【眠気解消】勉強や仕事の眠気覚ましに効くたった1つの方法

シェアする

この記事は約 「11 分」で読めます。

ねむい 眠気

勉強中や仕事中に、急な眠気でウトウト…ってなるときがありますよね?

しかも、それが睡眠不足ならまだわかるんですけど、ちゃんと睡眠が足りているハズなのに。

私も「勉強が苦手!」と思っていたときは、眠気がとってもつらかったですよ(˘ω˘)

疲れて集中力が低下したときは特に…

気付いたら寝てしまって、あわてて飛び起きていました。

自己嫌悪はすごいし、目が覚めて時計を見たときの「心臓のドキドキ」ったらたまんない。

「今はまだ勉強中、寝てられない!」という大切なときに、とても有効な「眠気撃退方法」とはどのような方法でしょうか?

これは、実際に私が国家試験を受けたときにやっていた方法です(´ω`)

スポンサーリンク

仕事中や勉強中の眠気

夜しっかり寝ているし、お昼はちゃんと仮眠も取ってるのに、なんで眠いの!?

いったい、あの眠気はどこから来るのでしょう?

その眠気の理由は、大きく「2つ」あります。

ねむい理由①.生物学的な眠気

眠くなるメカニズム

人が「眠くなる」にはメカニズムがあって、大きな括りでみると

  • 疲れたからねむい
  • 夜になったからねむい

このシンプルな2つです。

仕事や勉強で疲れてクタクタ、満足に寝ることも出来ず…。

その眠気を感じたまま、徹夜で次の日も仕事や勉強をする…。

徹夜した日は、眠気で頭が動かず、いつも通りの成果が出ませんよね?

そうならないために、体は自然と「疲れた=寝よう」と行動に移すわけです。

また、もう1つの「夜になったからねむい」というのは、体内時計が関係しています。

「生物学的に眠くなる時間」というのがあるので、これは勝手に起こる眠気ですね。

この「生物学的な眠気」については、きちんと規則正しく生活を送っていないと、日中に眠気を感じたり夜中にバッチリ目が覚めたりしてしまうんです。

ねむい理由②.難しい・興味がない

興味がない

これこそが、おもに勉強中や仕事中にくる眠気の理由です。

勉強中に、めちゃくちゃ難しい問題をなんとか理解しようとして全っ然わからないときや、もともと興味がない科目って、すごく強いストレスを感じますよね?

そのストレスが、結果として眠気を引き起こしています。

勉強が理解できない、テストの点数も悪い、結果として、勉強に全く興味が持てない!

…そりゃあ眠気だって感じますよねー?( ˘ω˘)ワカリマスヨ

「ねむい」を解消!眠気と戦うたった1つの方法

それでは、具体的にはどうやって眠気を解消したらいいと思いますか?

それは、「難しい」「興味ない」という根本を解決してあげる他ないと思いませんか?

「眠気」を感じるものに興味を持つ!

興味をもつ

どんなにカフェインやエナジードリンク、ツボ押しやその他グッズに頼ろうとも、ココができていないと、どんな方法でもいつまでも眠気の解消はできません。

眠気にはカフェインが良い!と言いますが、実際やってもまったく眠気が取れていない…。

そんな経験、みなさんにもあるハズ。

眠気がわいてくるなら、実はまず「興味を持つこと」が大切なんですよ。

小テストや問題集で「いい点数を取れる」ようにする!

いつも悪い点数しか取れない科目や苦手な分野って、勉強する意欲がなくなるんですよね。

「どうせいい点なんか取れっこない」

消極的になって、その科目はどんどん苦手意識が強くなって、勉強がつらくなって…。

悪循環の結果、この科目はどうでもいい!となるわけです。

そうなると、絶対に眠気がわいてくる。

そこで、どうすればよいか。

学校の試験とか資格を取るのための勉強って、「勉強をする範囲」があらかじめ決まっていますよね?

「過去問題集」「計算ドリル」「参考書」というものが必ずあるんですよ。

それを上手に使って、ひたすら「いい点数を取る」ことに取り組む!のです。

最初は問題が難しいし、0点ばっかりかもしれない。

でも、何度も何度も繰り返していくのが大切ですよ。

繰り返し勉強する

過去問題や小テストでいい点数を取れると「俺、やればできるじゃん!」という前向きな考えになっていきます。コレ本当に。

そのポジティブな気持ちが「もう少し勉強してみるかな」という気持ちにさせてくれるんですよね。

こうすることで、前回よりももっといい点数が取れるようになって、少しずつ興味が持てるようになるんです。

こうなれば、眠気も徐々に感じにくくなりますよ。

苦手なものに取り組むと、眠気を感じるもの。少しでも得意になってあげる事が、最高の眠気覚ましなんですよ。

本番で「できた!」と喜ぶ自分を想像する!

