禁煙に失敗しそうな人は読んどけ。タバコの離脱症状に負けない5つの心構え

シェアする

この記事は約 「11 分」で読めます。

禁煙に失敗しそう

禁煙の準備は万全、気合も充分!

今回こそ禁煙にがんばるぞーと、いざ開始してみたものの、禁煙の道のりは長く険しいもの。

途中で離脱症状がツラくなって「駄目かも…」と弱気になるときもあるよね?

そんな経験、僕も何度もしました。

じゃあ禁煙をスタートしたけど離脱症状に負けそうなとき、どんなことに気を付ければスムーズにやめられるんだろう?

禁煙に失敗しないために、僕が考えている「禁煙の5つの心構え」について紹介します。

スポンサーリンク

①.みんながんばってる!周りに目を向けよう

1つめは、自分だけじゃなくて周りもがんばってるよ!っていう気持ちで禁煙にはげむこと。

さて、タバコの値段がドンドンと値上がりしている昨今ですが、禁煙を開始する人の数もドンドン増えています。

成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)』を参照してみましょう。

喫煙率は、平成10年は男性全体で55.2%、女性全体で13.3%。

ところが、平成28年では、男性全体で29.7%、女性全体で9.7%となっており、一昔前に比べてガクンと減っています。

男性については半分くらいになってる…すごいことですね。

それだけ、禁煙する人が増えたってこと。

あなたの周りには、今まさに禁煙にチャレンジしている人や、禁煙に成功した!という人がたくさんいます。

そして、禁煙の理由や方法は人それぞれ違いますが、「禁煙に成功するんだ!」という思いはみんな同じ。

あなたが禁煙の離脱症状がツラいと感じるとき、あなたの周りにいる一緒に禁煙している人達もまた、あなたと同じように一緒に禁煙をがんばってます。

「わたし一人でがんばっている」とか、「自分自身との勝負だ」と考えこんでしまいがちですが、周りを見てみれば、実際そうではないんだよね。

禁煙が辛い!

あなた一人のツラい気持ちだけを見ず、「周りだって同じように禁煙をがんばってるじゃない」という広い視野でとらえてほしいんです。

どうしても「一人」や「孤独」を感じてしまうようなら、僕みたいに「2ちゃんねる」などの掲示板を見てみたり、SNSやスマホアプリで禁煙仲間を探してみるのもアリですよ?

ワラにもすがる思いでみんなの書き込みを読んで、ずいぶん勇気付けられたものですよ。

ほんと、あのとき助けてくれた人たちには感謝してます(´ω`)

今では便利なスマホだってあるし、電子タバコやニコレットなど禁煙グッズもたくさんあるんだし、いろんな助けを借りて禁煙をすすめていこう。

②.タバコってのは自分だけの問題じゃないぞ?

2つめは、禁煙することで周りも幸せになるんだってことを忘れないこと。

禁煙を開始すると、ひとりだけでがんばっている気がして、なんだか孤独を感じるときがありますよね?

あなたの友達や同僚、上司はいつも通りにタバコを吸っているし、私も吸いたい…。

そういったツラい状況に対する甘えやタバコの誘惑は、この先も長くあなたの禁煙生活にまとわりついてくる。

でも、目先のタバコ1本ごときに、惑わされてはいけない。

禁煙は長期的な戦いです。

長期的とは、すなわち「あなたの一生」を意味します。

将来的にタバコを止めることができれば、結婚してあなたの妻や夫になる人にタバコの害を与えずにすむし、妊娠・出産したり、あなたの子供が元気に育っていくなかで、タバコの受動喫煙の餌食になることもない。

タバコを吸う人は、昔に比べてすっかり肩身の狭い世の中に。 「タバコは喫煙所で吸う」というマナーも、しっかりと定着したように感じます。 公共施設やお店、企業で分煙化が進み、非...

もちろん、あなた自身の健康にも多くの利益となります(˘ω˘)

禁煙と家族

タバコをやめることは、あなた自身だけじゃなくて、将来のあなたを含めた「周囲の環境」に対してもとても素晴らしいこと。

それを「タバコ1本だけ…」という目先の欲で捨ててしまうのはもったいない!

もしかしたら、この記事を読んでいるときは、禁煙を開始してからすでに数日は経過しているかもしれない。

たった1本のタバコを吸っただけで、今までの苦労がムダになってしまいます。

③.あなたの目標を絶対に忘れないように!

