この会社もう駄目だ!僕が仕事を辞めると決め転職に至った7つの理由

この記事をシェアする

この記事は約 「6 分」で読めます。

仕事を辞める理由

今の会社の処遇が悪い、人間関係で悩んでいる、仕事の内容が自分と合わない…

「もうこの会社、辞めようかな?」と悩んでいる人は、とても多いと思います。

僕は人生で4回の転職を経験していますが、4回という回数から見ても分かるとおり、自分の納得いく会社って、なかなか巡り合えないもの(˘ω˘)

そこで、僕が「この会社もう駄目だ…」もう仕事を辞める!そう決めた理由について紹介しますね。

共感できた人は、ぜひ転職を視野に入れてみてください。

スポンサーリンク

辞めた理由①.給料が少ない

ムダにお金がかかる

やっぱりコレは仕事を辞める理由の「トップ」ですね。

1回目の退職時は、正社員で手取り13万円で約5年間過ごしました。深夜までガッツリ残業しても最高で17万円。昇給無し!ボーナス5000円!(あほか!)

2回目の退職時は良かったのですが…。

3回目の退職時は、手取り20万円で約1年間過ごしました。深夜残業、徹夜は当たり前でしたが、全てサービス残業!昇給無し!ボーナス無し!福利厚生無し!

4回目の退職時は、手取り13万円~16万円で約4年間過ごしました。経営が傾き、残業しても残業代はカット…ボーナス無し!福利厚生無し!

4回目の退職時は、36歳でした。36歳で16万円て、なかなか凄まじいですよね。

頂くお給料が少なければ、結婚も子作りも難しくなるし、老後の資金だって心配になります。

経営が傾くような会社なら、見切りをつけてサッサと辞めるべきで、すごく後悔してます。

今気付けば「なんで4年もいたのかな~…」と、馬鹿らしく思ってしまう(˘ω˘)

通常は会社から頂く給料で、自分の人生の豊かさが決まる。昇給や発展が見込めない会社なら、すぐに縁を切ろう。それができなければ副業を考えること!

辞めた理由②.周りが働かない

周りがサボる

1回目の退職時なんですが、上司が全く働かない…。

社長は注意するものの、アットホームすぎて指摘が甘すぎ。社長と僕が上司の分の給料分を稼いでいるようなもので、ブチ切れました。

会社はみんなで盛り上げていくものだし、特定の人間だけがバリバリ働いて、他の人が仕事中にエロ動画見てるとか、あり得ないワケですよ(笑)

それでいて、この時は手取り13万円ですから…。

この会社に居続ける理由がなくなりました。

少ない社員数ならば、なおさら協力して会社の利益を上げていかなければならないのに、上司が率先してサボって昼寝とかあり得ない。意識の低い会社は発展しないので時間のムダ。

辞めた理由③.福利厚生がない

福利厚生がない

福利厚生がない会社にぶち当たることが、とても多かったですね~。

社会保険はないし、社員旅行や会社の宴会があっても、全て給料からの天引き。

年間で、かなりの額の損をしています。

中でも「この会社、バカなんじゃないの」って思ったのは、社長や上司だけが社会保険になっていたこと。あり得るの?こんなこと(笑)

そして、社長は仕事が終わったら会社のお金を持って飲み屋に消えていく…。

会社のお金で勝手に旅行に行く…。

最高に忙しいときでも、一切の仕事をせずに定時で帰宅する人間だけが、なぜか全てにおいて優遇される会社だったので、退社しました。

ブラックすぎるよな…。

福利厚生がないと、「自分の人生の負担額」が増える。それを改善しようと企業が努力しないのなら、今後の成長はあり得ないのでサッサと退職すべき。搾取され続ける人生になるよ。

