働く人にメリットたくさんの『Amazonプライム会員』特典レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Amazonプライム

タブレットのKindleアプリを使って電子書籍を読むようになってから、ますますAmazonを使う機会が増えたので、思い切って『Amazonプライム会員』になりました。

実際に会員になってわかったのですが、忙しく働いている人が『これは便利だ!』と感じるようなポイントが多いサービスでした。

今回はAmazonプライム会員になって感じたメリットなどをレビューしていきます。

『Amazonプライム』会員の特典

Amazonプライム

Amazonプライムの詳細をみる

サービスの詳細

料金プラン年間プラン:3900円(税込) / 月額プラン:400円(税込)
無料体験1ヶ月
Amazonプライム
会員特典
  • 配送特典
  • プライム・ビデオ
  • Prime Music
  • Twitch Prime
  • プライム・フォト
  • 会員限定先行タイムセール
  • Prime Reading
  • Prime Now(プライム ナウ)
  • Amazonファミリー
  • Amazon Music Unlimited
  • Kindleオーナーライブラリー
  • Amazon Mastercard
  • Amazon Dash Button
  • Amazonパントリー
  • Amazonフレッシュ

太字が今回のレビュー特典

『Amazonプライム』とは、15個もの特典が用意されているAmazonの会員制プログラム。

料金プランは「年間プラン(3900円)」「月額プラン(400円)」の2種類が用意されており、年間プランだと1ヶ月あたり325円でサービスが受けられる。月額プランより75円安い設定だ。

 

さて、今回のレビューは特に「忙しく働く人」に視点を置いている。

全てのサービスについての解説は「Amazonプライムの公式WEBサイト」にてご確認いただくとして、今回は「特に社会人に嬉しいサービスだ」と感じたものをピックアップして紹介していきたい。

『Prime delivery』が嬉しい!

prime delivery

Amazonプライム会員は『primeマーク』が表示されている商品の場合は以下

  • 通常配送料が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 当日お急ぎ便・お急ぎ便・マケプレお急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • Prime Now (プライムナウ)専用アプリで1時間配送
  • 発売日 / 発売日前日お届け

このようなスペシャル配送特典が与えられる。

 

毎日忙しく働いていると、帰宅途中に立ち寄りたいお店があっても、時間が遅くて閉店してしまっている場合が多々ある。こんな時に便利なのがAmazonだが、ネックなのが「2000円以上で送料無料」という部分だ。

欲しい商品があっても、送料で高く付くと購入意欲がなくなってしまうし、安い商品の場合はなおさら注文しづらい。

例えば、500円の商品が欲しい場合、送料で「+350円」がかかるし、当日お急ぎ便は「+514円」がかかってしまう。これではどんなに安い買い物だって、Amazonで購入することに躊躇してしまうだろう。

 

忙しい社会人がお店に立ち寄ることなく、いつでも「欲しい・買いたい」と思ったときにインターネットで気軽に購入できる『配送特典(送料無料)』は本当にありがたいサービスだと実感している。

お届け日時指定便についても、追加料金なしで何度でも利用可能なので、仕事の都合のよい日に受け取れるようになるし、Amazonでの買い物がとても便利になるのは間違いない。

『Prime Music』が嬉しい!

prime music

Prime Musicの詳細をみる

 

Amazonプライム会員になると『Prime Music』というサービスを使えるようになる。これはAmazonで用意されている100万曲以上が聴き放題になるもので、Amazonプライムの料金だけで思う存分音楽を楽しむことができる。

 

残業時間や資格勉強中にクラシックを流したり、昼休みにはヒーリング音楽を聞いたり、瞑想のための音楽も用意されていたりと、楽しみ方はたくさんある。

ちなみに、ブログ執筆をしている今は「仕事がはかどるクラシック(ピアノソロ集)」を聴いている。様々なジャンルのプレイリストが用意されており、その時の気分で聴き放題だ。

prime music

Prime musicの嬉しいポイントは、CDレンタルが不要で、違法性のあるYoutube動画を見ずに済むことも大きい。

忙しい社会人は、毎日の行動をできるだけ最小限に抑えたくなるもの。帰りに○○に寄って~など、寄り道せず早く帰りたくなるものだ(疲れてヘトヘトになっているし)。

Prime musicは100万曲以上が揃っており、作業BGMやヒーリングBGMを求める社会人には素晴らしいサービスだと実感している。

 

邦楽好きな人には曲数的に物足りなさを感じるかもしれないが、僕のようにBGM系ばかりを求める人にとっては最高のツールだ。

prime music

例えば邦楽だと、『2017年間邦楽ランキング』という1つのプレイリストがあるが、それだけでもなんと「100曲(7時間36分)」も用意されている。これがAmazonプライム会員の料金だけで楽しめてしまうという素晴らしさなのだ。

『プライム・ビデオ』が嬉しい!

