多忙な人ほど珪藻土バスマットがいいよ!一般的なバスマットとの比較

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「9 分」で読めます。

バスマット比較

約半年間、実際に珪藻土バスマットを使ってみて、いろんな利点が見えてきました。

特に、仕事が忙しい人、家事がキライな人にとっては、珪藻土バスマットってホント向いてるよな~って感じるんですよ!

そこで、珪藻土バスマットと一般的な繊維素材のバスマットで、どういう違いがあるのか比較してみました。

珪藻土バスマットと一般的なバスマットで、どちらを購入しようかと悩んでいる人向けの記事になります。

スポンサーリンク

バスマットの「素材」を比較

バスマットの素材

一般的な繊維のバスマットは、なんと言っても「肌触りの良さ」が魅力。

素材はたくさんあって、

  • 綿(コットン)
  • 麻(リネン)
  • ポリエステル
  • アクリル
  • マイクロファイバー
  • ナイロン

さらにループパイプやカットパイルなどの「編み方」によっても気持ちよさが変わります。

購入する場合は、いろんなお店を見て回って、実際に手に取って肌触りを確認したり、たくさんの中からデザインを選んだり…

一般的なバスマットなので、とにかく「選択肢が多すぎる」んですよね。

その点、珪藻土バスマットとなると、素材は「珪藻土」で決まりモノ。

デザインは凝ったものが少なく、ほとんどの商品がフラットの板のようなデザインです。

AngLinkの珪藻土バスマット

僕が使っている珪藻土バスマットも、右下にAngLinkと刻まれている他はフラットです。

掘り込みがあるデザインといえば、数点だけ。

素材が珪藻土やパルプなので、どの商品でも「肌触りがほとんど変わらない」んですよ。

毎日忙しい人は、「週末くらい家でのんびりしたい…」と思うもの。

その点、珪藻土バスマットは肌触りを気にしなくてもいい素材。

繊維のバスマットのように、たくさんのお店を見て回って、いちいち肌触りやデザインを確認する必要はナシ!

WEBサイトで気に入ったものをポチっと注文するだけなので、選択肢が少なくて選びやすいですよね!

バスマットの「清潔さ」を比較!

洗濯

日ごろ、仕事が忙しい人だち…バスマットってちゃんと洗ってますか?

特に、働き盛りの一人暮らしの「男性」!

どちらかというと、男性は家事がめんどうに感じるので、簡単に済ませてしまいますよね。

仕事から疲れて帰ってきたとき、すぐにシャワーを浴びて、ご飯を食べて趣味に没頭したくなりませんか?

洗濯って、二の次!になりがち…。週末だけやる!とかね。

マイナビウーマンで「バスマットの洗濯頻度」について書かれていました。

第1位 「週に1回以上」34.9%
第2位 「毎日」13.7%
第3位 「月に2回以上」13.4%
第4位 「月に1回以上」11.3%
第5位 「週に3回以上」9.6%

(出典:マイナビウーマン│毎日使うバスマットの洗濯頻度「毎日派:ぬれるものは雑菌が気になる」「月1派:水にぬれるだけだから」

濡れモノなのに、毎日洗っている人は「13.7%」しかいないという…。

湿度と温度が高いと、カビや雑菌が大繁殖します。

本来は毎日洗うべきものだろ!

その点、珪藻土バスマットはビックリするくらい吸放湿性が良いので、お風呂上りは壁や専用スタンドにたてかけておくだけ!

珪藻土バスマット

放置するだけですぐに乾く。洗う必要もありません。

(っていうか、珪藻土バスマットは洗えない)

ズボラで面倒くさがりな人でも、壁に立てかけておくだけだから簡単!

しかもカビが繁殖しにくく、清潔で長持ち。

バスマットの「手入れ」を比較!

洗濯

つぎに、お手入れ方法を見てみましょう!

先ほどの「清潔さ」と似ていますが、一般的な繊維のバスマットの場合、お手入れ方法は洗濯ですよね?

そして、洗濯する場合は他の衣類と分けて洗うという人が大半。

つまり、何度も洗濯をしなければいけないし、天候にも左右されてしまう!

毎日洗いたくても、洗剤や水道代・電気代などの「コスト」もかかる…。

一般的なバスマットは、手軽に購入できる分、その後のメンドクサさがあります。

その点、珪藻土バスマットは使用後に立てかけておくだけ!!

万が一、吸水性が落ちてきた場合でも、紙やすりで表面をサッと磨くだけ!!

珪藻土バスマット

僕が買った珪藻土バスマットは半年間使い続けても、1回も吸水性が落ちていません。

つまり、紙やすりの手入れは1年に1回くらいのペースでも問題ないってこと。

(ちなみに、使用人数は僕と妻の2人。たまに愛犬。)

そう考えると、お手入れがスッゴク楽ちん。ほとんど何もしなくていいんですからね!

普段、仕事が忙しい人はとっても助かるバスマットです。イチオシ!!

バスマットの「値段」を比較!

値段

一般的な繊維のバスマットは、500円くらいから、高いもので数万円もするものまでピンキリですね。

3COINSというお店で見ると「300円+税」でも買えてしまう…。

もちろん、「値段相応の価値」というのは言うまでもないですが。

その点は、珪藻土バスマットで見ても同じことが言えますね。

これはAmazonで980円、楽天で950円(2017年9月現在)の商品です。

ただし、安いものだと吸水性が悪く、泥臭いようなニオイがするものもあるそうなので、ここはケチらずに決めたいところ(各商品のレビューを参考)。

僕が買った「AngLinkの珪藻土バスマット」は、Amazonで値引きされて3000円程度で注文できました。

半年使っても全く問題なく使えているし、手入れも一度もしていません!!

これにしておいて良かったと思える商品で、大満足です。

価格については、一般的な繊維のバスマットも珪藻土バスマットも、どちらもケチらないことが大切かな~と思いました!

というのも、どちらもほんとピンキリだからですね。そして、安いには理由がつきもの。

ここは「安物買いの銭失い」にならないよう、注意が必要です。

さいごに

毎日の洗濯が苦にならない人は、肌触りの良い繊維のバスマットがいいかもしれませんね?

僕はもう珪藻土バスマット以外は使えませんが!

今の生活だと、一般的なバスマットを買うメリットが感じられないしなぁ…(˘ω˘)

洗濯の回数が減って、かつ清潔さを保てるんですから、一人暮らしの多忙・ズボラな男性なんかは今すぐに注文すべきと思いますよ!

珪藻土バスマットにするだけで、生活の手間を減らせますから。