20代・30代・40代の平均貯金額と無料で学ぶお金の増える使い方

シェアする

この記事は約 「12 分」で読めます。

貯金は私達の生活に絶対に欠かせない、とても重要なお金。

ですが、貯金の「額」に関する話題って、普段あまり話をしません。

相手が仲のいい友達や、親であっても「貯金額の話なんて、なかなか相談できない」と考える人がほとんど。

実際、僕も貯金額が低いので、誰にも相談ができない(恥ずかしい)状態でした。

「周りのことなんて気にするな」

そう言われても、周りがどのくらい貯金しているのかな?って、気になりますよ。

せめて自分と同じ世代の平均的な貯金額くらい、なんとな~く知っておきたいもの。

そこで、気になる世間の平均貯金額は、どのようになっているのかをまとめました。

あなたの貯金額と見比べてみてください(´ω`)

スポンサーリンク

20~40代の年齢別平均貯金額と中央値について

参考 金融広報委員会「家計の金融行動に関する世論調査」を参考にしています。

更新 2017/03/27、当ページの全ての貯金額について更新しています。

「平均値」と「中央値」の違い

平均値と中央値

貯金額の統計は、主に「平均値」と「中央値」で見ます。

違いは以下…

  • 平均値:足した金額を人数で割る
  • 中央値:数字を小さい順に並べた時の中央に来る値

例えば「11人中、10人が400万円、1人が3000万円」の貯金を持っていた場合の平均貯金額はいくらでしょう?

  • (10人×400万円)+(1人×3000万円)=7000万円
  • 7000万円÷11人=636万円(小数点以下は四捨五入)

よって、平均貯金額は636万円。

このように、1つでも突出した値が含まれていると、平均値はグンと上がってしまう。

この場合であれば、11人中の10人が貯金額400万円ですから「中央値=400万円」として見る方が自然です。

それでは20代、30代、40代の平均貯金額と、中央値を見ていこう。

20代の平均貯金額と中央値

20代

  • 貯蓄のない世帯【45.3%】
  • 平均貯金額【184万円】
  • 中央値【0万円】

※金融資産を保有していない世帯を含む

20代は社会人になってまだ経験も浅く、貯蓄に対する意識は低め。

中央値も「0」なので、大半が貯金できていないようです。

20代の年収で、だいたい250~350万円。

手取りの2割を貯金に回すと、年間で30~40万円程度の貯金に。

平均値が184万円なので、コツコツと貯金できる人と、使いすぎてお金がなくなってしまう人の差が、すでに20代からついているということ。

貯蓄のない世帯を「含まない場合」の平均貯金額は385万円でした20代でもガッチリ貯金できている人がいるってことです。しかもタップリと…。

30代の平均貯金額と中央値

30代

  • 貯蓄のない世帯【31.0%】
  • 平均貯金額【395万円】
  • 中央値【167万円】

※金融資産を保有していない世帯を含む

徐々に貯蓄のない世帯数は減少しますが、なんと3割以上の世帯で「貯蓄がない」という結果でした。

僕も30代中盤まで「貯金がゼロ」という経験をしています。当てはまってる…。

30代では「家庭があるか」「子供は何人か」「車は所持しているか」「住宅ローンはあるか」といった、家庭の状況によって貯金額は変わっていきます。

出費の傾向が各世帯で変わってくる30代までには、お金のことや貯金に対する基礎知識を、しっかりと身につけておきたいところ。

30代になってもちゃんと勉強してこないと、僕のように貯金で困る人になりかねません。

投資でお金を上手に増やしている人がいる一方で、貯金や投資には無関心な人も大勢。

結果、40代以降の貯金額に大幅な差がつくようになります。

関連記事はこちら↓↓

大学を卒業後すぐに就職して、ひたむきに仕事を続けてきた人。 就職したあと、友だちとよく飲みに行き、仕事は適当にしてきた人。 バリバリと資格習得に専念し、出生街道を登っている人。 ...

40代の平均貯金額と中央値

40代

  • 貯蓄のない世帯【35.0%】
  • 平均貯金額【588万円】
  • 中央値【200万円】

※金融資産を保有していない世帯を含む

40代は平均貯金額が500万円を突破して、「600万円」に届きそう。

その反面、ワーキングプア問題を抱える昨今は、思うように貯金が出来ない世帯が「3割以上」も占めるという結果です。

40代の日雇い労働者の人口増加も懸念され、低収入層の貯金額の厳しい現状がわかります。

僕もずっと低収入層だったので、なかなか貯金ができなかった苦しみはよくわかりますよ。

40代の人は下記も要チェック。

関連記事はこちら↓↓

サラリーマンの30歳~40歳代は企業の要。 中堅クラスとして、部下を指導しながら本人もバリバリ働く、まさに働き盛りの年代です。 そして、20~30歳代でノンビリと働いてきた...

