知らなきゃ損!Windows10のプリントスクリーン画像を連続保存する方法

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「4 分」で読めます。

Windows10のプリントスクリーン画像を連続保存

僕はよくパソコンで調べごとをするんですけど、「今の画面を画像で残しておきたいな~」って思うときが多いんですよ。

そんなときは、「PrtScn」(プリントスクリーン)キーを押して、画面イメージを保存するんですけど…。

このあと「ペイント」「Photoshop」などのアプリケーションを起動させて「貼付け」→「保存」という手順が必要です。

1枚だけならいいんだけど、たくさんの画像イメージを保存する場合、この方法だととってもメンドクサイ!

ですが、Windows10では、プリントスクリーンを「簡単に保存できる方法」があるのを知って大喜びしました。

この方法、しばらく知らなかったので、ちょっと損した気分だったのです(˘ω˘)

スポンサーリンク

プリントスクリーンを連続保存する方法

プリントスクリーンのデータを保存する方法ですが、すごく簡単。

PrtScn」キーと、「Windows」キーを同時に押すだけ!

※一部のノートパソコン機種によっては、「Fn」キーをさらに押す必要があります。

プリントスクリーン

windowsキー

たったこれだけで、画面イメージを「png形式」で保存することができます。

保存先のフォルダは、ドキュメント→ピクチャに「スクリーンショット」というフォルダが自動で作られて、その中に保存されます。

スクリーンショット

うおぉぉ簡単!

ペイントなどのツールいらずというのは、すごく便利でラクです。

「Snipping Tool」も使ってみよう!

画像キャプチャツールで、Windows10に搭載されている「Snipping Tool」というツールもとっても便利。

Snipping Toolは、スタートメニューから「アクセサリ」の中に入っています。

もしくは、スタートメニューの検索窓に「sn」と打てば、候補の中に出てきますよ。

Snipping Tool

もっと手軽に使いたい人は、候補内に出てきた「Snipping Tool」を右クリック→「スタート画面にピン留めする」や「タスクバーにピン留め」しましょう。

開いた「Snipping Tool」の画面の「モード」をクリックすると、いくつかメニューが出てきます。

Snipping Toolメニュー

【自由形式の領域切り取り】はフリーハンドで好きな範囲を選択して保存できます。

自由形式の領域切り取り

【四角形の領域切り取り】は四角形の範囲で保存。

四角形の領域切り取り

【ウィンドウの領域切り取り】は今開いているフォルダなどのウィンドウを保存します。

開いているウィンドウを選択すると保存できますよ。

【全画面領域切り取り】はいつも通りの全画面保存です。

次に、「遅延」を見てみましょう。

遅延

ちょっとわかりにくいですが、「何秒後の画面を保存するか?」ってことです。

使いどころとしては、「右クリックメニュー」を保存する場合とかですねー。

試しに「5秒」で実験。

「遅延 → 『5秒』を選択 → 新規作成をクリック」の流れで操作します。

一旦、フツーの画面に戻るので、その時に右クリックしてメニューを出して待ちます。

5秒後、画面がうっすら白くなって、Snipping Toolのメニューが再度表示されます。

うっすら白くなる

あとは「モード」から範囲の選択方法を指定して保存。

基本的な操作はこれでOKです。

画像保存がはかどる~!