二日酔いを徹底対策!二日酔いの原因とお酒を飲む前・飲んだ後の予防

シェアする

この記事は約 「15 分」で読めます。

二日酔い徹底対策!

友達や仕事の同僚と居酒屋に行ったり、会社の行事や接待で「お酒」を飲む機会って多いですよね?お酒が好きな人は、毎晩のように晩酌する人もいるほど。

できれば、どんな時でも二日酔いにならないように、上手にお酒を飲みたいですよねー?

「私が飲めるお酒の量は、このくらい!」というのを、自分がしっかりと把握しておけばいいんですけど、お酒に酔ってしまうと気持ちが大きくなって、お酒の量もついつい多くなってしまいがちに…。

翌日、起きて二日酔いになったところで、また反省会が始まるワケです(´ω`)

みんな、そんなモンですよね~。

そこで!二日酔いにならないようにするために、お酒を飲む前にできる予防と、お酒を飲んだ後にできる対策について調べてみることにしました。

どうしてお酒に酔ってしまうのか、その原因についても紹介していますよ。

お酒で酔う原因と二日酔い

お酒で酔う原因

人はお酒を飲んだとき、顔が赤くなったり、鼓動が早くなったり、気分が良くなって態度が大きくなったり、フラフラしたり…色々な変化が出てきますよね?

このことを、一般的には「お酒に酔っている」と言います。

お酒に酔った状態とは?

お酒の中に入っている成分で、よく知られているのが「アルコール」です。

アルコールには「脳を麻痺させる働き」を持っていて、脳が麻痺した状態のことを「酔い」と呼んでいます。

お酒を飲んだときにフラフラしたり、呂律(ろれつ)が回らなくなったりするのも、この脳の麻痺によるもの。

その一方で、人の体内ではアルコールを分解しますが、そのときに「アセトアルデヒド」という有毒物質が生成されます。

これが体の中に溜まっていくと、心拍数の増加や嘔吐、皮膚の紅潮につながっていきます。

この、アルコールによる脳の麻痺と、アセトアルデヒドによる体の状態を合わせたのが、世間でいうところの「お酒に酔った状態」です。

アセトアルデヒドの酔いは体質による

お酒を飲んだとき、体が紅潮しない人や、心拍数に変化が少ない人もいます。

アルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)によって分解されて、アセトアルデヒドが生成されます。

この酵素の働きは人それぞれ違って、この働きが弱い人はアルコールの分解がなかなか進まないため、アセトアルデヒドがなかなか生成されません。

実際にはアルコールの分解が遅いんですが、顔や体が赤くなりにくいために「私はお酒に強いんだ!」と誤った判断をしがちですよね?

体に反応が出にくい人は、アルコールの分解が遅いことから、お酒が抜けにくい人でもあります。

翌日になっても体がお酒臭い…という人は、このタイプの可能性がありますよ。

お酒の酔いレベル

お酒の酔いレベル

お酒って、飲み始めたときはすごく楽しいし美味しいんですけど、飲みすぎるとどんどん体調が悪化していきますよね?

お酒の酔いレベルは、血液中のアルコール濃度によって、全部で6段階に分けられています。

お酒は飲みすぎると命の危険さえあります。

お酒の飲めない人には無理に飲ませないようにして、楽しく過ごしましょう(´ω`)

二日酔いの原因

お酒を飲むとアセトアルデヒドが生成されますが、このアセトアルデヒドによって、体内にいろいろな障害が発生したことによる後遺症が「二日酔い」であると考えられています。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、最終的には水と二酸化炭素となって排出されますが、飲み過ぎで肝臓の分解能力をオーバーすると、アセトアルデヒドがいつまでも体内に残って悪さを続けます。

そのアセトアルデヒド(毒素)が、二日酔いの引き金になるわけです。

アセトアルデヒドを分解する能力は、遺伝的な個人差が大きく、少し飲んだだけで顔や体が赤くなってしまう人もいれば、変化が現れない人もいます。

「体に現れないから」とお酒を強要する人が多く、特に会社の上司など立場的に上の人ほど、無理やり部下に飲ませようとします。

お酒は節度を守って楽しく飲まないと、大切な部下に逃げられちゃいますよー?(´ω`)

「イッキ!イッキ!」とあおって、飲んだ人が急性アルコール中毒で倒れた場合は、傷害事件の犯人として扱われたり、損害賠償請求裁判の被告になる可能性もあるんです。

場の盛り上げもほどほどに、無理に飲ませるようなことはやめましょう。

二日酔いを防ぐための予防対策

二日酔い対策

お酒を楽しく飲んだ翌日は、スッキリした朝を迎えたいですよね?

