退職はタイミングが大切!36歳、年収327万円の貧乏暮らしだった僕の失敗

この記事をシェアする

この記事は約 「8 分」で読めます。

退職はタイミングが大切

僕は30歳で年収265万円、36歳で年収327万円でした。

(手取りは30歳で216万円、36歳で252万円…)

独り身でさえ苦労する金額だけど、僕の場合は当時から今の妻を養い、1匹の犬もいます。

生活がなかなか上向いて行かなかったので、最終的には37歳で転職!

今思えば、転職のタイミングが遅すぎました。自分の決断力のなさにガッカリだ!(˘ω˘)

これは30代の中盤で、なかなか転職に踏み切れず迷っている人に向けた記事です。

転職のタイミングを見極めなかった僕の失敗生活を読んで、「こうはなるまい」と考えてくれたら幸い!

スポンサーリンク

36歳、手取り252万円の生活

収入が少ない

僕の2015年の収入は、こんな感じ。笑ってやってくださーい!

2015年収入税金・保険料手取り
1月277,99758,427219,570
2月303,68064,186239,494
3月311,03064,362246,668
4月303,10864,086239,022
5月281,35663,603217,753
6月272,59864,335208,263
7月271,74463,280208,464
8月246,53662,318184,218
9月239,51862,120177,398
10月222,65561,403161,252
11月251,05762,457188,600
12月288,73657,621231,115
合計3,270,015748,1982,521,817

この時には、もうすでに転職したい気持ちがあったんですけど、その気持ちを確定させたのが10月の手取り「16万円」です。

社会保険ではなく国民健康保険だったので、保険料もすごく高かったし、16万円じゃ妻と愛犬を満足に養っていけない。

当然、貯金だって無理。友達の結婚や、体調を崩したときの病院など、急な出費には本当に頭を抱えていましたね~。

ちなみに、このときはボーナス無し、残業代カット!(払える時に払うスタイルだったけど、ぜんぜん払ってもらえなかった)

どうして早く転職しなかった?

今考えると不思議でならないですけど、当時は会社に「恩を感じていた」んです。

その会社は僕が30歳の節目に入社した会社で、当時は「30歳は転職ギリギリの年齢だ」なんて言われていたんですよ。

だから、『年齢的にギリギリの僕でも、拾って育ててくれた!ありがとう!愛してる!』

そう思っちゃったんです。

この発想がアホなんだよな…

僕が会社を支える!

会社は「コイツ、使えそうだな」と考えたから僕を雇ったわけで、「30歳か…よし、ウチが面倒みてやるか!」と考えて雇ったわけじゃないのに。

僕自身が勝手な妄想を膨らませて、会社に「ありがとう」の気持ちを乗せていました。

だから、会社から満足なお金をもらえなくても、「俺は会社に恩返しするんだ!」という気持ちだけで働いていたんです。

数年で会社の経営は悪化しましたが、「俺が支える!立ち直らせる!」とまで考えてました。

割とマジで。アホだなー…。

普通の神経の人はサッサと辞めていった…

会社の経営が傾いて、給料が満足に支払われなくなったら、普通は「これはもう転職した方がいいな」と思いますよね?

会社の体制に不満がでると、仕事のデキる人は独立を始めたり、ヘッドハンティングされて辞めていく人が続出しました。

すると、経営はみるみる悪化していく!

その結果、転職したての30歳の僕は、ガッツリ残業しても、年収は手取りで216万円。

それから6年後の36歳で、第一線でバリバリ仕事をこなしても、年収は手取りで252万円。

…オジサン、とってもむなしい。

何度も転職する自分がイヤだった…

僕はこのとき、すでに過去に「3回」の転職をしていました。次は「4回目」の転職…

転職失敗を何度も繰り返す自分がイヤで、「もうこの場所でなんとかしたい」と、心のどこかで考えていたんです。

転職するにあたって、退職願を出したり、転職先を選んだりといったことも、全てが面倒にも感じていました。

転職に対して、後ろめたい気持ちしかなかったんです(˘ω˘)

前向きさがゼロだもん、そりゃタイミングも逃すわ。

もう転職しよう!と思えたキッカケ

こんな僕が「転職しよう」と心変わりしたのは、一体どんなタイミングかというと、いろいろなキッカケがあったんです。

努力は「今の場所で報われる」とは限らない!とわかったから

努力は今の場所で報われない

これ、今でもすごく思う。

努力って、「今いる場所で報われる」とは限らないんですよね。

僕は前の会社で、超本気モードで仕事に取り組んでいました。傾いた会社を「俺がなんとかする!」と考えるくらい。

それでも結局、給料は満足にもらえず、社長は働かずに会社のお金で飲みに行く…

そんな状態がしばらく続いた頃、独立した人や取引先など、数人から「ウチで働かないか?」と声をかけられるようになったんです。

僕の働きを、会社よりも「周り」が見ていてくれたんです。

これは嬉しかったなぁ…。

そして今は、前の会社で頑張った努力が、違う会社ですごく報われています。

仕事の内容は全く同じなのに、年収は300万円台から、一気に500万円台に突入!

