1時間ウォーキングダイエットで成功!3ヶ月続けた健康効果とは?

この記事をシェアする

この記事は約 「10 分」で読めます。

ウォーキングダイエット

社会人の人でデスクワークがメインの人は、座っている時間が長いために1日の運動量が少なくなりがち。

パソコンや書類に向かっている時間が長く、飲み物を取りに席を立ったり、トイレに行ったりするときしか動かない!という人も多いんじゃないでしょうか。

僕も昔からずーっとデスクワークがメインの仕事をしているので、毎日いつも座りっぱなしです。あなたの生活はどうでしょうか。

僕は座りっぱなしのせいで、腰痛もさることながら肩こりにガッツリやられていました…!

そんな僕が、この度は妻のダイエットに強制参加させられ、3カ月の間、1時間~1時間半ほどのウォーキングを行いました!

その効果が本当に素晴らしいものだったので、実際に僕が体感したウォーキングの効果について紹介しますよ!

スポンサーリンク

ウォーキングやランニングが、とっても人気な理由

ウォーキングが人気な理由

内閣府の「体力・スポーツに関する世論調査」によると、過去1年間にウォーキングをした事がある人の割合は年々増加し、国民の2人に1人がウォーキング経験者となっています。

また、今後行ってみたい運動・スポーツの種目のトップにも挙がっています。

なぜこんなに人気なんでしょうか?それにはいくつか理由があります。

誰でも気軽に始めやすい!

ラフな服装とシューズがあれば、すぐに始められる運動であり、その単純で明快さがウリ。

難しい技術なども特にないので、老若男女問わず行うことが出来ます。

ウォーキングは会話がしやすく、30分~1時間程度の時間を運動してもクタクタになりづらいので、有酸素運動として継続しやすいところも魅力。

関節や筋肉への負担が少ない!

ランニングは関節や筋肉に対して若干の負担がありますが、ウォーキングの場合は怪我のリスクが低く、疲労を翌日に残しにくいです。

クタクタになってもう歩けない!なんて事もなく、翌日は筋肉痛で動けない!というような事もほとんど無いですね。

もちろん、無茶すればそうなりますが・・・節度を守って行いましょう。

時間の制約がない!

好みの時間に、気楽に開始できるのもウォーキングのメリット。

支度もすぐに出来ますし!

体育館やジム、専用の機器などが一切無くても出来るという気軽さもいいですねー。

「よっしゃ、行こう!!」と思った時にサッと行動に移せるのが魅力的。

スポンサーリンク

体感したウォーキングの効果

ウォーキングやランニングという言葉を聞くと、カロリーを消費するという意味でダイエットと結びつきやすいですね。もちろんその他にも、色々と効果があります。

3ヶ月間、1時間~1時間半のウォーキングを継続させた僕の、実際の体感効果も含めながら書いていきますよ!

妻は-10kg!僕は-5kgのダイエットに成功

体質にもよると思うのですが、5~7kmを毎日ウォーキングして、多少の食事制限も行っていますが、言い出しっぺの妻は-10kgというダイエットに成功!

僕は仕事の都合で夜遅くに食事をする事もあったのですが、それでも見事に-5kg!

ダイエットに成功

僕の場合はもともと肉付きが良い体ではないのですが、若干腹回りにお肉がついていました。それが絞られて、ウェストが細くなったように見えます。

妻は全体的にスリム化!そりゃ-10kgだもの…。

しかも運動によるダイエットなので、健康的に痩せているのがポイント!

ゲッソリした感じがないんですよ。

肩こり・腰痛・頭痛が改善

僕はダイエットの効果よりも、正直こっちの方が嬉しかった!

ウォーキングをする時、意識的に腕を大きくふるようにした方が、肩こりによいと聞いたのですが、このお陰で肩のこりが解消され、そこから発生していた頭痛も治りました。

頭痛については、肩こりという根本が解消されたお陰だと思います。

日常的に頭痛薬を飲んでいたので、これは本当に助かりました~。

もしウォーキングを続けていなかったら、肩こりと頭痛は解消されなかったと思います。

冬になって積雪が多くなった時に、ウォーキングが気軽に出来なくなってしまったら、また元に戻ってしまうかもしれませんが…。

脳のリフレッシュで、ストレス解消

ウォーキングでリフレッシュ

ウォーキングやランニングなどの、リズミカルな一定運動は脳をリフレッシュする効果があるそうです。

僕もウォーキングを続けることで、イライラした日も歩けば多少はスッキリしました。

外の空気をたくさん吸ったり、周りの景色をゆっくり見ることでもリフレッシュ効果があって、気持ちよかったですねー。

実際、仕事が終わった後のウォーキングのお陰なのか、歩き終わった後は頭の中がクリアになって、今まで以上にブログや趣味に没頭できるようになりました!

また、日頃からデスクワークで座りっぱなしだったので、身体を動かしていない事による
気持ち悪さをよく感じていたんです。

でも、ウォーキングをした後は血行が良くなって身体も適度に疲労するので、気持ち良さ・心地良さを感じられるようになりましたよ。

睡眠の質が今までより良くなった

睡眠の質

ウォーキングのおかげで身体が適度に疲労するので、運動をしなかった頃よりも質の良い睡眠が得られるようになりました。

僕は普段デスクワークばかりですが、頭をずーっと使った日の夜は、とても眠りづらく感じていたんです。

とにかく寝つきが悪かった…。

気持ちがいつまでも晴れないし、枕元で仕事のことばかり考えていたようにも思います。

ウォーキングをするようになってから、頭が疲れていても眠りにつくまでに時間がかからず、けっこう早めに寝れるんですよ。

時には一瞬で眠りにつくこともあるほど…。

睡眠の質も、身体が適度に疲れることで、向上していると思います。

目覚めも、とっても気持ち良いものに変わった気がしますよ!