では、お酒を飲むときにどんな点に注意すれば「二日酔い」を軽減できるのでしょうか。

お酒を飲む前、飲んでいる最中、飲み終わった後の3パターンを見ていきましょう。

「お酒を飲む前」の二日酔い対策

空きっ腹にお酒は厳禁!と聞いたことがありませんか?

これは、胃の中に消化物がないと、アルコールが急速に吸収されてしまうためです。

では、具体的にどんな対策がいいでしょうか?

できれば乾杯の前に少し食べる

胃の中に少しでも食べ物が入れば、お酒を飲んだときのアルコール吸収スピードを穏やかにすることができます。

これだけでも、急に酔ったり具合を崩したりしにくくなりますよ。

ですが、会社の宴会は大抵の場合は「食事付き」です。

宴会の前に食べてしまって、せっかくの美味しいコース料理が楽しめないと、それもつまらないですよね?

ですので、宴会前に食べる量は、少なくてもOKです。

例えば、

  • おにぎり(梅)
  • ナッツ系のお菓子(脂肪分があるもの)
  • サラダ(ドレッシングで脂肪分をとる)
  • 乳製品(タンパク質)

おにぎり

おにぎりの具材は、「梅」にしましょう。

クエン酸を摂ると肝機能が促進するので、酔いが回りにくくなりますよ。

また、ナッツ系のお菓子や、サラダのドレッシングなど、脂肪分を摂ってあげることで、アルコールの吸収を穏やかにしてくれます。

そして、乳製品のタンパク質。

これは、消化に時間がかかるヨーグルトや牛乳、チーズなどがオススメです。

たまに、「乳製品で胃に膜を作る」とか「乳製品の膜はお酒で流されるから意味がない」との解説を見ますが、そもそも乳製品を摂るというのは、「膜」の視点ではありません。

「吸収速度の面からみて、乳製品は有効ですよ」という意味です。

お酒の前に水分補給をする

宴会が始まって、乾杯で飲む最初のビールって、ほんと美味しいですよね(´ω`)

なので、その1杯をより美味しく飲むために、宴会前の水分を控えてしまう人もいるんじゃないかな?と思います。

ですが、アルコールには「利尿作用」があって、トイレが近くなってしまうため、体から水分が排出されやすく、脱水状態になります。

そして、脱水症状は、二日酔いの原因にもなってしまいます。

宴会前に水分をちゃんと摂って、脱水状態にならないようにしましょう。

「お酒を飲んでいる最中」の二日酔い対策

飲んでる最中の二日酔い対策

飲み会・宴会中の対策としては、その時に食べる料理やおつまみで、二日酔いになりにくいもを食べましょう!というもの。

具体的には、次のような食べ物が二日酔い予防になります。

  • 【お水】ミネラルウォーター(脱水を防ぐ)
  • 【枝豆】枝豆の塩ゆで
  • 【豆腐】揚げ出し豆腐、冷ややっこ
  • 【鶏肉】鶏の唐揚げ、焼き鳥
  • 【チーズ】グラタン、ピザ
  • 【大根】大根サラダ、しらすおろし
  • 【アサリ】アサリの酒蒸し、あさりバター
  • 【汁物】お鍋、みそ汁

しかし、宴会ともなると、コースで料理が決まっているので、このような料理を食べられないことも考えられますよね?

