禁煙で辛いならコレを見ろ!デメリット10個でタバコの影響を再確認

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「13 分」で読めます。

タバコのデメリット10

いざ禁煙を開始!

だけど、ニコチンの離脱症状で辛い時期になると、ついつい諦めたくなるもの。

頭の中では「タバコを吸うから、また次の1本が欲しくなるんだ」ということはわかっていても、タバコの欲求がどんどん強くなって、結局いつも失敗ばかり…

禁煙って、なかなか成功しにくいものです。

そんなときは、僕はよくタバコのデメリットを考えて、「タバコにはたくさん悪影響があるんだぞ!」って再認識しながら、辛抱強く禁煙を続けていました。

今回は、タバコを吸いたい!という気持ちが少しでも収まるように、厳選した10個のデメリットについてご紹介しますよ(´ω`)

これを読んで、「もうタバコは吸わないぞ!」という気持ちを奮い立たせよう。

スポンサーリンク

タバコのデメリット10個

タバコって、たくさんの悪影響があるよね。

これってタバコを吸っているときは気にしなくても、タバコをやめたらイヤでも気付くし、デメリットってほんと多いんですよ。

タバコを吸ったら、この「デメリット10個」が、もれなくあなたにプレゼントされます!

今は辛くても、ラクになる時期が必ず来るので、がんばって継続しよう。

デメリット①.体臭・口臭がとにかく臭い!

全身が臭い

タバコのニオイって、吸ってる本人には全然わからない。

でも、タバコを吸わない人が嗅ぐと、タバコ特有のすっごいくさいニオイがするんです。

ニオイを気にして、香水やオーラルケア商品に手を出したりする人もいるんですが、そのニオイが混ざり合って「余計にくさいニオイ」になってることも気付かない…。

そして、ニオイは口臭だけにとどまらず、スーツなど洋服にもタバコのニオイはバッチリ染み付いています。

タバコ臭い営業マンの場合、その体臭と口臭のせいで、サッサと追い返されることもあるかもしれませんね?

となると、仕事の面から見ても大きなデメリットになるってことですよ。

デメリット②.歯が茶色くなって汚い!

歯が茶色

喫煙者が一般的な歯磨き粉を使っても、歯に付着したタバコのヤニは落ちないんです。

禁煙中の人でも、鏡の前で笑ってみるとタバコの影響で「歯は既に茶色」かも?

これは、特に女性にとっては大きなデメリットだと思うんですよ。

笑顔がステキな女性でも、茶色い歯を見て野郎はガッカリ。

>>>タバコによる歯の着色汚れ(Google画像検索より)

タバコを吸っていて綺麗な「白い歯」を保っている人って、ごく少数だと思いますし、ホワイトニングをしても結局またタバコで茶色くなっちゃいます。

根本的に歯を白くするなら、やっぱりまずはタバコをやめないと。

「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」公式サイトはこちら>>

この先も禁煙を継続させるためにホワイトニングで歯を白くして、「もう茶色にしないぞ!」と決心を固めるのも、すごくいい方法ですよね?

女性はこちらの記事も参考にしよう。

平成26年度の日本人女性全体の喫煙率は、およそ「8.5%」だそうです。 30~39歳が14.2%と最も多く、次に多いのが40~49歳で12.8%。 つまり、日本人女性は30...

デメリット③.壁と家具が茶色く汚れて部屋が臭い!

部屋が汚い

喫煙者はなかなか気付かないと思うんですけど、部屋がとにかくクサイ。

家電や家具、壁、洋服、押入れは、ヤニが付着して全てがクサイ!!

芳香剤を置いた所で、タバコをやめない限りは、残念ながら意味がありません。

むしろ混ざって余計にひどいニオイに進化。

家電や家具のリサイクルに出しても高価買取はムリ。

自宅でアクセサリーなどの商品を個人的に販売している場合、タバコのニオイが付着しまくるので、くさくて使えません。(実際にクサすぎて商品を捨てた経験アリ…)

壁に付着したタバコの成分は「三次喫煙」となって体にも悪影響!

デメリット④.タバコが無いと落ち着かない!

タバコがないと落ち着かない

タバコの残り本数が少なくなったとき、土砂降りの雨の中でも、タバコを買いに行ったりしませんか?

なんなら、台風で傘がぶっ飛んで雷ゴロゴロのときでも買いに行くんじゃないでしょうか?

…僕はそうだった!( ˘ω˘)

「生活がタバコに縛られている!」ということも、デメリットのひとつですよねー。

喫煙者は「ニコチン依存症」という病気なので、だいたい1時間ほどの間隔でタバコが吸いたくなるんです。

ニコチンが体から抜けていくと、タバコの離脱症状で落ち着かなくなってしまいます。

例えば、大切な試験があって長時間タバコが吸えない!そんな状況になった場合、タバコを吸わない人と比べるとすごく不利ですよね~。

デメリット⑤.集中力が欠ける!