二度寝がもったいないくらい。

頭の回転がよくなり、記憶力もアップ

頭の回転がよくなる

ウォーキングをすることで、脳の隅々にまで血液・酸素が行き渡します。

そのうえ、βエンドルフィンの作用によって、頭が冴えてクリアな状態になります。

実際、僕もウォーキングをしながら考えごとをしたり、相談ごとをしたりしましたが、いつもより発想力が良くなった気がしました。

なんと言いましょうか、普段よりも思いつくことが違うというか。

思えば、何気ない会話の中でも、いつも以上に頭の回転は良かったと思います。

普段よりもインスピレーションが高まるというか、色々な発想もわいてきました。

日常の会話よりも、奥の深い会話がいっぱいできたなーと実感していますよ。

ウォーキングによって記憶力が高まることも科学的に実証されていますし、歩きながら暗記の勉強とか、脳内でアウトプットを繰り返すのもいいかもしれませんね!

会話の時間がたっぷりある

これはご夫婦やカップル、友人と共に行う場合においてですが。

普段仕事や家事、それぞれが忙しい場合に、上手にコミュニケーションを取る時間がないケースも多々あると思います。

そんな時にこのような運動を取り入れる事で、二人の会話の時間を増やすことができます。
談笑や苦楽を共にすることで、新しい発見が得られる事もあると思います。

コレは先ほど前述しましたが、ウォーキング中での会話は普段家でする会話よりも、内容の面白いものに自然となっている場合が多かったです。

また、普段あまり話さないような、心の奥底にしまってあるような会話も、自然とオープンで話ができる、不思議な感覚でしたね。

スポンサーリンク

ウォーキングを長く継続しよう

ウォーキングを継続する

気軽に始められる運動ではあるものの、人間誰しも怠け者です。

「面倒だな…」って思う日もありますよね?

そこで!

3ヶ月もの間、無事にウォーキングを継続することができた実績から、ウォーキングやランニングを長く続けていくためのコツをご紹介します。

ウォーキング・ランニングシューズは程々の値段を!

あまりにも適当に安いウォーキングシューズを選ぶと、クッションが悪く、足腰やひざを痛める恐れがあります。

また「歩きにくい・窮屈・つま先やかかとが痛い」など、ウォーキングやランニングに向かない靴はやめておきましょう!

かといって、高級なウォーキングシューズを選ぶ必要もないと思います!

あなたのオサイフ事情と相談して、自分の足に合ったものを選ぶだけでOKですよ。

かかとのクッション性、靴先の曲がりやすさ、軽量であるなどがポイント!

他にも、動きやすいウェアなどがあるといいですね~。

スポーツ専門店で専用グッズを買うと、ますます気分もアップ!

形から入るのも、それでヤル気が上がるのなら全然OKだと思います。

『スーパースポーツゼビオ』で運動グッズをみる

歩数計・カロリー計など、ダイエットグッズをそろえる

活動量計

気力だけで続けようとしても目標や楽しみがないと難しいもの。

歩行距離や消費カロリー、歩数などを計測出来るアイテムや携帯のアプリなど、今では多くの楽しみ方があるので、それらを上手に活用しましょう。

ちなみに、僕が最近使っているIPhoneアプリは「Vitalbook」といいます。

また、僕の妻は「Polar Loop2」という活動量計を毎日使っています。

活動量計

チェックポイント

  • フィンランド発のスタイリッシュなデザイン
  • 「休憩」「座っている」「低(立ち仕事など)」などを自動識別
  • Bluetooth(R) 採用でスマホと連携!

PCやスマホアプリでさらに便利

最近では計測データを瞬時にPC・スマホに送信できる体重計も多数販売されています。

そんな数ある中から僕がおすすめする体重計がこちら!

チェックポイント

  • 最大8名のユーザーを自動認識
  • ベビーモードと妊娠モードも搭載し、赤ちゃんの健康もトラッキング可能
  • 体重計に乗るたび、Wi-FiやBluetoothを通じてデータがHealth Mateアプリに同期
  • 体重、BMI、体脂肪、水分率のほか、骨量、筋肉量も測定

この体重計はiPhoneのヘルスケアに対応しているので、無料で長期データ保存が可能です。

また、体重計に乗っただけで登録ユーザーの誰なのかを自動判別もしてくれます。

無理はしないで適度に休む

運動は続ける事に意味がある!などと言いますが、たまには休憩を取る日も大事です。

立て続けに負担をかけていくと思わぬ怪我や疲労が取れなかったりと、デメリットに目が行ってしまいます。

休む時は休む。動く時は動く。メリハリも大事。

雨の日は「踏み台昇降運動」

休むことも大事なのはわかるけど…一度休んじゃったら続かない!

そんな人もいますよね。

そこで、我が家が導入したものがこちら。

踏み台昇降

チェックポイント

  • 自分のペースで楽しめる
  • ウォーキングの時間がとれなくてもテレビ見ながらできる
  • 天候に左右されない(これが最大のメリット)
  • 特に冬場に雪が降る地域の方にオススメ

雪道歩くより、家でコレやってた方がはるかにラクでした。

まとめ

ウォーキング、ランニングをする事で、色々と生活に変化があると思います。

僕は、普段以上に会話の時間が取れる、運動のお陰でよく眠れる、デスクワークでパンパンになった脳内が歩いてスッキリする、などなど。

効果の出やすい、出にくい、メリットの見つけやすさ等は人それぞれですが、気軽に始められるので、運動不足を感じている人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!