通勤におすすめのメンズ『スマホ用革手袋』を紹介。プレゼントにも!

この記事をシェアする

この記事は約 「5 分」で読めます。

おすすめのメンズ用レザー製『スマホ手袋』

最近はすっかり定番となった、指先が特殊加工されている『スマホ用手袋』。

寒い季節になると、素手でスマホ操作をするのがツラくなってきます。そんなときに、イチイチ手袋を外さなくてもいいのが、スマホ用手袋のいいところ。

今回は通勤用にオススメな、メンズ用レザー手袋を紹介していきます。

[※商品は随時追加・更新]

スポンサーリンク

スマホ用手袋:レザーの特徴

レザー手袋

モノトーン系のビジネスコートによく似合う、男性の定番『レザー手袋』。

コートやスーツ、靴に比べて主張が控えめな部位ではあるものの、こうした『小物』部分にこそ個人の趣向が現れやすいもの。レザー手袋は「男らしさ」と「大人の魅力」があって渋く感じられます。

そして、経年変化で味が出てくるのも、レザーの楽しみ方の一つ。通勤用の手袋として冬場に毎日使いこむと、少しずつ自分の手になじんでいく。

『ようやく自分らしいモノになった』という感覚を長い時間をかけて楽しめる、それがレザー製品の魅力ですね。

毛糸の手袋では決して味わえない、男の楽しみ。

スマホ用レザー手袋

注意点として、革製品は水に弱い。

濡れた場合は表面の水分を拭き取り、陰干ししよう。乾燥後に革が硬くなるのが気になる人はデリケートクリームも塗って保護を。

また、レザー製品の場合は裏地もとても大切。

裏地が温かくないモノが結構出回っているので、実際に革手袋を使ってみたら手が冷たくて、使うのを「ひと冬」でやめた!という人もいるのではないかと…。

デザインばかりでなく、裏地の素材についてもしっかりとチェックすることが、革手袋を長く愛用するためのポイント。

adelphos スマホ対応手袋

2017年秋冬の新作。2016年のものに比べて、合成皮革の滑らかさや質感、裏起毛の暖かさなど、商品のクオリティがUP。

裏地が温かい素材なので、安心して長い期間使い込んでいけます。

カラー
サイズ フリーサイズ(手囲い22cm 全長23cm 中指長9.5cm)
スタイル フォーマル・カジュアル
素材 表面:PUレザー / 裏地:ボア 裏起毛

チェックポイント

  • Amazon2017年のファッション・小物ランキング『1位』
  • 手袋の中はモコモコの裏起毛で温かい
  • 本革よりも雨に強いので積雪時にも適している
  • 導電性のあるPUレザーで、全部の指でスマホ操作が可能

Acdyion スマホ対応手袋

見た目がシンプルで、スーツ用コートによく似合うスマホ用手袋。商品を購入後、3年間の完全保証があるのもうれしい。

余計な飾りがないので、シンプル好きな人におすすめ。

カラー
サイズ フリーサイズ
スタイル フォーマル
素材 表面:100%イタリアナッパ本革 / 裏地:100%フリース

チェックポイント

  • 価格が安めで注文しやすい
  • ナノテクノロジー採用で、全部の指でスマホ操作が可能
  • 零下20度の寒さに耐える
  • ギフトの包装も付いているので、友人や家族などのプレゼントに

HARRMS スマホ対応手袋

こちらもデザインがシンプルなスマホ用革手袋。経年変化で味が出てくる。サイズを選択できるので、しっかりと自分の手にフィットするものを選べるのがいい。

ギフトの包装も付いているので、プレゼントにも最適。

カラー ブラック / ブラウン
サイズ S、M、L、XL、2XL
スタイル ビジネス、カジュアル
素材 表面:100%イタリアナッパ革 / 裏地:100%のカシミア

チェックポイント

  • Amazonの購入者多め、レビュー評価高め
  • 縫製のクオリティが高く、中はモコモコで温かい
  • 箱入りで高級感があり、プレゼントにもいい
  • 品質が良い割に価格もリーズナブルで注文しやすい

WARMEN スマホ対応手袋

やはりこちらもシンプルなデザイン。カラー展開でブラック・ブラウンがあり、サイズもS・M・L・XLの4つから選べる。

『M007NC』がスマホ対応ナシという部分には注意が必要。また、『M007NR1』だけがカシミヤを使用している。

カラー 黒、濃茶
サイズ S、M、L、XL
スタイル ビジネス、カジュアル
素材 表面:100%ナッパ革 / 裏地:カシミア&ウール、ポリエステル

チェックポイント

  • サイズ展開されているので、手にフィットするサイズが選べる
  • 返品・交換保証アリ
  • ギフトの包装も付いているので、友人や家族などのプレゼントに

まとめ

一度使い始めると、革製品の独特な質感や味わい・高級感にハマります。多少の傷やヨレもまた味わいの一つとして楽しめる、それがレザーの魅力。

ぜひ、この冬お気に入りの1双を見つけて使い込んでいただきたいです。