毎日の『働く』を、ちょっと楽しく。

1日の仕事がちょっとだけ楽しいものに変わったら、人生はもっと豊かになる。

【2018年】夢を叶える『引き寄せの法則』おすすめの本ランキング

スポンサーリンク

引き寄せの法則

自分の夢を叶える方法の1つとして語られる『引き寄せの法則』。その本質は「自分の発する言葉や感情が人生を作る」というものですが、書籍によって表現は様々です。

「引き寄せの法則」についての本を実際に4冊ほど読みましたが、シックリくる(わかりやすい)ものもあれば、腑に落ちない(わかりにくい)ものもあり、それぞれ特徴があります。

そこで今回は、実際に読んだ本4冊について、読みやすくわかりやすい順にランキングにして紹介していきます。

スポンサーリンク

『引き寄せの法則』おすすめの本 ランキング

僕が「引き寄せの法則」を学ぶにあたり、重視したのは「読みやすさ」「わかりやすさ」だ。特に有名ドコロの本は押さえておこうという思いから、ベストセラー本にも手を出している。

  • 思考は現実化する
  • ザ・シークレット
  • 引き寄せの法則(エイブラハムとの対話)
  • 借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ
  • 引き寄せの法則 虎の巻(2018/01/26更新)

上記の5冊について、ランキング方式で紹介していきたい。

 

5位:思考は現実化する

1937年の刊行から80年を超えて読まれ、世界1億部突破の名著。今では文庫本、マンガ、図解版など様々な形で書籍化されている。

上記で紹介したのは文庫版で、本来分厚い1冊を上下巻の2冊に分けて販売している。通勤カバンに入れやすく、電車や地下鉄で読みやすい大きさだ。

 

内容は「神秘性」よりも「具体性」を重視しており、ページ数はかなり多い。普段本を読まない人にとっては、途中で苦痛になること間違い無し…。

所々に出てくる「ナポレオン・ヒル・プログラム」への誘導がしつこく、もとが洋書なために和訳が微妙な部分も多い。(自己暗示のことを「深層自己説得」と難解にしたり)

しかし、具体的な行動についてわかりやすく書かれており、引き寄せの法則の基本的な部分もしっかり網羅されている。

チェックポイント

  • 具体的な方法を知り、すぐ行動に移りたい人向け
  • ページ数が多いため、読書が苦手な人は「マンガ版」がおすすめ
  • 自己啓発の古典名著なので、一度くらいは読んでおきたい

 

4位:引き寄せの法則(エイブラハムとの対話)

「引き寄せの法則」の本で5本の指に入るであろう名著。日本語に訳されているため、難解かつ意味がわかりづらい箇所があるが、一読しておきたい本だ。

実際にこの本を読んで劇的に引き寄せが上達するような内容ではなく、「引き寄せとはこういうものだ」ということを説明してくれている。

 

サラッと読めてしまうというよりは、何度も熟読しないと内容を把握しきれない(理解しきれない)ようなところが多く、「許容し可能にする術」といったような、読んでも「?」となる部分もある。熟読を重ねていくうちに、徐々に身にしみてくる一冊だ。

チェックポイント

  • エイブラハムはシリーズが多い(Amazon検索結果をみる ⇒
  • キッパリと「答え」が書かれている点が魅力
  • チャネリングの表現があるので、多少の胡散臭さがある

 

3位:ザ・シークレット

こちらも「引き寄せの法則」の本で5本の指に入るであろう名著で、引き寄せ本といえば「コレ」という一冊だ。引き寄せのエッセンスが詰まっており、洋書だが読みやすく、何度も読みたくなる。引き寄せを始めるにあたり、最初の一冊目として読んでも十分楽しめる内容だ。

 

わかり易さで言えば断然DVDの方がいい。基本的な内容は本と同じだが、映像と音声が頭に残るので、よりインプットされやすいからだ。本より映像が好きな人には、特にDVDをおすすめする。(本を読んだあと、DVDを読むとかなりシックリくる)

本には付箋を貼り映像も何度も繰り返し見たが、ワクワクするような内容で飽きがこない。

チェックポイント

  • 30人近い人物が登場し、代わる代わる話をするスタイル
  • 淡々と文章が続く感じではないので、飽きがこない
  • 引き寄せの法則の基礎がわかる

 

2位:引き寄せの法則 虎の巻

2018/01/26現在はKindleでしか手に入らない。引き寄せの法則がどのようなものか、普段からどう過ごしていくべきかがハッキリわかる、読みやすくわかりやすい一冊だ。

本当はこちらも「1位」にしたいくらいの名著だが…、こちらの本はタイトルの通り「うまくいかない人のための」本となっているため、引き寄せの基本はわかってるんだけど、上手くいかない人が読むべき内容となっている点で、内容の濃さの面で「2位」とした。

逆に、基礎がわかっているならもう他の本は読まず、この本で引き寄せの練習をすべし。

 

とにかく「頭の中でイメージを描くことが大切」と説いており、イメージが上手く描けない人への指導が細かく書かれていて、「なるほどな」と同感できる点が多かった。

チェックポイント

  • 500円程度という安さだが、内容はわかりやすく読みやすい
  • 巻末にアファメーション例文が160個も掲載されている
  • 基礎がわかっている人向けの、引き寄せ難民に最適

 

1位:超うまくいく口ぐせ

4位~2位までの引き寄せの法則の本を読んだ後、最後にこの本を読んで一番わかりやすく、読みやすく、頭にスッと入ってくる感じがあった引き寄せ本の名著だ。

著者が日本人ということもあり、ユーモアや文章の書かれ方が日本人好みで理解しやすく、難しい説明が一切ないため、一気に最後まで読み進められる本となっている。

 

内容は実践しやすいものばかりで、読んでいて楽しく、マンガのように何度も本を開きたくなる。そうするうちに、どんどん引き寄せの法則が頭の中に入っていく感じだ。

どれも甲乙つけがたい内容だが、「引き寄せの法則 虎の巻」と「超うまくいく口ぐせ」の2冊があれば、大概のことはわかってくると思う。

チェックポイント

  • とにかく読みやすい、わかりやすい、楽しい
  • 難しい内容ではないので、本が苦手な人でも一気に読めてしまう
  • ザ・シークレットのような堅苦しい本と、本質は大差ない

 

まとめ

「引き寄せの法則」を知り、本を読み漁って数年。転職して年収が大幅にUPしたり、結婚したり、広い家に引っ越ししたり、副収入を得られたり…良いことがたくさんあったように感じます。

もちろん悪いこともたくさんありましたが、引き寄せを知ってから夢が叶うスピードは加速されたように思います。興味のある人はぜひランキングを参考に、まず1冊を用意してみてください。

願望がイマイチ見えてこない人は、『【やりたいことリスト100】自分の夢・やりたいことを叶える方法!』を参考に「やりたいことリスト」を作ってみると楽しいですよ。

【やりたいことリスト100】自分の夢・やりたいことを叶える方法!

ぜひ活用してみてください。

本と雑貨
スポンサーリンク
おやじ手帳をフォロー
スポンサーリンク

オススメの関連記事

『おやじ手帳』