ニコレットの値段と実際に禁煙成功するまでにかかる金額を出してみた

この記事をシェアする

この記事は約 「6 分」で読めます。

ニコレットの金額

僕は実際にニコレットを使って、禁煙10年以上が経過しております!

ニコレットは禁煙したときに現れるニコチンの離脱症状をかなり緩和してくれるスグレモノで、仕事中でも使えてしまう手軽さも人気のポイント。

最長で3カ月程度はニコレットの継続が必要ですが、自力での禁煙がツラいと感じる人にとっては、禁煙を成功に導きやすくしてくれる救世主のような存在でしょう。

ですが、3カ月程度の継続・・・と考えると、気になるのはニコレットの価格!

少しでも安いに越したことはないですが、実際に計算してみるとどのくらいの金額となるのか検討してみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ニコレットの商品価格について

『ニコレット』シリーズは、2017年7月の時点で「4タイプ」が販売されており、それぞれ味と噛み心地が異なります。

 12個24個48個96個
ニコレット2100円(税抜)
2268円(税込)
3950円(税抜)
4266円(税込)
6900円(税抜)
7452円(税込)
ニコレット
クールミント
1200円(税抜)
1296円(税込)
2300円(税抜)
2484円(税込)
4400円(税抜)
4752円(税込)
7600円(税抜)
8208円(税込)
ニコレット
アイスミント
1200円(税抜)
1296円(税込)
2300円(税抜)
2484円(税込)
4400円(税抜)
4752円(税込)
7600円(税抜)
8208円(税込)
ニコレット
フルーティミント
1200円(税抜)
1296円(税込)
2300円(税抜)
2484円(税込)
4400円(税抜)
4752円(税込)
7600円(税抜)
8208円(税込)

※消費税は8%で計算

この表は「メーカー希望小売価格」なので、市販されている値段よりもグッと高いお値段設定となっています。

…実際のコストを検討したいので、実際にお店で購入する値段で考えないと意味がないですよね。というわけで、全国展開している『ビックカメラ.COM』から、商品を検索して販売価格を調査しました。

 12個24個48個96個
ニコレット1560円(税抜)
1684円(税込)
2920円(税抜)
3153円(税込)
5630円(税抜)
6080円(税込)
ニコレット
クールミント
909円(税抜)
981円(税込)
1880円(税抜)
2030円(税込)
3250円(税抜)
3510円(税込)
6130円(税抜)
6620円(税込)
ニコレット
アイスミント
1060円(税抜)
1144円(税込)
1910円(税抜)
2062円(税込)
3250円(税抜)
3510円(税込)
5720円(税抜)
6177円(税込)
ニコレット
フルーティミント
1120円(税抜)
1209円(税込)
1880円(税抜)
2030円(税込)
3630円(税抜)
3920円(税込)
5720円(税抜)
6177円(税込)

※ポイント還元は割愛

それぞれのタイプで微妙に値段の違いがありますが、総じてメーカー希望小売価格より値段がかなり下がっていますね。

2017年7月現在の値段設定なので、時期によって変わる恐れがあります。目安としてご参照下さい。

実際には、ビックカメラで購入するとポイント還元が発生するので、実質もっと安く購入することが可能。

あなたのご近所のドラッグストアで購入する場合も、おおよそこのくらいの値段設定ではないかと思いますよ。

チェックポイント

  • ノーマル・クールミント・アイスミント・フルーティミントの4タイプ
  • ガムに含まれるニコチンを口内の粘膜から吸収する
  • 徐々に数を減らして禁煙する

ニコレットで禁煙成功するまでの「期間と個数」

ニコレットは1日にどれくらいたばこを吸うかによって、使用する個数と期間が変わります。

1日1箱(20本)として考えた場合は、

  • 1週目~4週目・・・1日4個~6個
  • 4週目~6週目・・・1日1個~3個
  • 6週目~8週目・・・1日0個~1個

このように、徐々にニコレットの使用個数を減らしていって、最終的にゼロにします。

使用期間8週間(約2ヶ月)として、おおよそ「130個~220個」といったところですね。

ちなみに僕は1日2箱(40本)だったので・・・

  • 1週目~4週目・・・1日9個~12個
  • 4週目~6週目・・・1日6個~9個
  • 6週目~8週目・・・1日3個~6個
  • 8週目~10週目・・・1日1個~3個
  • 10週目~12週目・・・1日0個~1個

使用期間12周間(約3ヶ月)として、おおよそ「390個~600個」となります。

喫煙本数が増えると、ニコレットの必要個数もグッと増えますねー。

ニコレットで禁煙成功するまでの「必要金額」

ビックカメラ.COMの販売価格を参照し、まずは1日1箱(20本)の人がニコレットで禁煙成功するまでのコストを計算してみましょう。

ニコレットは4種類ありますが、とりあえず1番安価な「ニコレット」で計算します。

1日1箱(20本)の人のニコレット・コスト

家計

96個入り6080円(税込み)なので、1個あたり63円。

使用期間8週間(約2ヶ月)で130個~220個なので、おおよそ「8190円~13860円」という金額となりました。

僕はMarlboroを吸っていたので、Marlboroで1カ月のたばこ代を計算してみると・・・

2017年7月現在で、1箱あたり460円。

1日1箱(20本)で1ヶ月(30日)とすると「13800円」ですね。

つまり、ニコレットを使って約2ヶ月で禁煙が成功できた場合、1ヶ月のたばこ代と同じくらいの金額ということになります。

普段のたばこ代だけでニコレット代をまかなえて、なおかつ禁煙も成功できるので余計な出費が発生せず経済的。

1日2箱(40本)の人のニコレット・コスト

家計

次は1日2箱(40本)の人がニコレットで禁煙成功するまでのコストも見てみましょう。

ニコレット1個あたり63円として、使用期間12周間(約3ヶ月)で390個~600個なので、おおよそ「24570円~37800円」という金額となりました。

こちらもMarlboroで1カ月のたばこ代を計算してみると、1箱460円で1日2箱(40本)、1ヶ月(30日)として「27600円」となります。

ニコレットが1ヶ月のたばこ代をオーバーしているように見えますが、ニコレットの金額は3ヶ月分の値段なので、1ヶ月のニコレット代は「8190円~12600円」となり、たばこ代よりもガッツリ安価なことがわかりますね。

結果的に、たばこ代だけで毎月のニコレット代をまかなうことができる!ということがわかりました。

ニコレットの詳しい効果や使い方は『噛むだけ簡単!じっくりと禁煙成功に向かうニコレットの効果と副作用』という記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

禁煙に何度もチャレンジしているものの、いつもニコチンの離脱症状のツラさに負けてしまって禁煙が長続きしない…。そんな経験、僕もいっぱい...

まとめ

実際にかかる金額は取り組む人によって変わると思いますが、おおよそたばこ代だけでニコレット代をまかなえるため、経済的に苦しくないのがいいですよね。

ニコチンの離脱症状でツラいと感じるひとは、ぜひ一度おためしください!