そんなときは、あらかじめ宴会のメニューを確認しておいて、食前や食後に「ウコン」のドリンクやサプリメントを飲むようにすると、かなり違いますよ(´ω`)

「お酒を飲んだ後」の二日酔い対策

宴会や食事が終わって、寝る前までにできる二日酔い対策もあります。

この段階ですでに体調が良くない場合、寝る前に胃の中のモノを吐いたほうがラクです。

吐くことが「悪いこと」と考えがちですが、そんなことはないです。

体調を早く整えるために、必要な行動なんだということは覚えておきましょうね。

寝る前に必ず水分をたくさん摂る

最低でもコップ1杯、できれば2杯くらいの水分を摂りましょう。

そのとき、スポーツドリンクがあればなお良し!です。

スポーツドリンクには「ナトリウムイオン」が含まれていて、体内に水分を保持させる能力に優れているからです。

また、寝ている間も肝臓はアルコールの分解で頑張っているため、朝起きたときに「低血糖症」になりがちです。

スポーツドリンクには糖分も含まれているので、こういった症状の対策にもなります。

カロリーオフ系のではなく、一般的なスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

睡眠時間もタップリとる

水分をたっぷり摂ったら、その後の睡眠時間もタップリとりましょう。

お酒を飲んだ次の日、朝起きるのがツラくて…という人が多いと思います。

それは、寝ている間にも体はアルコールの分解を頑張っていて、体の疲れが取れていない、いわゆる「睡眠不足」状態による体調不良の状態です。

翌日ゆっくりと休めるのであればいいですが、翌朝も早く起きなければいけないときは、少しでも早く寝るようにしましょう。

しじみ・あさりの味噌汁を飲む

「しじみ」や「あさり」には、二日酔い対策に効果のある「タウリン」「オルニチン」が含まれています。

胆汁の排泄を促進して、肝臓の機能を活発にしてくれますし、アセトアルデヒドの分解効果よりも疲労回復効果にも優れているので、寝る前に食べるのがオススメですね。

また、「グルタミン」などのアミノ酸は血中アルコール濃度を低下し、体内にアルコールが留まる時間を短くします。

できれば翌朝にもしじみの味噌汁を飲みたいですね!

サプリメントを飲む

二日酔い対策として効果の高いサプリメントやドリンクは、今やたくさんの種類が出ていて、どれを飲めばいいのか迷うほどですよね?

そこで、二日酔い対策で効果のある商品をいくつかご紹介します。

Lシステイン

ハイチオールCなどで知られる「Lシステイン」は、肝臓の毒素や老廃物の排除、代謝を促進して二日酔いを予防する働きがあります。

Lシステイン

ハイチオールCよりも安価で、まとめ買いしやすい「ネオビタホワイトプラス」です。

これは毎晩、寝る前に飲んでいます。

本来はシミ・そばかすに効果のある商品なので、美容にもいいですよ!

ヘパリーゼ

ヘパリーゼはドリンクタイプもあるんですが、僕は錠剤タイプのヘパリーゼを愛用していますよ。

というのも、お酒を飲んだ日の寝る前は、しじみの味噌汁を飲んだり、スポーツドリンクを飲む習慣があるので、水分は満たされているんですよ(笑)

そこでさらにドリンクタイプを飲む気にはならないので…。これはスポーツドリンクを飲むときに一緒に飲んでいます。

ウコンのサプリメント

ウコン系も、サプリメントやドリンクなどの商品が多くて迷ってしまいますよね?

コンビニで手軽に買える「ウコンドリンク」でもいいんですが、同じウコンを飲むなら少しでも効果の高いものがいいなぁ…と思うようになって、「秋ウコンホワイト」を見つけました。

毎日スッキリ!「秋ウコンホワイト」の効果とは?>>

サプリメントなので、宴会中でも飲める手軽さが便利なんですよ。

クルクミン量が一番豊富な「秋ウコン」に的を絞っているところも魅力的!(´ω`)

さいごに

二日酔いは、対策さえしっかりしておけば、いつものお酒をもっと楽しめるようになります。

僕は日本酒が大好きですが、アルコールがキツイんですよね。

なので、必ずお水を一緒に飲んだりして、いつも工夫していますよ(´ω`)

食前、食事中、食後の3つでしっかり予防して、楽しい宴会・飲み会を過ごしてくださいね。