良い点を取った!

小テストや過去問題集で、最初は0点だったとして、少しずついい点が取れるようになると、不思議と興味もわいてきます。

興味がわかないまでも、苦手意識や抵抗感はガッツリ減ってるハズ。

そこまでになったら、「本番でもいい点数」が取れていることを、イメージトレーニングしよう!

例えば、資格試験だったら「合格証を持って喜ぶイメージ」を。

学校の試験だったら、「完ぺきな点数の答案用紙をみてニヤつくイメージ」を。

小テストや過去問題集というのは、繰り返せば絶対覚えるし、絶対にいい点数が取れます。

そして、基本的に試験というのは過去問題があって、それに類似したものが出るんです。

つまり、ここまでイメージができていれば、苦手意識は克服できたも同然だし、試験の合格にもかなり近づいているハズなんですよ(´ω`)

…もうすでに、眠気もおこらないほど、その科目が得意になっているはずです。

わからない、興味が持てない、だから眠気を感じるんです。

興味を持ってあげることが、何より大切なんですよね。

日頃の睡眠も大切にしよう

肉体疲労を抱えたままだったり、長い時間勉強や仕事をがんばって集中力が切れてしまうと、どうしても眠気を感じてダラケてしまうもの。

途中でとる15~20分の仮眠は脳をシャキッ!とさせて、リフレッシュする効果があります。

たまには眠気に身を任せて、思い切って短時間休憩をとる!という方法も効果的。

ただし、30分以上の仮眠にならないようにするなど注意も必要なので、ぜひ下記の記事を一読してください。

関連記事

午後から襲ってくる睡魔、もう怖くないかも。 ビジネスマンに欠かせないお昼休みという大切な休憩時間。限られている時間なので、効率よく仮眠をとって午後からの仕事に効率的に馬力...

また、眠気って本当に奥が深いもので、自分では「しっかりと睡眠を取ってる!」と感じていても、「それなのに、昼間の眠気がひどいんです…」という人がいます。

勉強や仕事でねむい

私は「あなたの人生を変える睡眠の法則」というベストセラー本を読んで、日常生活に取り入れる工夫をしていますよ!

  1. 朝5分の「光の法則」
  2. 昼5分の「負債の法則」
  3. 夕方5分の「体温の法則」

という、大きく3つの行動によって、「睡眠の質を向上」させる方法が書かれています。

これらを生活に取り入れると、昼間の眠気を感じにくくなっていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね(´ω`)

夜更かし大好き!夜食大好き!ベッドでスマホ大好き!

…これじゃ、どんなに勉強を好きになったって、いつまでも眠気は取れません。

「でも好きなんだもん!」という人は、せめて睡眠の質を少しでも高めましょう。

爆睡できるサプリメントを飲もう!>>

  • 薬じゃなくてサプリメントだから安心
  • 睡眠導入薬のような朝のフラフラがない
  • 睡眠以外にもストレスに効くサプリもある
  • 薬で眠らせるのではなく、体質改善を行う

私は最近でいえば「引っ越し」をしたんですけど、ベッドもマットレスも変えてしまったので、睡眠が浅くてツラかったんですよ。

そういうときも役立ちますし、1日のコンディションを整えるためにも役立ちますよ。

寝付きが悪い、夜更かし大好きっ子はぜひ。

さいごに

カフェインや栄養ドリンクに頼る、他の眠気覚ましグッズに頼るといった方法をしても、眠気に対する根本が解決していない対処法というのは、結局はその場しのぎです。

ある特定の授業や勉強の時に必ず栄養ドリンクを飲むような、おかしな習慣を身に付けてしまうと体調を崩してしまいます。

眠気解消は興味をもって臨む事、これが1番の眠気覚ましです。もちろん、そこに行きつくまでの途中でつらい時には、上記のようなドリンクやグッズに頼るのも良いと思います!

ですが、ずっとそれに頼るのは間違った解消法です。是非、自分の内面から「今ねむい」に立ち向かってみてください。