もし、あの時に僕も腐っていたら…真面目に仕事に向き合っていなかったら…

こんな誘いは頂けてないハズ。

今の場所で報われなかったとしても、次の場所で報われることもあるんですよ。

結局、人生は「お金が全て」だとわかったから

お金が全て

長く貧乏生活を続けてわかったのは、お金って人生の全てなんだってこと。

ある程度、豊かに育って生活に支障がないくらいの稼ぎがある人は、「お金が全てじゃない」とか「お金より大切なものはある」とか「お金で買えないものもある」などと言います。

とにかく、「お金は一番じゃないんだよ」と言う。僕も、あの当時はそう思ってました。

でも今の僕は、絶対に「お金が一番」だと言える!!

この世は所詮「お金で解決しなければならないこと」ばっかりです。

  • 家族がご飯を食べていくために食料を買う必要がある
  • 家賃や光熱費を払っていく必要がある
  • 最低限の仕事着を用意する必要がある
  • 税金を納めていく必要がある
  • 体調を崩せば病院でお金を払う必要がある
  • 通勤には最低限の交通費が必要になる
  • 急な出費に対応できるだけのお金が必要になる
  • 老後に備えるためのお金が必要になる
  • 友人の誘いを受けるだけのお金が必要になる

食べるものさえ、なにも無いときもありました。税金も滞納しました。

具合が悪くても、病院に行けません!生命保険も入れません!突然の入院費は、全て両親が払いました。

友達にはののしられ、後ろ指さされ、会社には見放され、相談できる人もいない、「あいつは金ねーからさ」とマジで笑われて、ついに僕は貧乏で孤立しました。

負け組

そんなとき、一体何が自分を支えてくれたのか!?…それは、今の妻と、愛犬と、両親。

結局、僕を一生懸命に支え続けてくれたのは、「家族だけ」でしたね~。

だから、僕はあるときから「もっとお金を愛そう!」と思ったんですよ。ツラい思いばかりさせてきた家族に、僕が全力で恩返しするために!

お金でたくさんのモノを失ってきたから、これからはお金を愛して、なにより一番に考えて、家族にどんどん還元しようと決めました。

今では「お金は自分を守ってくれる、支えてくれる、与えてくれるもの」だと思ってます。

お金に対する考え方がガラッと変わった瞬間に、「よし、もう転職しよう」と考えられるようになりました。

「今の収入でもいいや」と思っていたら、今でもずっと転職できなかっただろうなぁ…。

慣れすぎた環境に「オサラバ」したくなったから

悪い環境にさらば

  • 会社にいけば、社長は働かないのに、僕は超忙しい!
  • 社長など上層だけがオサイフうるおってる!
  • 僕の部下も全員貧しい!(毎日ネガティブ話ばっかり)
  • 毎日の生活が苦しい!ゆとりがない!
  • 自宅も狭い!

だんだん、僕は何のために生きているのか、わからなくなっちゃったんですよ。

そして、このまま歳をとって、一生お金に困って生きていくのかなー…って考えたら

「このまま死ねるかーー!」って思いました。

人って、今の環境を変えようとすることに抵抗を感じるじゃないですか?

新しいことにチャレンジするって面倒だし、多少不便でも慣れ親しんだ今の暮らしを継続させていこうという力みたいなものがあるんです。

僕もずっとそうだったんですけど、自分のこと、暮らしのこと、そして何より家族のことを考えたら、「甘ったれたこと言ってる場合じゃない」という考えに至りました。

慣れすぎた環境にバイバイして、「次こそ、人生を楽しめる環境にしてやる!」そう強く思いました。

これは今でも変わってません。「人生をもっと楽しめるようにする!」が今の僕の目標です。

そう思うようになったら、すぐに転職活動を始めましたよ。

悪い環境に慣れて、「人生、こんなもんだ」って思っていたら、いつまでも転職はできなかったと思いますね。

まとめ

貧乏暮らしだった僕の失敗は、

  • 会社に一方的な愛情を送っていた
  • 周りは辞めていったのに、僕は残ってしまった
  • 何度も転職する自分に嫌気がさしていた

「転職しよう」と決めたキッカケは、

  • 努力は次の場所で報われるから
  • 人生、お金が大事だから
  • 環境を変えたくなったから

何度も転職を繰り返したけど、今回の転職は人生が好転しました。

今の会社や環境に疑問があるなら、ズルズル引っ張らずに早めに決断するのが大切ですね!