ハイガースピンバイク|HG-YX-5007の組み立て方を公開!【動画あり】

スピンバイクの組み立て方
この記事は約6分で読めます。

デスクワークの運動不足解消と、体力をつけて仕事で疲れにくくするために、ハイガーのスピンバイク「HG-YX-5007」を購入しました。

スピンバイクの組み立て
ゆーま
ゆーま

リフレッシュ、運動不足の解消、ダイエット、持久力アップなど、たくさんの効果が見込めるよ!

スピンバイクは「組み立て」が必要ですが、女性ひとりでも簡単にできるであろう内容でした。(本体の重量が重いのは難点ですが……。)

ゆーまのスペック
  • 身長:178cm、体重56kg
  • ガリガリ型でチカラ無し
  • DIYなどの製作は苦手
  • 説明書を読むのは大好き

上記のようなヤツですが、組み立てにかかった時間は、だいたい30分くらいでした。

本記事では、スピンバイク「HG-YX-5007」の組み立て方について書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スピンバイクの開封まで

スピンバイクは、ダンボールに入った状態で届きます。

スピンバイクが到着

ダンボールが思っていた以上にスリム!しかし、めちゃくちゃ重たい。

組み立てるために室内に入れようとしますが、重すぎて引きずってしまう……。床に傷が付くとイヤなので、玄関で開封しました。

無理に部屋に入れない!

重量は「39.5kg」もあります!足腰を痛めたり、床や壁にも傷がつく恐れがあるので、無理をせず玄関で開封しましょう。

ちなみに、欠品・動作不良があった場合、一週間以内に連絡しないといけません。

開封したら、パーツを並べて、部品がそろっているか確認しましょう!

ダンボール開封-1

それではさっそく、上からパカッと。

ダンボール開封-2

大きな発泡スチロールで、本体を固定しています。

発泡スチロールの中にも、サドルやペダルなどのパーツ類が入っていました。

説明書-1

全19ページの説明書が付いており、

説明書-2

パラパラめくると、各工程が写真付きでくわしく書かれていました。

取扱説明書

PDFデータもあるので、事前に見たい方は下記からチェック!

PDF HG-YX-5007 取扱説明書

本体をダンボールから取り出すとき、上から引っ張り出すのは重すぎて絶対にムリです。

私はダンボールの側面を壊して取り出しました。

ダンボール開封-3

こんな感じで、発泡スチロールにパーツが収まっています。

スピンバイクのパーツ-1

その後、ズルズル~っと本体を引っ張り出しました。

ヨガマット

スピンバイクの下に敷く、傷つき防止用のマットも付いていました。

ヨガマット

マットの厚さは5mmくらい。床を保護するには十分ですね。

スピンバイクのパーツ

全部だして並べてみたところ。ここで、パーツが全部そろっているかチェックしました。

パーツの内容は、下記。

説明書

この時点で、欠品や損傷を見つけたら、組み立てを中止してハイガー産業に連絡しましょう。

作成に必要な工具

スピンバイクの組み立ては工具が必要ですが、用意しなくても大丈夫。

必要な工具

説明書を見ると、パーツ付属品として「P.工具」とあり、

必要な工具

組み立てに必要な3種類の工具がセットとして付いてきました。中央の工具の尖った部分は、プラスドライバーです。

これらの工具を使って、実際に組み立てましたが、「作りにくい!」と感じたところはありませんでした。

スポンサーリンク

スピンバイク、組み立て開始!

足もとの組み立て

土台の組み立て

スピンバイク足元の「保護材」を外します。

固定していたネジと黒いパーツは、使わないので破棄。

土台の組み立て

土台の上にスピンバイク本体を乗せ、土台の下からボルトを差し込み、ワッシャー+ナットで固定。

ボルトを差し込むとき、本体を少し持ち上げます。ちょっと浮かせるだけなので、女性の力でも大丈夫。

土台の組み立て

タイヤ付きの土台は、ホイールのある方(フロント側)に取付。

サドルの組み立て

サドルの組み立て

サドル部の穴に、パーツを差し込みます。

説明書

「B」を本体に差し込み、Bに「C」を差し込みます。それぞれをノブで固定。

サドルの組み立て

パーツBとCにはノブを挿すための穴が空いており、ノブがうまく収まるように微調整しつつ、固定します。

サドル調整

固定したあと、サドルの位置を調整する場合は、右図のように「ノブを引っ張る」と自由にスライドできます。

サドルの組み立て

最後に、Cの突起部にサドルを差し込んで、スパナで固定。

サドル完成

これにて、サドル周りが完成!つづいて、ハンドル部を組み立てます。

ハンドルの組み立て

ハンドルの組み立て

ハンドル部の穴に、パーツを差し込みます。

説明書

差し込むパーツは、DとG組み合わせたもの。

ハンドルの組み立て

GにDを通して、本体に差し込んだあと、Dに付いている六角ボルトを一旦はずします。

ハンドルの組み立て

一旦外した六角ボルトを使って、ハンドルを固定。

ハンドルの組み立て

プラスドライバーを使って、4本のネジでモバイルホルダーを固定します。

メーターの取付

メーターホルダーをビスで固定。

メーターの取付

配線をつなぎます。差し込むだけの簡単設計です。

メーターの取付

これで、ハンドル周りも完成。

モバイルホルダー

こんな感じで、スマホをセットできます。iPhone7 Plusなど、大きめのスマホも乗せられる大きさ。

ペダルの組み立て

ペダルの組み立て

ペダルは簡単です。付属のスパナでねじ込んで固定。

ペダルの組み立て

ちなみに、滑り止めの凹凸が大きいので、素足や靴下だと足のウラが痛いです。運動用の靴を買うか、ペダルを交換しましょう。

ペダル交換

※2020/01/03 ペダルを交換して、部屋着+靴下でも運動ができるようにしました。

ボトルホルダーの組み立て

ドリンクホルダーを取り付けます。使わない人は付けなくても大丈夫。

スピンバイク完成

これにて、ハイガースピンバイク「HG-YX-5007」の組み立て完了!

スポンサーリンク

HG-YX-5007の組み立て動画

公式サイトでは、ハイガーのスピンバイク「HG-YX-5007」の組み立て方や点検・整備の仕方について、動画でくわしく紹介しています。

公式サイト HG-YX-5007の組み立て方、点検・整備の仕方→

この中から、組み立て方の動画を紹介します。

組み立て方-1

スピンバイクHG-YX-5007の組み立て動画1

組み立て方-2

スピンバイクHG-YX-5007の組み立て動画2

組み立て方-3

スピンバイクHG-YX-5007の組み立て動画3

公式の動画はとても分かりやすいです。

説明書を読んで、それでも迷ったらすぐにチェックしましょう。

まとめ

実際やってみると、難しい工程はないので行き詰まることはないと思いました。ケガの心配は、足まわりの土台を固定するときに、一時的に本体を持ち上げるところくらい。

ゆーま
ゆーま

とくに問題なく完成にたどり着いたよ。

詳しい説明書と動画もあるので安心です。

今までは踏み台昇降をしていましたが、今後はスピンバイクを活用して、デスクワークの運動不足解消と持久力トレーニングをしていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ヨロシクお願いしますm(_ _)m
運動・ダイエット

この記事も読まれています

\ この記事をシェア/
このブログの管理人

30代後半で読書にハマる。ビジネス本と自己啓発本が好き。語彙力低め。

こんな記事を書いてます。
・自己改善するための知識
・読んだ本の紹介
・プチ雑学

詳細はこちら ⇒

\ フォロー /
スポンサーリンク
おやじろぐ。
タイトルとURLをコピーしました