【二日酔い予防】お酒を飲む前・宴会中・飲んだ後にするべき対策とは

この記事をシェアする

この記事は約 「6 分」で読めます。

二日酔い徹底対策!

会社の宴会や接待では無理にお酒をすすめられるシーンがよくありますよね?そんな時でも、できる限り「二日酔い」にならないように、お酒とは上手に付き合いたいもの…。

そこで今回は、二日酔いになりづらくする「お酒を飲む前にできる予防」「お酒を飲んだ後にできる対策」について紹介していきます!

『お酒を飲む前』の二日酔い対策

①.先に少し食べる!

二日酔い対策

胃に少しでも物を入れておくと、お酒を飲んだときのアルコール吸収スピードを穏やかにすることができます。

急に酔ったり体調を崩しやすい体質の人は、少し食べてから行きましょう!

…とはいえ、会社の宴会は大抵の場合は食事付き。

宴会の前に食べてしまって、せっかくの美味しいコース料理が楽しめないと、それもつまらないですよね?

宴会前に食べる量は「少なくてもOK」です。

  • おにぎり(梅)
  • ナッツ系のお菓子(脂肪分があるもの)
  • サラダ(ドレッシングで脂肪分をとる)
  • 乳製品(タンパク質)

おにぎり

おにぎりの具材は「梅」!

クエン酸を摂ると肝機能が促進するので、酔いが回りにくくなります。

また、ナッツ系のお菓子やサラダのドレッシングなど、脂肪分を摂ることでアルコールの吸収が穏やかになります。

そして乳製品のタンパク質。これは、消化に時間がかかるヨーグルトや牛乳、チーズなどがオススメ!

乳製品の消化に時間をかけるため、アルコールが胃で吸収されにくく、タンパク質と一緒にゆっくりと小腸で吸収されていきます。

②.水分を補給する!

飲み物を飲む

乾杯で飲む最初のビールって、ほんと美味しいですよね!

なので、その1杯をより美味しく飲むために、宴会前の水分を控えてしまう人もいるんじゃないかな?と思います。

ですが、アルコールの「利尿作用」でトイレが近くなってしまうため、体から水分が排出されやすく、脱水状態になりやすくなってしまいます。

脱水症状は、二日酔いの原因になるため、宴会前に水分をちゃんと摂って、脱水状態にならないように注意しましょう!

『お酒を飲んでいる最中』の二日酔い対策

飲んでる最中の二日酔い対策

飲み会・宴会中の対策としては、その時に食べる料理やおつまみで、二日酔いになりにくいもを食べましょう!

具体的には、次のような食べ物が二日酔い予防になります。

  • 【お水】ミネラルウォーター(脱水を防ぐ)
  • 【枝豆】枝豆の塩ゆで
  • 【豆腐】揚げ出し豆腐、冷ややっこ
  • 【鶏肉】鶏の唐揚げ、焼き鳥
  • 【チーズ】グラタン、ピザ
  • 【大根】大根サラダ、しらすおろし
  • 【アサリ】アサリの酒蒸し、あさりバター
  • 【汁物】お鍋、みそ汁

コースが決まっていない場合は、このような料理を進んで食べるといいですよ!

しかし、宴会コースとなると料理がすでに決まっているので、二日酔い対策のできる料理を食べられないことも考えられます。

そんなときは、あらかじめ宴会のメニューを確認しておいて、食前や食後にウコンドリンクやウコンの顆粒を飲むとかなり違いますよ。

僕のオススメは『顆粒』の方!職場に一つ置いておくと、ホント重宝しますね~。

チェックポイント

  • ドリンクよりも安い
  • まとめ買いできて、職場の机の引き出しやカバンにしまっておける
  • 水なしでいつでも簡単に飲める手軽さ
  • 接待中もポケットにスッと忍ばせてトイレのついでに飲める

『お酒を飲んだ後』の二日酔い対策

タバコは重病のリスク

宴会や飲み会が終わって、寝る前にできる二日酔い対策もあります!

…ちなみに、この段階ですでに体調が悪い場合は寝る前にモノを吐いたほうがラク。

吐くことが「悪いこと」と考えがちですが、そんなことはないです。

『体調を早く整えるために必要な行動』ということを覚えておきましょう!

①.寝る前に必ず水分をたくさん摂る!

最低でもコップ1杯、できれば2杯くらいの水分を摂りましょう。そのとき、スポーツドリンクがあればなお良し!です。

スポーツドリンクには「ナトリウムイオン」が含まれていて、体内に水分を保持させる能力に優れているからです。

また、寝ている間も肝臓はアルコールの分解で頑張っているため、朝起きたときに「低血糖症」になりがち。

スポーツドリンクには糖分も含まれているので、こういった症状の対策にもなります。

この時はカロリーオフ系のではなく、一般的なスポーツドリンクを飲むようにしましょう!

睡眠時間もタップリとる!

水分をたっぷり摂ったら、その後の睡眠時間もタップリとりましょう。

お酒を飲んだ次の日、朝起きるのがツラくて…という人が多いと思います。

それは、寝ている間にも体はアルコールの分解を頑張っていて、体の疲れが取れていない、いわゆる「睡眠不足」状態による体調不良の状態です。

翌日ゆっくりと休めるのであればいいですが、翌朝も早く起きなければいけないときは、少しでも早く寝るようにしましょう。

しじみ・あさりの味噌汁を飲む!

「しじみ」や「あさり」には、二日酔い対策に効果のある「タウリン」「オルニチン」が含まれています。

胆汁の排泄を促進して、肝臓の機能を活発にしてくれますし、アセトアルデヒドの分解効果よりも疲労回復効果にも優れているので、寝る前に食べるのがオススメですね。

また、「グルタミン」などのアミノ酸は血中アルコール濃度を低下し、体内にアルコールが留まる時間を短くします。

できれば翌朝にもしじみの味噌汁を飲みたいですね!

サプリメントを飲む!

Lシステイン

ハイチオールCなどで知られる「Lシステイン」は、肝臓の毒素や老廃物の排除、代謝を促進して二日酔いを予防する働きがあります。

Lシステイン

ハイチオールCよりも安く、まとめ買いしやすい「ネオビタホワイトプラス」がオススメ!

チェックポイント

  • シミ・そばかすに効果のある商品なので美容にもいい
  • 毎日でも飲める
  • 有名ブランド品よりも値段が安く、まとめ買いで常備しやすい

ヘパリーゼ

ヘパリーゼはドリンクタイプもあるんですが、錠剤タイプのヘパリーゼをオススメします。

チェックポイント

  • ウコン顆粒と同様に、錠剤の方が安い
  • まとめ買いしやすい
  • しじみの味噌汁やスポーツドリンクを飲むので錠剤の方が飲みやすい

まとめ

二日酔いは、対策さえしっかりしておけば、いつものお酒をもっと楽しめるようになります。

食前、食事中、食後の3つでしっかり予防して、楽しい宴会・飲み会を過ごしてくださいね。