【平均年収405万円】30歳代サラリーマンのお小遣いと平均年収の推移

この記事をシェアする

この記事は約 「4 分」で読めます。

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

  • 大学を卒業後すぐに就職して、ひたむきに仕事を続けてきた人。
  • 就職したあと、友だちとよく飲みに行き、仕事は適当にしてきた人。
  • バリバリと資格習得に専念し、出生街道を登っている人。
  • 30歳代で、ようやく就職できた人や転職できた人。

「私は周りと同じくらい、年収を得られているんだろうか?」

このような不安も、30歳代となると徐々に大きくなっていくのではないしょうか。平均年収で周囲と大きな差がつくと、仕事にたいするひたむきさも無くなってしまいますよね。

当ページでは30歳代の平均年収と、お小遣い額についてご紹介しています。

スポンサーリンク

気になる日本の平均年収について

平成25年分 民間給与実態統計調査」を参考に、全世代の平均年収と、30歳代の平均年収について抜粋してみましょう。

全世代の平均年収について

全世代での平均年収:414万円(給料:353万円、賞与:61万円)

  • 男性:511万円(給料:433万円、賞与:78万円)
  • 女性:272万円(給料:236万円、賞与:36万円)

男女の平均年収差・・・511-272=239万円

30歳代の平均年収について

こちらも同文献の「年齢階層別の平均給与」という項目から、30歳代を抜粋しています。

30歳代前半(30~34歳)

男女計の平均年収:384万円

  • 男性:438万円
  • 女性:294万円

男女の平均年収差・・・438-294=239万円

30歳代後半(35~39歳)

男女計の平均年収:425万円

  • 男性:499万円
  • 女性:297万円

男女の平均年収差・・・499-297=202万円

30歳代前半と後半で平均すると、男性は約450万円、女性は約300万円となります。

30歳代の平均年収の15年間推移

国税庁の民間給与実態統計調査で、25年から15年間を遡って推移を見てみましょう。

【30歳代男性の平均年収】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

【30歳代女性の平均年収】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

グラフで見てみると、平成19年→20年→21年でガクンと下落しています。

以降、多少の変動はあるものの、目立った変化は無くここ数年横ばいが続いている状況です。

値を見ると、15年前が今より良い待遇環境だった事がわかりますね。

30歳代サラリーマンのお小遣い金額

さて、前述のような年収だったわけですけども、では30歳代のお小遣い金額は一体どのくらいが相場なのでしょうか?お小遣い制の人は必見です。

新生銀行の「2015年 サラリーマンのお小遣い調査」結果を元に見てみましょう。

【30歳サラリーマン お小遣い金額】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

30歳代を見ると、男性:37,696円、女性:36,085円という結果。
男性は年収の0.8割、女性は年収の1.2割程度といった所ですね。

まとめ

自分の年収やお小遣いが少しでも平均より高いと、やっぱり嬉しくなりますね!

そのお小遣い、大切に使って増やす方法もあります。

お小遣いを増やす『お金の教養講座(無料)』とは?

「ファイナンシャルアカデミー」が開催している、お金の勉強講座。

参加した受講生の90.8%の人が「お金や生活に対する不安が和らいだ」と回答。

また、90.2%が「受講後の家計改善に繋がった」と回答している、高評価な無料講座。

こんな人におすすめ!

  • 家計簿の『簡単なつけ方』を知りたい
  • 毎月の収入の中で、ラクに貯金する方法を知りたい
  • お金の勉強を始めたいけど、何から始めればいいのかわからない
  • お小遣いで投資を始めたいけど、本が多すぎてよくわからない…

『お金の教養講座』の詳細をみる