貯金のコツは3つの体質作り!低収入でも貯金を増やす方法

低収入でも貯金を続けていくコツ、まずは体質作りから。

今年こそ貯金しよう!そう思っていざ頑張ってみても長続きしない・・・

上手な貯金の仕方がわからない!貯金額が不安なのに!貯金の悩みは人生につきものですね。

貯金のために生活を正そうとしても、結局はお酒やタバコ、趣味への出費や外食といった誘惑に負けてしまう。結果として、貯金に回す分が消えたり、なかなか上手に出来ないのが貯金というもの・・・。

低所得でもしっかりと貯金ができるような、貯金体質」の作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク
★人気の記事

低所得でも貯金ができる「体質作り」をしてみましょう

貯金生活は一朝一夕でできる事ではなく、長い人生の中で自ら方法を学んで、行動して蓄積されていくもの。

いつもと変わらぬ浪費生活で過ごしていれば、結局はいつまでたっても貯金が増えていかない生活のまま、日常を繰り返します。

つまり「貯蓄をしていく(増やしていく)為に、今後の自分の何かを変えるという必要があります。

しかし、どんなに貯蓄にチャレンジしても、継続しなければ意味がないのが貯金生活なので、自分に無理のない方法を見つけ出す事が大事です。

特に低所得ともなれば、普段の生活を更に切り詰めるような事にもなりますし、今一度じっくりとお金について向き合ってみましょう(゚∀゚)

貯蓄体質①「収入を増やす」or「支出を減らす」

まず、自身の体質について大雑把に把握していくことからスタートしてみましょう。
以下の2つで、自分に向いているのはどちらでしょうか?

  • 支出を減らす・・・固定費や変動費の見直しをして、浮いたお金で貯金。
  • 収入を増やす・・・労働収入と不労所得で、得られたお金で貯金。

「支出を減らす」方法で貯金額を増やす

貯金するコツとして真っ先にあがる、今の生活をベースに家計を見直す方法です。

家賃や光熱費、インターネット料金や定額スマホ料金など、毎月決まって支払う「固定費」と、食費や娯楽費、趣味に使う費用など月ごとで変わってくる「変動費」の2つがあり、これらについて見直して貯金に回す方法です。

生活の質を下げ過ぎると、窮屈さやストレスの増加につながってしまうので、出来る範囲で程々にやるのが理想ですね(゚∀゚)

引っ越しをするなら今より家賃の安い所にしたり、外食が多い人は自炊を増やしてみる、趣味に使えるお金の限度額を決めるなど、生活スタイルによって見直す箇所はまちまち。

「収入を増やす」方法で貯金額を増やす

収入自体が少ない場合、今以上に出費を削ると生活の質が落ちすぎてストレスが溜まり、結局貯金出来ないというループに捕まります。

そうならないため、今よりも収入を増やして貯金に回す方法です。

低所得でも出来る貯金の仕方

By: Pictures of Money

今より収入を増やしたいと考える場合、アルバイトやパートで収入を得る「労働収入」と、アフィリエイトや株、不動産投資などで収入を得る「権利収入(不労所得)」の2つが浮かんできます。

しかし、すでに社会人である場合は会社の規定によっては掛け持ちバイトなどの副業が禁止されている場合もあり、やりたいと思っても出来ないケースが多々あります。

私の場合、事務の先輩や社長に報告のうえで「時間的拘束のない副業であれば問題ないよ」という返答を頂いています。このように、規定されていても相談する事で可能になるケースもありますので、しっかり相談の上で検討しましょう。

貯蓄体質②「欲しいものを買う」or「必要なものを買う」

普段のお買い物で、あなたはどんなものにお金を使っているでしょうか?普段はあまり意識していないかもしれませんが、無駄な出費が多くなっていないでしょうか。

  • 欲しいものを買う・・・タバコやお酒、趣味、娯楽や思いつきで購入する
  • 必要なものを買う・・・生活する上で欠かせないものを選別して購入する

欲しいものを買う人の傾向とは

ファッションや趣味、友人とのお酒や日頃のタバコなど、自分の欲求に素直に行動する人はこの傾向にあるかと思います。

考えなしに行動しているのではなく、「欲しいものを買うという行動が、無駄なこととは思わない」という思考の人です。

低所得でも出来る貯金の仕方

By: MIKI Yoshihito

どちらかというと「浪費家」と言われがちな分野で、趣味や自分の興味のある範疇のものについつい手が伸びてしまうタイプ。

オッサン( ゚ω゚)は書籍や自己啓発が好きなので、そういった出費が多いかな~と。でもそれって「無駄」ではないと思っています。また、ファッションやお化粧品、雑貨が好きな人にとってもまた、「無駄」ではないと考えているはず。

