で行事を行っているため、ズレが生じています。

お歳暮の時期

【関東・東北】12月初旬~12月31日まで
【北海道・関西・四国・九州】12月13日~12月31日まで

こちらも時期にズレが生じていますが、年末のご挨拶という事もあって、お中元に比べると
ズレ幅は小さめ。

オッサンはだいたい12月中旬頃(15~20日)に届くようにしています。
お歳暮は12月15日あたりを狙っておけば、どの地域であっても問題なしです(´ω`)

マナー②.一度贈り始めたら、毎年贈った方がよい?

世間一般的に、お中元・お歳暮を贈った相手には、毎年贈り続けるのが礼儀とされています。ですので、贈る相手は十分に検討した上で決めるようにしましょう。

安易に決めると、後々しんどい事になります!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

お中元・お歳暮のマナー

<ポイント>あまり金額に見栄を張らないようにする

初回に見栄を張りすぎて金額を奮発すると、途中で値段を下げていく事に抵抗を感じてしまったり、値段を下げると失礼に当たるのではないかと、いろいろ不安に感じてしまいます。

オッサンもこのパターンだったので、今では徐々に徐々に徐々に時間をじーっくりかけて
値下げています(笑) (´Д`)失敗したわー

お中元・お歳暮のマナー

金額も大事な要素の一つではありますが、「贈る」という行動にこそ意味があります。
分相応の値段で、自分達にとってあまり負担が少ない、続けやすい金額設定をする事が大切。

<ポイント>あまり広範囲に贈らないようにする

お世話になったからといって、会社にいる多数の人であったり、ご近所さんなど広範囲で贈るのはやめましょう。

金額を安くしても、贈る人が大量にいればかなりの金額になりますし、礼儀の面でもなかなか途中で贈るのを止める事が出来ないので、自分が苦しくなります!(´Д`)

お中元・お歳暮のマナー

贈る相手は限定的に絞って、少数にする方が管理もラクですし、気苦労が少なくて済みます。
オッサンは会社で日頃からお世話になっている先輩上司や、社長などの目上クラスなど、ごく少数のみに贈るようにしています(´ω`)

<ポイント>政治家・国家公務員に対しては特に注意する

贈る相手が政治家であったり、国家公務員で利害関係がある場合は、贈り物をする事が問題視されるケースがあります。公職選挙法や公務員規定などに抵触する危険性があり、受け取る側にも被害を与えてしまう場合があります。

どうしてもそういった方に、日頃お世話になっている感謝の気持ちを伝えたい場合は、葉書のみで済ませるような配慮が必要です。

マナー③.お中元・お歳暮を頂いたらお礼状は必要?

これは必ず必要とも限りませんが、例えば取引先のお相手など企業間のやり取りで頂いた物であれば、お礼状を書くほうが良いですね(´ω`)

オッサンは会社で普段から目上の人と接するので、「昨日届いたよ、何も気を使わなくてもいいのに、ありがとう」と、日常の会話で十分お気持ちを頂けます。

このように、普段の会話の中で直接お礼の言える場合であれば、お礼状は不要と思います。

お中元のお礼状の書き方を解説します。一般的なお中元のお礼文例、上司から部下への中元礼状の例文、会社の取引先へのビジネス文書でのお礼文面の例やはがきの縦書き例・雛形、お礼メールの例を掲載。6月の梅雨どきのお礼状や7月のお礼状の文例も。

マナー④.喪中の時はどうすれば良い?

お中元やお歳暮の贈り物は、日頃お世話になっていることに対する感謝をお伝えするための
ものです。何かをお祝いするためのものではないので、自分や相手が喪中の場合であっても、
ギフトを贈り合うことは全く差し支えないことになっています。

お中元・お歳暮のマナー

とはいっても、やっぱり贈るとなると、どうしても気になる人もいると思います(´Д`)
その場合は、例えば一言お断りを入れて先方のの了解を得た上で、時期をずらして別の形で
贈る方法もあります。

  • お中元の場合 → 時期をずらして暑中見舞い残暑見舞いとする
  • お歳暮の場合 → 時期をずらして寒中見舞いとする

オッサンも同様に悩んだ時があったのですが、「日頃からお世話になっていますので、贈らせて頂きました」と普段の社内会話でも言えちゃう環境なので、結局お中元もお歳暮も贈ることにしました(´ω`)

マナー⑤.どのような物を贈ればよい?

