ハーブタバコで禁煙!吸う感覚を味わってタバコをやめる方法

ハーブタバコ

普段タバコを吸っている人でも、「ハーブタバコ」(ハーブシガレット)という名前は聞き慣れないかもしれませんね?

わたしはニコレットで禁煙に成功していますが、そのとき一緒にハーブタバコもつかっていました。

いろいろな禁煙方法を知っておけば、禁煙の離脱症状でツラくなったときに、うまく使って乗り切れますよね?

そこで、今回はハーブタバコを使った禁煙について紹介していきます。

▼もう禁煙に失敗したくない人は・・・

まるで禁煙教科書!タバコをやめたい人が読むべき禁煙の記事まとめ
わたしが禁煙に成功するためにやったことや、禁煙のコツ、離脱症状の乗り切り方など「禁煙のこと」について、20記事ほどまとめました。これから禁煙をはじめる人から離脱症状に悩む人まで、ぜひ参考にしてください。

1.ハーブタバコ(ハーブシガレット)とは?

ハーブタバコは「ハーブシガレット」とも呼ばれています。

コンビニなどで売られている一般的なタバコとハーブタバコでは、どのような違いがあるのでしょうか?

1-1.ハーブタバコの概要

ハーブタバコとは、一般的にうられているタバコと同じ構造で、口にくわえて火を付け、フィルターを通した主流煙を吸って味わいます。

一般的なタバコとの決定的なちがい・・・それは、ハーブタバコには「ニコチンが一切含まれていない」こと。

つまり、吸いながら禁煙ができます。

禁煙中にど~してもタバコが吸いたくなったら、ひとまずハーブタバコでガマン!というのも一つの手なんですよ。

1-2.ハーブタバコは合法・脱法ハーブとは無関係!

ハーブタバコは、精神に異常をきたすようなハーブを使用していません。

たまに耳にする「脱法ハーブ」は、吸引することで人を狂わせ、第三者にさえも被害を及ぼすような危険なもの。

でも、ハーブタバコに使われているのは「ハスの葉・ヨモギ・とうもろこしの毛・甘草の根」といった安全なものです。

危険ドラッグではないので、安心して楽しんでくださいね。

2.電子タバコとハーブタバコ、どっちがいいの?

電子タバコ

タバコみたいに「吸う感覚」を楽しみたい!と思ったら、電子タバコもあります。

電子タバコの場合、吸い込むのは無害の「水蒸気」。燃やして出るような有害な煙ではないので、健康的です。

また、電子タバコはフレーバー(風味)の種類が豊富なので、そのときの気分でいろんな味を楽しめるんですよ。

公式サイト JPvapor電子タバコ 詳細を見てみる→

そのいっぽうで、ハーブタバコは一般のタバコと同様に「火を付けて、発生した主流煙を吸う」というもの。

その点、電子タバコに比べると健康面で劣ります。

また、値段も通常のタバコと同じか、それ以上の金額ですので、コスト面でも電子タバコには勝てません。

ハーブタバコには「タバコらしさ」があるのがポイント!

では、なぜハーブタバコを紹介したのか?と言いますと、ハーブタバコは一般のタバコにとても似ていて、ちがいは「味とニコチンの有無」のみ。

つまり、いつものタバコを吸う手順で楽しめるんです。

  • 箱から1本を取出し、口にくわえる。
  • いつものライターやジッポで火を付ける。
  • タバコの主流煙を楽しむ。
  • 短くなったら灰皿を使って火を消す。

こうした、「タバコを吸う一連の動作」が、電子タバコにはないんですよ。

やめてスグのときは、手持ち無沙汰だったり、いつものタバコのクセが抜けてないので、なんとなく寂しい気持ちになるもの・・・。

ハーブたばこ

ハーブタバコの場合は、「副流煙を吸う」ので、健康面で害があります。

ニコチンは含まれていませんが、タールは含まれていますし、主流煙・副流煙ともに、一般のタバコと同じように被害を受けてしまいます。

ですが!依存性物質のニコチンは含まれていません。

つまり、普段の習慣通りにハーブタバコを吸って、楽しみながら禁煙を続けられるんです。

電子タバコはセットしてしまえば手軽で健康的であるものの、火をつける、灰を灰皿に落とす、灰皿で消すという、いつもの一連動作がありません。

もちろん、そういった動作についても、タバコの依存から離れる面では有効ですが、「やっぱり肌に合わない」という声もあります。

いつもの習慣が欲しい人にはハーブタバコがいいと思いますよ。

3.ハーブタバコの欠点とは?

オススメとはいえ、欠点もすでにいくつもあげていましたね。

  • 煙が発生するので、健康に害がある。
  • 火の始末がタバコと同じで危険。
  • タバコと同様、副流煙による受動喫煙がある。

そして、これは欠点とも利点とも、どちらにも取れるのですが、

  • タバコだと思って気軽に吸うと、味がめちゃくちゃ不味い!
  • 嗅ぎなれない匂いがするので、ニオイが独特で臭い!

タバコの味については賛否両論だと思います。感じ方はやはり人それぞれなので。

ハーブタバコ

ハーブタバコ経験者であるわたしの、ハーブタバコの味の感想としましては、

「不味い」の領域をはるかに超えた、今まで味わったことの無いマズさと臭さですね!

・・・とはいえ、私は多くの種類を口にしなかったものですから、違う銘柄を選べばもっと美味しい吸い心地だったのかも?しれません。

4.ハーブタバコだけでやめられない人は?

ニコレットの種類

わたしの禁煙方法は、ハーブタバコを吸いつつ、ニコチンはニコレットで補うもの。

ニコレットとは「ニコチンの置換え療法」のひとつ。ニコチンを微量に含んだガムを、口の粘膜から吸収する禁煙補助グッズです。

禁煙当初は、ニコレットがメインでした。ですが、どうしても「肺に煙を入れたい!」と思ってしまったんです。

逆に、ハーブタバコだけだと、どうしても本当のタバコを吸いたくなってしまうんですよ。(体内のニコチンが切れるため)

そんなときに、タバコの代わりになるのがニコレット。

離脱症状のイライラや集中力の低下を軽くしてくれますよ。

しかも、ニコレットは仕事中でも手軽に使えるのがウレシイ。

ハーブタバコだけでやめられない人は、わたしのように禁煙グッズを組み合わせて、あなたに合った禁煙方法を探してみてくださいね。

【実録】ガムでサポート!ニコレットの効果と副作用【成功しました】
気合だけではじめる禁煙って、ニコチンの離脱症状のせいでとてもツライ。でも、自分に合った禁煙方法が見つかると、グッと成功に近づくんです。本記事は、手軽に使える禁煙補助剤ニコレットの効果と、使い方・副作用について紹介しています。

5.まとめ

ハーブタバコは、専門のタバコ屋や、WEBで注文できます。

たとえば普段のタバコを買うついでに、1箱だけ買ってみるのもいいと思います。普段と同じように吸うだけですので、扱い方も慣れたものですしね!

もしそれが自分のやり方に合っていたら、トクした気分ですよね。

なんせ、普段通り吸いながら、ニコチンは抜くことができるわけですから。

それでもダメだったら、本物のタバコを吸う前に、ぜひ一度ニコレットも合わせて使ってみてくださいね。

ニコレットの値段と実際に禁煙成功するまでにかかる金額を出してみた
ニコレットは禁煙したときに現れるニコチンの離脱症状をかなり緩和してくれるスグレモノで、仕事中でも使えてしまう手軽さも人気のポイント!実際に計算してみるとどのくらいの金額になるのか検討してみましたのでご紹介します。