【WordPress】バックアップをDropboxに自動保存する方法

この記事をシェアする

この記事は約 「4 分」で読めます。

『おやじ手帳』は、WordPressプラグイン『BackWPUp』を使って、『Dropbox』に自動的にバックアップデータを保存しています。

WordPressは独自ドメインで運営していくので、何かトラブルがあっても自己責任で対応しなければなりません。

今回はBackWPUpを使ってDropboxに自動保存する方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

BackWPUpプラグインとDropboxの設定

BackWPUpプラグイン

まずはプラグインを検索してインストール、有効化します。

自動バックアップ

インストールが完了すると、管理画面に「BackWPUp」が表示されます。一時期、バージョンによっては日本語表示が可能だったのですが、最新バージョンでは日本語表示が出来なくなっています。

日本語化については以下のWebサイト様を参考にしてみてください。

WordPressサイトを丸ごとバックアップできる、便利なプラグイン【BackWPup】。 アップデートで設定画面が英語化されてしまった!? 英語は苦手だし、設定を間違いそう.... 便利なプラグインだけに、困っている人が多いようです。 じゃあ、サクッと日本語化してしまいましょう。

今回は上記対応をしなかった場合の、英語表記のままで進めていきます。

BackWPUpから「Add new job」を選択します。

自動バックアップ

バックアップ名は好きに入れてOKです。チェックについては全て入れましょう。

自動バックアップ

  • Database backup(データベースのバックアップ)
  • File backup(ファイルデータのバックアップ)
  • WordPress XML export(WordPressの全て記事テキストデータの出力)
  • Installed plugins list(プラグインのリスト出力)
  • Check database tables(データベースチェック)

圧縮形式は『Zip』で良いと思います。バックアップ保存先は『Dropbox』にチェックを入れます。

自動バックアップ

Scheduleタブに移動して、『with WordPress cron』にチェック。

自動バックアップ

schedulerで、バックアップを取るタイミングを設定します。

僕は毎日バックアップを取るように設定しました。

自動バックアップ

Dropboxと連携

このタイミングで『Dropbox』をインストールできていない人は、まず先にインストールを行います。下記のリンクから新規アカウントを登録しよう。

下記のリンクからだと、使える容量が初期の2GBから『+500MBも増量』します。

新規アカウントの作成

  • 下記リンクからだと+500MBの容量が増える
  • さらにPCにインストール・お友達を招待することでも容量が増える

Dropbox新規アカウント作成

インストールが完了したら、次のステップへ。

自動バックアップ

『Get Dropbox App auth code』から、認証コードを取得します。『File Deletion』
バックアップしておくファイル数です。

1ヶ月まるごとであれば『30』となります。

自動バックアップ

Get Dropbox App auth codeをクリックして、アカウントを聞かれたらログイン。
すると、下記の画面が表示されるので『許可』をクリック。

自動バックアップ

コードが表示されるので、コピーして「App Access to Dropbox」の空欄に貼り付けます。

自動バックアップ

上記で設定は完了です。

ちゃんと設定できているのかを確かめるため、『Run now』をクリック。

自動バックアップ

100%になればOKです。Dropboxで確認して圧縮ファイルがあれば完了。

自動バックアップ

まとめ

一度バックアップを設定してしまえば、後は安心、ほったらかしで簡単です。

WordPressは何かあってからでは遅いので、まだ設定をしていない人は、早めに設定しておくようにしましょう。