相手に何かを贈ろうと考えたとき、何を贈っていいのかわからず迷う事って多いですよね。
ついつい自分の好みになってしまい、相手が受け取って困るようなものを選んでしまうケースもあると思います。

お酒が得意ではない相手に対して、ワインや焼酎などのアルコール類を贈っても、喜んでもらえませんよね(´Д`)

お中元・お歳暮のマナー

オッサンの例でいくと

  • 社長クラス、お子さんが大きい場合などはカタログギフト
  • 一般上司クラス、お子さんが小さい場合などはお菓子セット

と、選び分けをするようにしています。お子さんが小さい場合だと、ご家族みんなで楽しめる洋菓子セットがとても喜ばれましたよ(´∀`)

お中元・お歳暮で喜ばれる人気ギフトランキング

お中元やお歳暮で、もらって嬉しいギフトをランキングでご紹介します。
贈り物で悩んだときや、参考にしたいときに参考にしてみてください(´ω`)

毎度ランキングでお世話になっています、カタログギフトのパイオニア【リンベル】様の
ランキングを参考とさせて頂きました。

お中元に何を贈ったら喜ばれるのか迷ってしまうという方のために、2015年のお中元選びに役立つ、喜ばれるお中元ランキングをご紹介します! 受け取った人に「センスがいいな」と思ってもらう品物選びのポイント、相場などについてもご紹介します。
お歳暮シーズンになると気になる、お歳暮の人気商品をランキングでご紹介します。また、気になる予算や、どなたから受け取っているか?などに関して、実際のみなさんの声をアンケートでお聞きしました。

お中元で喜ばれる、人気商品ギフトランキング

【1位】 14.0% 洋菓子 男性:23.2%
女性:76.8%
【2位】 13.5% カタログギフト 男性:57.4%
女性:42.6%
【3位】 13.0% 酒類 男性:65.4%
女性:34.6%
【4位】 12.8% 肉・加工食品 男性:52.9%
女性:47.4%
【5位】 8.8% 商品券・ギフトカード 男性:65.7%
女性:34.3%

※%についてはリンベル様を参照

見事1位をとったのは、贈り物の定番となっている「洋菓子」でした。
続いて2位がカタログギフト、3位がお酒類でした。

このベスト3をギフトで抑えておけば、まずは無難だと思います(´ω`)
オッサンのお中元・お歳暮は毎度このパターンで行ってます。

お歳暮で喜ばれる、人気商品ギフトランキング

【1位】 43.8% 商品券・ギフトカード
【2位】 38.8% 酒類
【3位】 35.8% カタログギフト
【4位】 31.8% 肉・加工食品
【5位】 30.5% 洋菓子

※%についてはリンベル様を参照

お歳暮では1位が商品券・ギフトカードでした。続いて2位が酒類、3位がカタログギフト。
やはりここでも、酒類とカタログギフトが強いですねー( ゚ω゚)

迷った時にはこれらを念頭に入れておくと良いと思います。カタログギフトのいいところは、相手が好きなものを選べるのでハズレが少ない事と、贈る側も迷いが少ない事ですね。

カタログの値段によって商品のグレードも上がっていくので、上司のタイプによって商品を
選別するとよいと思います。

お中元・お歳暮の金額相場はいくら?

目上への贈り物ということで、ついつい奮発しがちなお中元・お歳暮の値段。あまり高額に
してしまうと、毎年の贈り物を苦痛に感じてしまいます。

かといって、安すぎても反応が気になります・・・。

リンベル様の相場調査を見ると、お中元もお歳暮も「3000円~5000円」が相場。
オッサンは贈り初めの頃は相場が全くわからず、社長クラスには10000円、上司には5000円のものをそれぞれ贈っていました(´Д`)高ーい

年々こういった情報を仕入れるようになってから、徐々に徐々に下げ、3000円~5000円になるように調整を繰り返しています(笑)

お中元・お歳暮のマナー

あまり見栄を張らず、継続して贈れるような、ゆるい金額設定で問題ないと思います。
贈るという行動と気持ちが大切ですから(´ω`)

さいごに

お中元・お歳暮のマナーは、歳を重ねると必ずぶつかってくるもの。私よりも先輩なのに、
そういった事に無頓着な社員もいるのですが・・・
交流を嫌う気持ちは、どこか人生を損しているような気もします(´Д`)

実際、贈り物を考えたりする事は面倒だし、やりとりも煩わしいと感じる人が多いと思うのですが、日本の風習という事もあり、礼節は大切なことと思います。

若手さんは将来に備えて、しっかり知識を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク