毎日の『働く』を、ちょっと楽しく。

1日の仕事がちょっとだけ楽しいものに変わったら、働くばかりの人生だってもっと豊かになる。
働くあなたを、ちょっと笑顔に。そんな気持ちをこめた1冊の手帳。

CADが初心者でも働ける3つの理由と設計の仕事を探せるサイト特集

スポンサーリンク

CAD・設計の仕事が見つかる求人・転職サイト

CADや設計の仕事は、1つの図面成果ができあがっていく過程が楽しく、実際に施工されて世の中に形として残っていくことも嬉しい、とてもやりがいのある仕事だ。

初心者からみると「CADや設計の仕事は難しそうだし、初心者・未経験者は無理なんじゃないか?」と、ハードルが少しだけ高いようにも見える。

でも、実際に「初心者歓迎!」の求人は多いし、CADソフトを使ったことがない人でも積極的に採用してもらえるほど、実はハードルなんて”低い”と僕は考えている。設計もCAD操作も一朝一夕で覚えられるものではないので、長期的な勉強は当然必要だけど、それはどんな職業だって一緒だ。(僕の勤める会社は、超初心者でも”正社員採用”している。今年も一人入社した。)

今回は、CADや設計の仕事に興味があるけど初心者(未経験者)だ!という人を対象に、この仕事をオススメする理由と、CAD・設計の求人が掲載されている求人サイト・転職エージェントについて紹介していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.CAD初心者でも歓迎される3つの理由

どんな仕事にも「やりがい」はあるし、経験を積む必要があるのは同じだ。そして、CADの操作や設計もひたすらに経験を積んでいかなければならない。

努力しなければいけないのは、どんな仕事でも同じこと。であれば、同じ時間をかけて「手に職を付けたい」と考える人は多いのではないだろうか?

CADや設計の技術というのはまさに専門職であり、CADが使えれば在宅ワークが可能な場合だってある。(実際、僕の会社では在宅ワーカーへの外注も毎年行っている。)

そんなCADの世界だが、なぜ初心者でも正社員採用する企業が増えていたり、歓迎されるのか?について考えてみた。

 

1-1.CADは初心者でもスグに覚えられる

未経験者でもOK

設計を始めるとしても、まず最初に覚えなくてはならないのが「CADの操作」だ。最初のうちは手取り足取り教わることになるが、ネタをばらしてしまうとCADの操作なんて2~3ヶ月も仕事していれば基本的な作図は一通りできるようになるほど簡単だったりする。(パソコンの得意・不得意や2D・3Dによる部分もあるけど)

入社直後は新人が何もできないことは承知の上だし、そうなると最初の作業は指示に従って図面を作図・修正する作業になる。そうなると、嫌でもCADを操作して作図せざるを得ないし、近年のCADは良く進化しているので簡単な操作で作図できるように改良されていて作図が簡単だったりする。

CAD初心者でも、長くて半年もあれば作図は一通りできるようになるし、企業としてもデメリットが少なく、技術面を教えていくフェーズに移りやすいのも特徴だ。

だから「初心者だから・・・」といって踏みとどまる必要は特にないし、チャレンジしたい!と思ったのならぜひ業界に飛び込んでみてほしい。

たとえばリクナビNEXTという転職サイトで「CAD 未経験」と検索すると423件もヒットしてくる。美容・エステで41件、広告・グラフィックで213件、コールセンターで171件という件数からみても、CADの求人の多さが伺える。(2018年4月現在)

 

1-2.正社員採用が多いので”意欲的”になる

正社員として働ける

CADオペレーターに「派遣」や「契約社員」のイメージがついていないだろうか?ぜひリクナビNEXTで「CADオペレーター」と検索してみて欲しい。

正社員求人の一例

 

このように、就職氷河期だった僕の時代では考えられないほど正社員の求人がたくさんある。今は正直うらやましい時代だと思う。

僕の会社や協力会社にもCADオペレーターが複数人いて、実際に初心者・熟練者関係なく、全員が正社員として働いている。CADオペレーターの正社員化は、すでに当たり前になってきているのが現状だ。

そして、正社員として採用されるとなれば「覚えようとする意識」も必然的に高まってくるだろう。アルバイトやパートと違って”責任”がついて回るようになる。いい加減な作図はできないし、少しでも早く覚えようとする意識が芽生えるので、実際アルバイトとして採用するよりも技術の成長がとても早い。

設計に関する知識や技術、資格を揃えて業務を担当するなど、評価されれば収入UPにもつながっていくので、正社員採用はその人の”やる気”が引き出されやすいと思う。

 