30代でしっかりとお金の勉強を続けてきた人にとって、40代はその知識を使ってどんどん投資を行い、貯蓄を増やせる世代。

結果、貯金額はさらに大きな差がついていきます。

スポンサーリンク

年収別の平均貯金額と中央値、貯蓄の有無について

年収

それでは次に、あなたの年収における貯蓄額について。

果たして中央値以上、または平均貯金額以上となっているのでしょうか?

各年収ごとの貯金額や、世帯別にみた貯金の有無について見てみよう。

各年収の貯金額および中央値について

【年収300万円未満】

  • 貯蓄のない世帯【40.5%】
  • 平均貯金額【746万円】
  • 中央値【100万円】

【年収300万円~500万円未満】

※この年収人口が日本で一番多い

  • 貯蓄のない世帯【29.8%】
  • 平均貯金額【982万円】
  • 中央値【350万円】

【年収500万円~750万円未満】

  • 貯蓄のない世帯【23.7%】
  • 平均値【1171万円】
  • 中央値【550万円】

【年収750万円~1000万円未満】

  • 貯蓄のない世帯【15.7%】
  • 平均貯金額【1665万円】
  • 中央値【1035万円】

【年収1000万円~1200万円未満】

  • 貯蓄のない世帯【20.3%】
  • 平均貯金額【2556万円】
  • 中央値【1120万円】

【年収1200万円以上】

  • 貯蓄のない世帯【8.7%】
  • 平均貯金額【2826万円】
  • 中央値【1900万円】

※金融資産を保有していない世帯を含む

いかがだったでしょうか?

ご自身の年収の平均貯金額と同じくらいの貯金があると、ひとまずホッとしますね。

平均貯金額に達していない人は、「周りってこんなに貯めてるの!?」と、少し戸惑ってしまうかもしれませんが。

無料で習得できる、お金の使い方とは

お金の勉強

それでは、今よりもっと貯金を増やしていくために、どんな方法があるでしょうか?

できることなら、毎月少しでも多くのお金を、貯金に回していきたいところ。

そのためには、

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

この2つのポイントの見直しが、まずは必要。

そしてもう1つ、大切なポイントは「お金が増えるように使う」ということ。

「どうやってお金を使ったら、今持っているお金が増えるかな?」

こうやって考えられる人って、どのくらいいるんだろう?

たぶん、ほとんどの人は無意識にお金を使って、気付いたらお金が無くなっちゃった…っていう人ばかりじゃないかな。

お金がない

そこで大切になるのが、「お金をどのように使うか」をしっかり考え使うこと。

ただやみくもに、欲しいモノばかりを買い集めているだけでは、ただの「浪費」です。

どうせなら、使ったお金が増えて手元に戻ってくるようなお金の使い方をしたいですね。

  • 家計簿をつけて、収支を把握する
  • 株式投資を始める
  • 外貨投資・FXを始める
  • 不動産投資を始める

コツコツと出費を削って、お金を捻出するには「家計簿」をつけるのがいい。

そして、仕事以外の収入を手に入れるためには、「株・FX・不動産投資」が有名どころ。

でも、これらを独学で勉強しようとすると、かなり大変なイメージってあるよね。

僕も難しいワードはホント苦手だし、覚えるのも大変だし、途中で「もういいや」ってなっちゃう。

だから、ファイナンシャルアカデミーが参加費無料で開催している「お金の教養講座」に参加して、お金が増えるお金の使い方を聞いてきました。

「お金の教養講座」公式サイトはこちら >>

関連記事はこちら↓↓

僕は、貯金が下ヘタです。 20歳台の頃はもちろん、30歳になってもずっと貯金額はゼロでした。 ふと、「このままじゃ結婚もできねーわ」と感じました。 年...
  • だれでもできる、カンタンで効果的な家計簿を付ける方法
  • 1万円から始められる節約の方法
  • お金に働いてもらう方法
  • 収入の2割を自動的に貯める方法
  • マイホームや保険など大きなお金の使い方
  • 将来収入を増やすための効率的な自己投資方法

これら、お金の使い方が無料で学べます。

詳しい内容は上記の関連記事、または公式サイトをぜひ見てください。

私は20代のうちに参加しておくべきだったなぁ…って、とても後悔。

お金の勉強は、若ければ若いほど人生へのメリットが大きいです。

さいごに

気になる貯金額について、いかがだったでしょうか?

ご自身の年収額によるところはありますが、しっかりと貯金について考えて生活を送っている人と、貯金が苦手・・・という人の差が見えたように思います。

貯金は上手にできる人と、昔の私のように貯金が下手な人にわかれますよね?

貯金額にあせってしまう人は、どこかのタイミング(もしかしたら、当記事を読んだ今?)でお金の使い方について考えてみましょう。

お金の勉強って、一生の武器になるんですよね(´ω`)

ぜひ、あなたの大切な人と一緒に、お金について学んでみてくださいね。