この「欲しいものを買う」という傾向にある人は、支出を減らすよりも収入を増やす方がストレスが少ないと感じます。欲しいものを買わずに耐えると「買えばよかった」という後悔を生んだり、ストレスが溜まって上手に発散出来なくなってしまいます。

↓↓合わせて読みたい!

【価値観の序列】お金が貯まらない人のたった1つの盲点
お金がない?稼ぎ方がわからない?価値観の序列のせいかも。 お金を貯める方法や、効率的な家計簿の付け方、節約の仕...

上記記事では、自分にとって大切だと思える順番に投資をしていく法則について紹介しています。ぜひご覧下さい。

必要な物を買う人の傾向とは

ファッションや雑貨などに出費することに抵抗があり、必要最低限でOKというタイプ。また、節約が大好きで節約自体が趣味となっている人もいますね。

こちらは「そもそも必要なものだけで十分」という人もいれば「生活のために仕方なく」という人まで幅広くいると思います。

低所得でも出来る貯金の仕方

私も徐々にこちらに仲間入りしています。生活のために仕方なく・・・というのもあるのですが、部屋の物を処分して物を減らす生活が徐々に好きになっているからです。

手にとったものが本当に必要かどうかをじっくり考えてから購入するクセを付けていくことで、徐々に出費が減っていくようになりました。

とはいえ、嫁さんや彼女さんが浪費家だと結局トントンに終わるという悲しさもアリ(笑)

収入に対して、身の丈に合った出費を心がけるのが良い!

ご家庭の収入額に応じて無理な出費をしないように心がけるのは大切な事です。欲しいものを買う傾向の人には耳の痛くなる話かもしれませんが、「欲しいものを買うのと、貯金を増やす事の、どちらを重要視するか」を常に念頭に置くべきと思います。

欲しいものを買う人の場合、価値観の序列において「貯金」の順位がかなり低い設定になっていると思いますが、これを上げていかないとなかなか貯金体質になりません。

↓↓合わせて読みたい!

【価値観の序列】お金が貯まらない人のたった1つの盲点
お金がない?稼ぎ方がわからない?価値観の序列のせいかも。 お金を貯める方法や、効率的な家計簿の付け方、節約の仕...
  • 収入が少ないならば、少ないなりに出費を抑える。
  • 抑えられない場合は収入を増やす。

貯蓄体質③「ちゃんと目標がある」or「とりあえず貯める」

いざ「貯金しよう!」と思ってはいても、具体的にはどのくらい貯める予定なのかをしっかり決めているでしょうか?

  • ちゃんと目標がある・・・半年後~1年後~3年後には○○万円と決めている
  • とりあえず貯める・・・目標が漠然としていて金額設定はない

ちゃんと貯金額の目標がある人の傾向とは

将来的な生活水準をしっかりと見据えて、理想とする将来の生活を得るためにはどのようにしていくべきか。

この事についてしっかりと危機感を持ちながら自己管理をしていくことが出来る、管理能力の高い人がこのタイプと思います。

この姿勢があるからこそ、「収入を更に増やすためにはどうすべきか」「支出を減らすにはどのような工夫が必要か」「購入する際に本当に必要なものなのか考える」・・・といった行動が自然体で行われます。

目標があるからこそ、そこに向かって頑張っていけるというのは理屈でわかっている人が多いはず。あとはじっくりと考えて目標を設定してみると、割と簡単に貯金体質になれるかもしれません。

また、貯金額を決めることと同じくらい、収入源を増やそうと考えることも重要です。半年後には○○万円の副収入を得る!という目標があれば、それが行動となって現れてきます。

