【時は金なり】通勤時間と昼休みを徹底活用する5つの方法

日頃の通勤時間や昼休みを自分の人生の為に最大限有効活用していますか?

もし、日頃の貴重な空き時間を、暇つぶしのようにダラダラと過ごしてしまった場合、積み上げられた時間の長さは相当なものになりますよね(´Д`)

日本人の平均通勤時間や、その通勤中とお昼の過ごし方について調べてみることにしました。

通勤時間お昼休みのスキマ時間を、有効活用しましょう!

スポンサーリンク
★人気の記事

日本人の通勤時間の平均はどのくらい?

「不動産情報サイト アットホーム」様の2014年通勤実態調査記事を参考にさせていただきました。

当該記事によると、1都3県在住のサラリーマン583名を対象に通勤時間の調査を行い、
全体の平均値を出しているそうです。

通勤時間と昼休みを徹底活用

1都3県在住、都内勤務の子持ちサラリーマンの、自宅から会社までの片道通勤時間は
平均58分となりました。

ちなみに、オッサン( ゚ω゚)は北海道在住で地下鉄と徒歩で、片道30分ほど。割合的には10%程度となっています。比較的短い通勤時間で慣れているせいか、58分という数字を「長いな~」と感じてしまいました。

また、通勤時間の理想は「35分」、限界の時間は「86分」だそうです。

理想の時間よりも短く職場に到着できるオッサンは、通勤の苦労がとっても少ないですね。
逆に、もっと地下鉄に乗っていたいよ~本の続き読みたいよ~となっています。

勉強するにしても読書にしても、時間が短く感じてしまいます。

平均通勤時間が約1時間。

この毎日の貴重な時間を、有効活用出来ている人と出来ていない人では、積み上げられた努力の量に歴然とした差が現れてしまいます。

暇つぶしに眠ってしまったり、ゲームで時間を費やしてしまうのは、大変もったいない事だと思います。

1ヶ月のうち20日間を出勤と考えれば、往復で40時間にもなります。1年で480時間!もちろん徒歩の時間の勉強は危険なので、その時間を省いたとしても350時間ほど。

ということは、丸2週間ほどの時間量です。

毎日、コツコツと何かしら努力を積み重ねて得られた1年後の自分は、無駄に過ごした自分と比較して、大きな差がつくのでは無いでしょうか?

短い時間であったとしても、大切な時間ですね!

通勤時間と昼休みを有効活用する方法と、NGな行動

人に与えられた時間には限りがあります。

社会人の場合だと、その大部分が 睡眠と仕事 で消えてしまうのが、一般的な生活ではないかなと思います。

それ以外の時間は息抜きに使うことやリラックスに使う事も当然必要だと思いますし、友人と遊んだりといった娯楽も必要ですよね。

通勤時間と昼休みを徹底活用

その限りある時間の中で、「時間がなくて読書出来ない!」「時間がなくて勉強できない!」「やりたい事があるけど時間が工面できない!」という人は本当に多いと思います。

そんな人は、日常生活でスキマ時間を上手に使うような、ちょっとした工夫が必要不可欠と
思います。

通勤時間と昼休みに、するべきではないNG行動とは?

電車や地下鉄に乗ると、まず率先して起こす行動としては、スマホを取り出してSNSやLine、メールのチェックでしょうか。

よく、時間を有効活用しましょうと謳うWebサイト様で見るのは「そんなのは時間の浪費だ」と厳しく指摘しています。

私は、それらを「するな」と決めつけると、逆に気になって集中できないという人もいるのではないかと思うのです。

「しない」のではなくて、する時間をしっかり決めることが大切だと思います。

時折、緊急のメールが入る場合があり、それらを無視するのは社会人的にどうなの?と感じますし、私は必要最低限のチェック時間は許すようにしていて、この時間は毎回だいたい
1~2分ですね。

通勤時間と昼休みを徹底活用

また、スマホのアプリでゲームを楽しんでいる人も大勢いますね。これはまさに時間つぶしで、人生にとっては生産性のない、人生で何も生み出さないものではないかと思います。

学生さんが友達と楽しくゲームをする感覚は良いと思うのですが、社会人が学生のように空き時間を遊び倒すのは、もったいない使い方だなーと感じます。

自分の今している行動が、自分の人生において何を与えるものなのか、何が生み出されるのかを考えてみて、「これよりもこっちの方が生産性があるな」と思った行動をとるようにした方が、1年後の自分にとってプラスになっているのではないかなーと思います(´ω`)

  • スマホでのSNS、Line、メールチェック(チェック時間を決めれば良い)
  • ひたすらゲーム
  • ひたすら眠り続ける
  • 他、自分が生産性について低いと考える行動

これらについて考え、行動について再検討してみてください。

活用①.本を読める環境であるならば、本を読む

世の中には先人たちの知恵が豊富に売られており、それらを知識として毎日取り入れていく事で、1年後の自分は大きく飛躍していくと思います。

かく言う私も、一昔前まではゲームやアプリにふけっており、随分と時間を浪費してしまった一人です。

試験がある時は勉強してましたケド・・・。

知恵を得ることに無頓着だった私は、昨今の人生で相当な痛手を負っております。今では通勤カバンに必ず書籍を入れて、読める環境であればすぐに読むようにしています。

読む気になれなくても、1~2分とりあえず読むだけで、自然と読書スイッチが入ります。

通勤時間と昼休みを徹底活用

満員電車や徒歩通勤など、本を読めない環境である場合、オーディオブックというのが
オススメです。

これはいわゆる「耳で読む本」で、書籍や講演会、セミナーなどの内容を音声化し、聞いて頭に入れるという方法です。私も通勤時間中、座れなかった場合には音声ファイルを再生して聞きながら通勤をしています。

つまり、本を読もうと思ったり、自己啓発など勉強を行おうとした場合、環境がどうであれ、手段は必ずあるということです。

今では音声ファイルを持ち運べる機器も色々あり、本当に便利になったものです。

どんどん活用していきましょう!