辞めた理由④.法外な労働時間

法外な労働時間

深夜残業や徹夜が当たり前で、処理能力を完全にオーバーしているのに、営業が次々に仕事を取ってくるので、一向に仕事が減らない。

そしてサービス残業…。

内部で処理できる仕事の量は、どんなに効率良くこなしていても限界があります。

次々に送り込まれてくる仕事が処理しきれず、悲鳴をあげて辞めていく社員が続出しました。

そのうちの一人が僕です(笑)

早い人で、1ヶ月足らずで辞めて行きましたね。でもそれは正解だったと思う。

朝9時から18時まで、昼休憩を抜いて8時間。

それから深夜2時頃まで残業、これで16時間です。

土日も出勤していたので、労働時間はざっと350時間を超えていたと思います。

僕が辞めたときは370~くらいだったかな…たしか。今考えれば、よく死ななかったな~と本気で思うレベル。

こういう企業は、そもそも人を人と思っていない。社員を大切にしない企業では100%「自分が長続きしない」ので、今すぐ次を探そう。次々に人を使い捨てるので、企業としては潰れない。

辞めた理由⑤.社長・上司によるパワハラ

パワハラ

処理しきれない仕事に対し、ただひたすら怒鳴られ続ける毎日だったり、上の言うことが全てにおいて「絶対」な会社も多かったです。

こうなると、社員はどんどん萎縮していくし、仕事のモチベーションは無くなりますよね?

だんだん、何のために仕事しているのかわからなくなってしまいました。

大好きだった建築の仕事は、これで完全に大嫌いになったなぁ…(˘ω˘)

それにしても、毎日毎晩怒鳴りつける上司がいるという、まるでマンガのような世界が現実にあるもんなんだな~と感心します(笑)

僕の人生で最高にブラックな企業でした。

真っ当なことを言う人なら納得もできますが、「俺が1+1=5と言ったら5なんだ!」と平気で言う人は危険。こちらの全てを搾取されて、最悪は死にます。

辞めた理由⑥.会社の将来が不安

会社の将来が不安

経営が悪化して、給料が満足に支払えない状態の会社もありました。

その割に、会長や社長など上層部だけは大量のお金を受け取っているという謎の組織。

上層が率先して働こうともせず、部下が生み出した会社のお金を、社長が次々に酒飲み代に使うという常識外れなダメ企業でした。

未だに潰れていないのが不思議でならん…。ちなみに、有能な人は独立やヘッドハンティングで続々と辞めて行きました。

そりゃ~そうなるわ。

経営が傾いても、ひたむきな努力を続ける社長さんなら、こちらも協力も出来たでしょうけど…それが期待できない人の場合はサッサと退職。時間のムダです。

辞めた理由⑦.社長が社員と不倫

社長が社員と不倫

これがまた最悪なこと…。社長が女性社員と不倫しており、その現場を社員が何度も目撃するという始末。

仕事中も決まった時間にトイレで待ち合わせては、そのまま15分くらい隠れて何やらやっている様子。そしてこれが毎日!

社内では「気持ち悪い!!!」という声があがるし、でもこっちは知らんぷりしなきゃいけないしで、もうホント面倒くさかった…(˘ω˘)

ロクに働かない社長が、女に手を出し、会社の金で飲み歩き、社員の残業・ボーナスカットという、まるでマンガのような状況ですよ(笑)

今でこそ笑えるけど、当時は相当に病んでたなぁ…。

身近な家族さえも大切にできない人間が、社員を大切にできるワケがない。こんな状況の人は、今すぐ退職届を叩きつけよう。

さいごに

4回の転職をして、やっと今は納得のいく環境を手に入れました。長かった…。

業界的に冬場が繁忙期で休日が少ないけど、残業代もボーナスも出るし、福利厚生はバッチリだし、好きな仕事だし、仲間が多いという最高クラスの職場です。

アフィリエイトの副業許可もバッチリだし。

今、ひどい環境で嘆いている人は、すぐにでも転職を考えて、自分が納得できる環境に移動するべきですよ。人生長いですから、少しでも楽しい会社員生活を送ろう!