とりあえず貯金を始める人の傾向とは

どちらかと言うと人生にマイペースで自分の考え方に正直であったり、または優柔不断で自己管理がちょっと苦手な人がこのタイプだと思います。

目標設定自体が堅苦しくて面倒くさいと感じてしまったり、目標を設定しても達成出来なかったら凹む・・・などネガティブな気持ちを怖がっている人もいるかもしれませんね。

低所得でも出来る貯金の仕方

価値観の序列でもお金」に対する序列が低いため、日頃から貯金を重要視するクセがない人については、序列の順番について見つめ直してみると新しい発見に気付けるかもしれません。

貯金の順番が上がれば上がるほど、お金に対する気持ちに変化が現れてきますよ!(゚∀゚)

実際に3つの体質を作って貯金と向き合ってみましょう

自分に向いている貯金方法を定めて、それに向かってひたすら努力を続けていけば自然と貯金体質が出来上がります。

例えば私の場合・・・

  • 支出を削るより、まずは「収入源をどんどん増やす」
  • 常に「必要なものを買う」ように考え、お金に対する情報には投資をする
  • 「収入目標」を立てて、不労所得額の向上を常に図る

上記3つの体質を作ることで、徐々に貯金額が増えてきました。

収入が高まった分、支出に消えてしまえば意味が無いのでそちらも勉強せねばなりませんが、お金の使い方や考え方についてしっかり目を向けた事で、自分が大きく変わっています。

特に収入源については投資をする事で知識も増え、去年の自分とは大きく違った自分になっている事に気付いています。

その努力と知識はこれからも一生の武器として自分の為に使っていく事ができるので、趣味やタバコに消えていたお金を投資に回すようになれた自分を褒めたいくらいです(゚∀゚)

自分に向いている貯金の仕方を考えてみましょう。

自分に向いているのはなんだろう?自分はどのタイプなんだろう?貯金する前に一度、じっくりと考えてみて下さい。闇雲に始めてみても挫折がすぐそこで待ち構えています。

収入を増やす方法はWeb検索でいくらでも出てくる便利な時代ですし、書籍でも多く売られています。節約術も無数にありますし、自分の体質さえしっかりしておけば、これらの知識が自然と流れ込んでくるようになります。

貯金が出来ない人は貯金が下手なのではなく、体質が出来上がっていないだけです。

自分で色々と考えても上手くいかない場合は、実際にセミナーに足を運んでみるのも、一つの手です。私も貯金が苦手なタイプだったので、実際に無料セミナーに参加しましたよ(゚∀゚)

↓↓合わせて読みたい!

【お金のプロ直伝】たった4時間で学べる、貯金が増える方法
現在の貯金額や、効率よくお金を増やしていく方法について悩んでいませんか? または、ご家族やご自身の老後の生活資金について悩んで...

さいごに

私はまだまだ未熟で、貯金も少ないです。でもこうした体質に変化していくことで、去年や一昨年とは比べ物にならないほどお金に対して前向きな思考になっています。

それは、お金が貯まっていく事に幸せを感じる事が出来るようになったからというのもあるかもしれませんが。

貯金に対する抵抗は、低所得帯であれば特に感じるかもしれませんね。貯金したいけど生活が現状で既に苦しい、工夫の仕方がわからない、などなど理由も多いでしょう。

ぜひこの貯金体質について今一度考えていただき、しっかりと目標設定をして収入を増やす・支出を減らすなどの工夫をしてみて下さい。

また、貯金と一緒に勉強しておきたいのが、『お金の賢い使い方』や『投資』のこと(゚∀゚)

貯金はもちろん大事なのですが、大切なお金の増やし方も学んでおきたいところ。
投資について全く知識が無い人向けの、非常にわかりやすい内容の書籍です。

投資に無知な私にも、これなら出来るかも!と思えました。そして、実際にこれから投資も始めていこうと考えています。

貯金の増やし方

知識がないと、『投資は怖いもの・・・』と考えてしまいがち。この本を読んで、正しい知識を持って行えば、お金の運用は決して難しいものではないと感じました。

ぜひ、今後の貯金生活の参考にしてみてください。

スポンサーリンク