1-3.年齢が高くても育ちが早い

年齢が高くても大丈夫

試しに検索してみると、年齢不問・転職回数不問、40~50代歓迎なんて求人もゴロゴロしている。

ホント、今はすごい時代だな・・・と感じてしまう。ここまで求人があると、「経験不足だから」とか「もう30代だし」というような言い訳はできないなーと思ってしまった。

経験年数不問、40~50代歓迎の一例

40代50代歓迎

どうして年齢不問でも積極的に採用されるのか?それは1-1、1-2で触れた、CADは初心者でも覚えやすいこと、正社員採用なので意欲的なことなどが関係している。つまり年齢なんて割とどうでもよくて、”ちゃんとCADを覚えて、意欲的に設計について学ぶ姿勢がある人”はどんな人でも採用されやすいということだ。

実際、僕は36歳で4回目の転職をしている。そのたびに、会社で使っているCADソフトが違っていたけど、覚えるのなんて2~3ヶ月で十分だし設計の仕事を覚えるのは楽しかった。意欲さえあれば、どんどん教えてもらえるし任せてもらえるようになるのが一般的だ。

 

初心者でもOK、正社員で働ける、年齢も問われない・・・。もちろんキャリアを積む上では若い方がメリットはあるものの、CADオペも設計技師もコツコツと頑張れる人に向いている職業ではある。年齢や経験よりも、そういうひたむきさを求めている企業が多いのかもしれない。

 

2.CAD・設計の仕事を探せるサイト紹介

2-1.転職を助ける”エージェント”サイト

転職エージェントとは

もしもあなたが「住まい」を探すとなったら、WEBで調べるだけで済ませたりせず、エイブルやアパマン、大東建託(いい部屋ネット)など、いわゆる「賃貸住宅仲介業者」と相談しながら物件を探していくと思う。

それはWEBだけでは見つからないような、賃貸住宅仲介業者しか握っていない非公開情報が多数あるし、その道のプロに相談しながら住まいを探す方が断然うまくいくとわかっているから。

では「仕事」を探すとなったら? それがズバリ、「転職エージェント」だ。

 

転職エージェントは、各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれる。

また、職務経歴書・履歴書の添削、企業情報の提供はもちろん、転職エージェントが直々に相手企業と「年収交渉」まで行うなど、様々な形であなたの転職をサポートしてくれる力強い味方だ。

例えば、賃貸住宅仲介業者があなたの要望に沿って様々な物件を探し出し、より良い住まいを探したり、家賃交渉、書類手続きなど、賃貸契約を全力でサポートしてくれるのと同じ感覚だと考えてもらえば、とてもわかりやすいと思う。

CADで未経験・・・でも転職してみたい!という場合、職務経歴書や履歴書の書き方にも必ず一工夫必要になってくるが、サポートが充実しているので相談もしやすい。

 

2-2.エージェントサイトはいくつ登録する?

特に30代・40代の転職は、「これが最後だ!」と思って取り組む人も多いと思う。新しい転職先で明るく楽しく仕事をスタートさせるためにもぜひ転職エージェントを活用してほしい。

しかし、それぞれのエージェントで握っている求人情報が違うし、担当者と「合う・合わない」といったフィーリングの部分の悩みも出てくる。

そこで、僕は2~3箇所の転職エージェント登録をオススメしている。

住まい探しを1箇所の賃貸住宅仲介業者で済ませるより、あちこちの業者を見て回った方がより良い物件が見つかるのと同じことだ。様々なエージェントを利用して、初めてより良い求人に巡り会える。

失敗しない求人探しをするなら、複数のエージェントに登録してどんどん活用していきたい。

 

2-2-1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職サイト大手『リクルート』が運営する転職エージェント。

取り扱っているうちの約80%が非公開求人で、一般的な転職サイトだけでは見つからないポジションの求人を数多く揃えているのが、大手転職エージェントの強みだ。

業界最大手の安心感、充実のサポート体勢、そして全サービス無料!転職活動スタートの第一歩として、まずはここから始めるといい。

チェックポイント

  • ポジションや経験・能力が高い人向けの求人が多い
  • 得意なスキルを伸ばすなど、キャリアアップを目指す人向け
  • 公開求人への応募よりも効率的に転職活動を進められる

リクルートエージェント詳細ページ

 

2-2-2.マイナビエージェント

マイナビエージェント

株式会社『マイナビ』が運営する総合型転職エージェント。全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで幅広く揃っている。

専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが、応募する求人に合わせて履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策を行うなどサービス内容も充実だ。

チェックポイント

  • 保有する求人のうち、約80%が非公開求人
  • マイナビエージェントのみが保有する「独占求人」もアリ
  • 転職成功のノウハウ伝授、転職のプロによるアドバイスを受けられる

マイナビエージェント詳細ページ

 