活用②.Evernoteなど携帯アプリで、自己目標を確認

オッサンは1年前ほどから「Evernote」を活用しています。

これはWeb上にノートをいくつも保管しておけるようなアプリケーションで、日常のネタや、仕事でのメモ、趣味の事についてや日々のアウトプット、そして人生目標などをいつも入れ込んでいます。

Evernote は単なるメモ帳とは違います。思いついたアイデアから大事なプロジェクトまで必要な情報を一ヶ所にまとめながら、お使いのスマートフォン・パソコン・タブレット端末からアクセス可能にします。

読書や勉強に耽っている時は良いのですが、時にはモチベーションが上がらない時もありますよね。

そんな時に、Evernoteに自分の将来の目標や、将来の自分の姿、在り方、生活などを日頃からアウトプットしておき、スマホなどで手軽に確認出来るようにしておくと、モチベーションを上げていくことができます。

通勤時間と昼休みを徹底活用

頭の中だけで漠然と考えた目標は、すぐに忘れがちです。

自分用のメモとして、バンバンとアウトプットを繰り返していって、時に立ち止まって目標を再確認すると、目標が記憶に定着していくので、よりいっそう勉強や読書の励みになります。

活用③.メルマガを読む

これは、活用①とほぼ一緒なのですが、世の中には大勢の成功者がいて、彼らのWebサイトを覗いてみると、その多くは無料のメルマガを配信しています。

自分の知識や感性だけでは磨ききれない部分というのは本当に多く、彼らは色々な情報を我々に与えてくれています。

通勤時間にそれらを毎日読み、知識を高めたり生活のモチベーションを高めたりすることで、今まで以上に前向きにパワフルに生きることができます。

新しい知識や、新しい目線から物事を気付かせてくれた時、目からうろこが出たり、ハッとさせられる事って本当に多いです。読みたい本などが見当たらない場合、こういった外部からのアドバイスは非常に参考になります。

また、自己啓発系のメルマガだと、オススメの書籍や動画を案内してくれる場合もありますので、そういったものも活用しながら、読みたい書籍や著者を探していくのも楽しみの一つかなーと思います。

活用④.瞑想に耽ってみる

通勤時間と昼休みを徹底活用

少しだけスピリチュアル的な感覚かもしれませんが、目を瞑ってゆっくりと呼吸を繰り返して瞑想することで、精神的な安定や、人生の目標に対する新たな発見、インスピレーションを受け取ったりする事ができます。

オッサンは心を鎮めたい時に、通勤中もやりますが、主にお昼休みの15分~20分くらいを瞑想の時間にあてています。

↓↓合わせて読みたい!

【瞑想を楽しもう!】マインドフルネス瞑想とは?意味・効果とやり方について
瞑想というと「非科学的」や「スピリチュアルなもの」をイメージしがちですが、瞑想の効果は近年の脳科学研究においても「一定の効果がある」...

活用⑤.昼休みの場合は睡眠もOK

無駄な時間の使い方と言われるかもしれませんが、仕事にメリハリを付けたり、体調の管理をおこなう事も社会人の立派な仕事。

どう頑張っても振り払えない眠気に襲われることも、日常の中には多々あると思います。

昼休みに15分程度とる仮眠には、記憶力や集中力の改善、3~4時間程度の眠気を防止する効果も期待されています。

自己啓発も大事ですが、目の前の仕事をしっかりとこなす事も大切な事ですね。

通勤時間と昼休みを徹底活用

眠すぎるのに読書を無理にしても、余計に眠気に襲われたり、頭に入ってこなかったりして、結局時間を無駄に割いてしまうことに繋がります。

眠い!こりゃだめだ!そう思ったら、潔く眠ってしまいましょう。寝すぎると夜の睡眠の質を低下させてしまうので、15~20分程度にとどめておきましょう。

さいごに

日々の通勤時間やお昼時間、積み重なっていくと膨大な時間となります。時間がない!と頭を抱える前に、私生活についてしっかりと見直してみたり、スキマ時間を有効に活用する習慣をつけてみましょう。

オッサンはEvernoteのお陰で、生活が一転したように思いました。

使い始めの頃は活用しきれておらず、単なる趣味手帳のような役目しかありませんでした。今では自己啓発資料がギッシリつまっていて、人生の目標や、日々のアウトプットした小さな気付き、勉強のリストなどが、いつでもどこでもすぐに見られるようになっています。

PDFの自己啓発資料も大量保存されていて、本当に便利な端末として愛用しています。

みなさんもお気に入りのアイテムで、通勤時間やお昼休みを有効に活用してみてください。
1年後、3年後、5年後の自分はきっと大きく成長した自分になっていると思います。

スポンサーリンク