集中力に欠ける

日常的なタバコの習慣から「ニコチン依存症」になった人は、禁煙して離脱症状が現れると、落ち着かなくなったり、イライラすることが医学的に証明されています。

落ち着かないのは「デメリット④」で紹介していますが、試験中や勉強中、仕事の打ち合わせなど長い時間「集中」しなきゃいけない場合、喫煙者はタバコが吸えないと集中力がガタ落ちします。

イライラして落ち着かなくなるので、冷静になれません。これは仕事においても大きなデメリットですよね~。

社会人になって国家試験を受けようとすると、1つの試験で2時間くらい拘束されるときもあるんです。

そんな長い時間タバコが吸えないと、試験中は「集中力が欠けっぱなし」なのです。

なので、非喫煙者に比べて不利なのは言うまでもなく…大切な試験があるなら、しっかり禁煙を目指すべき!

デメリット⑥.重病になるリスクが上昇!

タバコは重病のリスク

タバコの主流煙・副流煙にはたくさんの「発病物質」が含まれていて、喫煙者は非喫煙者と比べてがんになる確率が大きく上昇します。

また、タバコの影響で脳卒中、心筋梗塞などの心疾患になる確率もあがります!

受動喫煙は危険!タバコの副流煙が周囲に与える3つの悪影響』で詳しく説明していますが、受動喫煙をしている人は、喫煙者と同じようにタバコの影響を受けて、病気になる確率がグンッ!とあがるんです。

タバコを吸う自分を含め、あなたの周りにいる多くの人の体に悪い影響を与えてしまいます。

タバコを吸う人は、昔に比べてすっかり肩身の狭い世の中に。 「タバコは喫煙所で吸う」というマナーも、しっかりと定着したように感じます。 公共施設やお店、企業で分煙化が進み、非...

禁煙をすると、あなたや家族、ペットも健康的な暮らしが送れるんです。

デメリット⑦.シミとシワが激増!

スモーカーズフェイス

タバコは美容の大敵!

どんなに「肌にいい値段の高い化粧品」を使いまくっても、タバコはシミ・シワをどんどん増やしてしまう原因になります。

喫煙女性なら今スグ知らないと損する禁煙のメリットとたばこの悪影響』で詳しく説明していますが、喫煙者は「スモーカーズ・フェイス」といって、シミやシワの多い顔つきに変化するようになっているんです。

平成26年度の日本人女性全体の喫煙率は、およそ「8.5%」だそうです。 30~39歳が14.2%と最も多く、次に多いのが40~49歳で12.8%。 つまり、日本人女性は30...

周りの人より早く、シワだらけ・シミだらけの老け顔になってしまうって、なんだかツラいしショックですよね~。

「薬用Cプラホワイトニング」公式サイトはこちら>>

そういう「老化」とか「肌のシミ・シワ」って、同窓会に行ったりするとすぐにわかると思いますけど、「アレ!?なんか周りよりフケて見える…」って気付くともうね…。

少しでも早いうちに、徹底してシミ・シワ対策をしまよう(´ω`)

デメリット⑧.ムダにお金がかかる!

ムダにお金がかかる

今やタバコ1箱400円以上もする時代ですよ。

1日1箱タバコを吸う人は、1ヶ月で12000円もムダにお金を使っているんです!

\(^o^)/もったいなーい!

1日に2箱の人は24000円!

\(^o^)/ヨメになんか買ってやれー!

タバコのように、消えて何も残らないものに使うより、もっと上手な使い方っていっぱいありますよね。

1日1箱は1年で約15万円ですよ。

そのお金を、今よりもっと「増やす方向」に使った方が、人生も明るくなると思いますよ。

無料の「お金の教養講座」公式サイトはこちら>>

浪費していたお金を、今度は自分の将来に投資しよう。

デメリット⑨.冷え性が悪化!

冷え性

タバコは血管を収縮してしまうので、血液の流れがどんどん悪くなって、基礎代謝も低下させてしまいます。

なので、冷え性がどんどん悪化することになります。

学校の教科書なんかで見たことがあると思うのですが、喫煙直後の体の温度をサーモグラフィーでみると、タバコを吸った直後は血管が収縮して、体温が下がっていくんですよ。

禁煙をすると、全身の血行が良くなり、冷え性対策にもなるんです。

靴下を2枚履いたり、ストーブの前で手をスリスリするのもいいですが、禁煙を継続させて冷え性を根本から治しましょう(´ω`)

デメリット⑩.火が危険!

火が危険

これはホント危険で、けっこう身近なデメリット。

喫煙者は長年のクセを持っているんですが…例えば「自分は大丈夫!」と思っているのかもしれませんが、火の始末がちゃんとできない人をいっぱい見ます。

消したつもりがまだモクモクと燃えている…飲み会でよく見る光景ですよ。

自宅でお酒を楽しみながら…寝タバコのままうっかり眠ってしまったり、そこから大火事になるパターンだってありますよね?

また、車で運転しながら吸っていて、床に落として慌てる!その結果、大事故につながってしまう恐れもあるんですよ。

火を使うというのは、身近で本当に危険なことなのに、普段の慣れ・長年のクセでついつい雑に火を使う。

禁煙を続ければ、こうした火の危険からも身を守れますね!

さいごに

実際、これだけのデメリットを見つけるのに、たいした時間はかかりませんでした。

この記事を読んでいるあなたは、きっと今まさに禁煙中!でしょうか?

ぜひこのデメリットを禁煙に役立ててくださいね。そして、タバコが吸いたくなったら何度でも読みに来て下さい(´ω`)