プライム・ビデオ

プライム・ビデオの詳細をみる

 

Amazonプライム会員になると『プライム・ビデオ』というサービスが見放題になる。用意されているジャンルはAmazonオリジナルTV番組をはじめ、邦画・洋画・アニメ・バラエティ番組など豊富に揃っている。

「Doctor X」「孤独のグルメ」など人気ドラマも見放題だ。これだけ揃っていれば、レンタル屋に足を運んでわざわざレンタルする必要もなくなり、休日や職場のお昼休みにのんびりと楽しめるようになる。

 

久しぶりに「機動戦士ガンダムZZ」を見て、これが追加料金なしで見られるということに鳥肌が立ってしまった。

もちろん、Huluなどの動画専門サービスには動画の数で敵わないものの、ちょっと気晴らしに映画や番組を見たいときに重宝しそうだ。お笑い番組やアニメも多数揃っているので、全てを見ようと思うと大変なほど。

日頃疲れている社会人が、わざわざレンタル屋に足を運ばずとも様々なジャンルの動画を好きなだけ楽しめるというのは、本当にありがたいサービスの1つだと思う。

『Prime Reading』が嬉しい!

prime reading

Amazonプライム会員になると『Prime reading』というサービスを使えるようになる。追加料金なしで、和書・洋書合わせて数百冊の本・マンガ・雑誌が読み放題だ。

 

同じようなサービスに『Kindle unlimited』があるが、違いは次の通り。

prime reading

2017年12月現在、Prime readingでは「883冊」が用意されている。なお、Amazonで随時冊数の調整を行っている場合もあるため、冊数やタイトルについては下記リンクより確認してほしい。

公式 『Prime reading』読み放題対象タイトル

 

冊数からすると『Kindle unlimited』の方が断然多いが、「思考は現実化する」や「GetNavi」など読み応えのある書籍や雑誌が多く揃っている。何より、無料で900冊近くの書籍を読み漁れるというのは魅力だ。

活用方法としては、普段手に取らないような書籍を、ココぞとばかりに読んでみるのもいい。例えば、最近流行りの『ビットコイン』について調べてみようと思えば、次のような本がある。

こういった書籍で基礎知識を頭に入れておける(しかも無料だ)のはとても便利だと思う。端末については、Kindle端末だけでなく、PCやスマホでも可能となっている。

通勤時間や職場の昼休みのちょっとした読書に最適だ。

一月に1000円の書籍を2冊読んだとして年間で24000円もするが、これが4000円で読み放題となるので、20000円も得をしていることになる。

Amazonファミリー

Amazonファミリー

Amazonファミリーの詳細をみる

 

Amazonプライム会員になると『Amazonファミリー』というサービスを使えるようになる。追加料金なしで、おむつ・おしりふきなどベビー用品をお得に購入できる。

Amazonファミリー限定のセールもあり、小さなお子さんのいる家庭やペットのいる家庭には嬉しいサービスだ。

Amazonファミリー限定セール

おむつ・おしりふきは毎日良く使う消耗品。『定期おトク便』で購入すると、いつでも15%OFFで注文が可能になる点も嬉しいポイントだ。

我が家は愛犬にmoonyのおしりふきを愛用しているため、とても助かっている。

 

そして驚くのは、Amazonファミリーに新規登録すると『3900円分のクーポン』がプレゼントされるのだ。Amazonプライムの年間プランが3900円なので、1年間は実質「無料」でAmazonプライムを満喫することができる計算。

Amazonファミリークーポン

他にも、例えばベビーカーが5000円OFF、ベビー寝具が4000円OFF、抱っこひもが1000円OFFなど商品割引も多数あり、家族にはとても喜ばれる充実のサービス内容だ。

まとめ

Amazonプライム会員特典の中から5つのサービスをピックアップして紹介しましたが、どれも魅力的で便利なサービスですよね。会員になってみると「なんでもっと早く会員にならなかったんだろう」と考えてしまうほど。

気になった人は是非公式ホームページでAmazonプライムの詳細を覗いてみてください。

Amazonプライムの詳細をみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5.暮らしとお金
 

おすすめの関連コンテンツ

おやじ手帳の管理人

CAD設計士。製図ソフトを使って設計やってます。日々の仕事を「ちょっとでも楽しく」することをコンセプトに、日ごろの生活のなかで気付いたことや、便利なモノ、お金のこと、健康のことなどをブログで発信しています。詳細はこちら ⇒
よろしくお願いします(≧∇≦)/
この記事をシェアする
スポンサーリンク
『おやじ手帳』