2-2-3.ワークポート

ワークポート

転職決定人数がNo.1の転職エージェント。数ある転職エージェントの中で、最も多くの求職者を転職成功に導いている。

特にIT・クリエイティブ関連職種に強く、未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としている。大手企業では「楽天」や「SQUARE ENIX」「大東建託」など有名ドコロが並ぶ、魅力的なエージェントとなっている。

チェックポイント

  • 転職活動の全てをPC・スマホで簡単に管理
  • 毎日新しい求人情報が追加されている。非公開求人もあり
  • 転職を成功へと導くセミナーが揃っており、無料参加できる

ワークポート詳細ページ

 

2-3.仕事を自分で探せる一般求人サイト

求人サイトとは

一般求人サイトは自分で情報を探し自分で応募する、いわゆる自力の転職活動をサポートするサイトだ。自分のペースで求人を探して動けるので、手軽で利用しやすいのがポイント。

転職エージェントよりも求人数は少なく、非公開求人がないものの、職務経歴を登録することでスカウトを受けたり、性格診断テストができたりと、かなりサービスが充実している。

CAD・設計の就職で転職エージェントに登録した後は、こうした求人サイトを巡って登録し、自分でもいろいろとCAD・設計関連のキーワード検索をして調査していく方法がベストだ。

たとえば求人サイトで気になる応募を見つけた場合、エージェント側でも対応できる案件であれば、さらに好条件にする相談だって可能だからだ。

転職エージェントに頼りっきりにせず、自らの行動も大切。

 

2-3-1.リクナビNEXT

リクナビNEXT

就職活動の代名詞のような求人サイト『リクナビNEXT』。実際に転職した人の約80%もの人がリクナビNEXTを利用している。

登録すると、サービスの1つとして自分の強みが5つわかる性格診断テスト『グッドポイント診断』を受けることができる。出される問題に対し、2つ、または4つから答えを選択するだけの簡単仕様だが、出される診断結果はかなり本気だ。

簡単にできるので、ぜひ一度やってみてほしい。

グッドポイント診断結果

<僕の診断結果>クリックで拡大

 

チェックポイント

  • 転職サイトの王道。どの転職サイトを使おうか悩むなら、まずはココから
  • スカウト登録で企業やエージェントからオファーが届く
  • グッドポイント診断』で自分の強みを知る
  • 「CAD」求人数~754件、「設計 CAD」求人数~647件(※2018年4月)

リクナビNEXT詳細ページ

 

2-3-2.はたらいく

はたらいく

こちらも大手グループ「リクルート」が運営する求人サイト。はたらいくにしか掲載されていない求人が90%以上もあり、要チェックだ。

特に、はたらいくは「ひとがら転職」をキーワードにしている。仕事も趣味も「ひとがら」を大切にする、人同士のつながりに重点をおいたレジュメに登録して就職活動をはじめていく。

チェックポイント

  • 企業と「らいく」(好意・興味)を伝え合う
  • 転職に役立つ情報が満載の会員限定の求人情報メール
  • レジュメ登録でカンタン応募

はたらいく詳細ページ

 

2-3-3.キャリコネ

キャリコネ

会社の内情でうまくいっていない人向けの転職サイト。他のサイトと大きく違う部分として、キャリコネは「企業の口コミ(内情)」を知ることに力を入れているところだ。

企業がアピールしてくる内容は「良いこと」ばかりが書かれていて、イマイチ信憑性に欠ける部分もある。入社したあとに困らないよう、企業の口コミを見て「評判」「年収」「残業」「人間関係」など徹底リサーチを行い、転職を成功に導いてくれるのがキャリコネだ。

注目企業の年収・給与明細まで見れる、今イチオシの求人サイト。

チェックポイント

  • とにかく口コミ情報量が多いため、業界の事情も見えてくる
  • マイナビエージェントなど大手転職サイト16社の求人情報も一括で検索可能
  • 面接内容に関する口コミまで見れるので、事前に面接準備もしやすい

キャリコネ詳細ページ

 

3.まとめ

CADオペレーターや設計の求人に関する紹介をしてみた。「未経験者だから」「30~40代だから」といわず、まずは自分のやりたいことに精一杯の目を向けて、本当にやりたい仕事を探してみて欲しい。

その上で、設計にチャレンジしたい!CADをやってみたい!のであれば、自力で活動するよりもまずはエージェントに登録を。

就職活動はもともとは求人サイトに登録後、自力でコツコツと探していくのが基本。でもそれは昔の話。今では転職エージェントが「無料」で登録、利用ができるようになり、昔に比べて仕事探しが便利で楽しいものに変わっている。

使えるサービスはどんどん利用して、いい求人を探し出して欲しい。