珪藻土バスマットを使った僕が、製品を比較しておすすめの品を探すよ

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「6 分」で読めます。

珪藻土バスマット比較

※このページは比較表が大きいため、PC閲覧時はサイドバーを表示していません。

珪藻土バスマットは、いろいろなメーカーが販売しています。

珪藻土の質やデザイン、大きさ、値段、生産国がバラバラで、どの珪藻土バスマットを買うべきか、僕もかなり悩みました…(˘ω˘)

そこで、いろいろな珪藻土バスマットの製品を比較して、どれがおすすめの商品なのかを探してみました。

たくさんある製品の中で、どれを注文しようかと迷っている人向けの記事になります。

…とはいえ、実際にいま僕が使っている商品が、1番のおすすめなんですけど(笑)

スポンサーリンク

珪藻土バスマット比較

計5つの珪藻土バスマットについて、比較表を作成したので見ていきましょう。

商品価格
(2017年9月)
(Amazon)
口コミ
(2017年9月)
(Amazon)
大きさ評価

アイリスオーヤマ

1922円

「ニオイが気になる」
「粉っぽさがある」
幅 :60cm
奥行:39cm
厚さ:0.9cm
★★★☆☆
値段が安くて買いやすい。ただし「ニオイ」に関する口コミが多く、値段相応?の商品。

Snana

2500円

「家族4人でも大丈夫」
「吸収力がいい」
幅 :60cm
奥行:39cm
厚さ:1cm
★★★★★
1万円近い商品が割引された値段になっている(期間限定?)
元が高価なだけに、性能も高い。
ただし、生産国は不明。

AngLink

3099円

「国産に劣る吸水力」
「こまめなメンテナンス」
幅 :60cm
奥行:40cm
厚さ:1cm
★★★★☆
僕のオススメ。実際に使っています。
値段は手ごろで、試しやすい価格なのもいい。
僕の実感では吸水力も問題なく、半年間メンテナンス無しでも満足に使えている。

soil

8100円

「足をおいた時のサラサラ感にビックリ」
「1年以上使っても吸湿性能が落ちませんでした」
幅 :57.5cm
奥行:42.5cm
厚さ:1cm
★★★★☆
安心の日本製。利用者も多く、口コミも良いものが多い。
値段が高めなので、その点がネック。最初にお試しで買うには高価に感じる?

宇部興産建材

5940円

「すぐカビがはえ吸水もしなくなった」
「買って数ヶ月だけど、今はほぼ吸わない」
「期待通りの十分な効果がありました」
幅 :57.5cm
奥行:42.5cm
厚さ:0.95cm
★★★☆☆
購入者が多いものの、水捌けが悪いという口コミが多め。
★5の評価も多いが、当たりはずれが大きい?
彫刻デザインが独特な日本製。

比較のポイント①.価格

珪藻土バスマットは、素材の産地や生産国が違うものの、見た目や大きさはほとんど違いがない商品です。

であれば、「少しでも安い商品が欲しい!」と思いますよね。

ですが、安い商品だと「粉っぽさが気になる」とか「ニオイがくさい」という口コミが目立っています。

また、安い商品は安いなりに吸放湿性も低く、「すぐに吸わなくなった」「磨いても吸収力が戻らない」といった、粗悪感もあります。

ケチらずに3000~5000円出せば、それなりに納得のいく商品が見つかるので、安さにこだわりすぎないのも大切です。

表でみると「Snana」や「AngLink」の珪藻土バスマットは価格が2500~3000円と手ごろで、性能もいいですよ。

比較のポイント②.口コミ

売れている商品は口コミ数が多いです。つまり、口コミ数が多いほど人気の商品ということ。

人気の商品の場合、★の数が多い(評価が高い)口コミが多くなりますが、その時のポイントとして、書き込みの内容を信じ込まないようにすること。

商品を良く見せるため、「ウソの評価」も多いからです。

口コミの中で特に注意して見るべきなのは、★の数が少ない(評価が低い)口コミです。

この口コミは商品に「納得がいかない」「不満だ」と感じている人が書いた、率直な意見であることが多いです。

例えば、全く同じ商品でも「当たり・ハズレ」ってありますよね?珪藻土バスマットで言えば、「吸水力がない」「すぐに割れた」「1ヶ月もたない」など…

こういうハズレ商品もあるんだな…ということを知っておくためにも、評価の低い口コミをしっかりと目を通しておきましょう。

口コミの評価が良かったのは「Snana」と「soil」の珪藻土バスマットですね。

soil」の方は購入者が多いので、評価の高い口コミが多いです。★3~★1の評価もじっくりと目を通しておくといいですよ!

比較のポイント③.大きさ

珪藻土バスマットの大きさ

珪藻土バスマットの大きさは、どのメーカーも大体同じです。

幅:60cm×奥行:40cm×厚さ:1cm

僕が使っているAnglinkの珪藻土バスマットが、まさにこの大きさ。一般的なサイズで、使っていても特に問題を感じない大きさですね。

ご自宅の浴室周りの広さから、「もう少し小さいのがいいな」という人もいると思います。

この商品は大きさが「幅:41cm×奥行:29cm×厚さ:0.95cm」と小さめ。

自分の足のサイズとも相談が必要ですが、小さめがいい人は検討してみてくださいね!

男性の場合だと、結構ギリギリの大きさに感じますね~。体が収まったとしても、周りがビチャビチャになりそうなイメージがあります…。

さいごに

2017年9月時点の総評として、「Snana」と「Anglink」をオススメします。

Snana」は期間限定かわかりませんが、Amazonで値下がっていてお買い得なところと、評価がすごく高いこと。

Anglink」は今も僕が使っていて、何一つ問題を感じていないこと。

悩んだ場合は、この2つのどちらかからスタートしてみるのも良いと思います!

お値段も手ごろな2品ですし(´ω`)