3つめは、毎日しっかりと目標を胸にがんばろう!ということ。

ツラい禁煙に成功するために、あなた自身でハッキリと決めた目標がありますよね?

もう駄目かな…そう弱気になることは誰にでもあること。

精神的に追い詰められると、ストレスでさらにツラくなるし、もう禁煙なんて嫌だ!と逃げ出したくなるでしょう。

どうにもならない時、どうにかできるようにコントロールしてくれるもの。

それは「あなた自身の目標」です。

もちろん、周りからの助けもあると思うけど、「あなた自身の目標」というのは自分の心の安定にとって、何よりも一番の薬なんですよね。

こうした「自分の目標」に向かってがんばる!という行動は、今後の人生の色々な場面でずーっと役に立つスキルのひとつ。

あなた自身の禁煙の目標

勉強もそう。社会人生活もそう。

あなた自身で作り上げた目標に対して、何度も何度も見て、読み上げることでモチベーションを維持していこう。

④.がんばりどきは今!将来がラクになるぞ~

4つめは、今がんばっておけば将来ラクになるんだ!ということ。

「サボれば今は楽になる、がんばれば将来が楽になる」という言葉を覚えておこう。

「サボる」とはニュアンスが違いますが、ようは「今がんばっておけば、その努力は将来実を結んで、絶対に楽になる」ということ。

そして、「今をがんばれない」とか「今をラクしている」という人は、将来的に必ずやツラい思いをします。

これは世の中の常と僕は思うのですが、努力なしにホイホイ良い結果が出せるような世の中ではないんだよね。

努力の中で自分の才能に気付き、その芽をまた努力で伸ばしてあげる…人生ってその繰り返しのような気がします。

今あなたがしている禁煙の努力は、必ず自分の力になります。

そして、今がんばっておけば病気のリスクも下がる。将来苦しむことが少なくなるんですよ。

将来、あなたと結婚して家族ができたとき、病気で悲しませることもなくなる。

将来が楽になるよ

禁煙は依存症に打ち勝つ、大変な作業です。

だけど、もしあなたがその難しい禁煙に成功できたら、「私は禁煙できたんだ、あんなことやこんなことだってやれるに違いない!」

そういったポジティブ思考だって持てるようになれる。

今がんばっている努力は、未来のあなたにとって輝かしい成果となって必ず現れますよ。

⑤.諦める前に、がんばってきた自分を振り返る

最後に、5つめは今までの時間を無駄にしないで!ということ。

禁煙を開始して、今どのくらいでしょうか?始めたばかりの人もいれば、3日目の人、1週間くらいの人、3週間くらいの人、1ヶ月続いた人など様々ですよね?

「タバコが吸いたい、禁煙がツラい、もう嫌だー!」

そう思ってタバコに手が伸びそうなとき、頑張ってきたあなた自身を全力で褒めよう。

そして、あなたががんばった日数、時間分の努力を、ゆっくり振り返ってみよう。

離脱症状でツラい思いをしたのは1度や2度ではないはず。

そしてツラい思いをした分だけ、あなたはそれを何回も乗り越えてきたんですよ。

禁煙がツラい

今まで乗り越えてきた「同じ壁」は、今回本当に乗り越えられないんだろうか?

ずっと越えて来たんだから、今回も越えられるよ!

あの時がんばったじゃない。あのとき諦めなかったじゃない。

がんばったあなた自身の過去を見捨てる前に、今一度、自問自答してみよう。

本当にガマンできない?きっと、そんなことはないと思うけどな。

さいごに

どうしてこんなにもツラい依存性のある物質が世の中に当たり前に出回っているのか。

禁煙したからこそ見える世界も色々あり、こうして記事にするとなおさら考えさせられます。

できるだけ禁煙のツラい思いを軽減したい、そんな時には色々なグッズに頼ったり、当ブログの禁煙記事などを参考にしてみてください。

僕も色々なグッズ、自己暗示、運動などを取り入れ、工夫をしてきました。

だけど、それでも何度も挫折してしまいたくなる衝動にかられるんですよ。

諦めるのは簡単、でも後味はすっごい悪い。

この5つの心構えを忘れずに、禁煙成功のゴールに向けて着実に禁煙を続けてみよう。