【音楽と集中力】勉強は「無音」がもっとも集中できるという研究結果

集中力とBGMの関係
ゆーま
ゆーま

よし、集中するぞ!ノイズキャンセリングイヤホン装着!

勉強中や仕事中などの集中したいときに、どんな音楽を聴いていますか?環境音?もしくはクラシックなどのゆったりとした心地よい音楽でしょうか。

さまざまな論文で、じつは「音楽無しがもっともパフォーマンスが上がる」という結論に至っています。

えぇっ!勉強にBGMって付き物じゃん!

そうなんですが、音楽は使い方次第でむしろ勉強・仕事の集中力を「邪魔する」とのこと。

というわけで今回は、音楽と集中力に関する研究結果と、無音の空間を作り出す「ノイズキャンセリング」について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

論文による、音楽と集中力の関係

2007年の「The effect of background music and background noise on the task performance of introverts and extraverts」という論文に、音楽が集中力に及ぼす影響について書かれています。

実際に行った実験内容は、次のようなもの。

実験内容
  • 40名の被験者に5つの認知テストを行ってもらう。
  • このうちの10名に、次の4つのBGM環境下でテストを行った。
  • 1.速いテンポのBGM
  • 2.ゆっくりなテンポのBGM
  • 3.環境音のBGM
  • 4.BGM無し
  • 参加者は内向性・外向性のレベルも評価され、音楽・騒音と学習の好みも報告された。

いろんな音楽を聴いてもらって、どれが1番高得点を叩き出したかを調べたわけですな。

「音楽無し」がパフォーマンスを高くする

よく「作業するなら環境音が良い」とか「クラシックを聴けばα波が~」と聞きますが……この論文の結果、

「背景音(BGMや環境音)の存在下では、無音に比べてすべての認知課題においてパフォーマンスが低下していた。」とのこと。

音楽のない、静かな環境で勉強・仕事するのが、一番集中力が高まって作業もはかどるっていう結果でした。

速いテンポ、ゆっくりなテンポの2つの音楽は、所詮は気晴らし程度の効果しかないそうです。無音、強し!

音楽を聴いて勉強してたけど、間違ってたんかい!

音楽はむしろ「読解の妨げ」になる

音楽に関する別の論文「The impact of background music on adult listeners」でも、

音楽なしの場合と比較した研究では、音楽は読解の妨げになり記憶力への影響は小さいが、感情反応にはプラスの影響を与え、スポーツの成果を向上させる」とのことでした。

まとめると、音楽は

  • 読解 → 妨げる(×)
  • 記憶力 → やや低下(△)
  • 感情 → プラスになる(○)
  • スポーツ → 好成績(○)

シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが、練習中にhitomiの「LOVE2000」を愛聴していたのは有名な話。

音楽は、運動成績をアップさせる反面、勉強やデスクワークなどの知的作業には不向きであるという結論でした。

ゆーま
ゆーま

音楽が作業にイイと思い込んでたなぁ。

さらに続けると、ウェールズ大学の研究では、

  • 自分の「好きな」音楽を聴きながらテストを受けたグループ
  • 自分の「嫌いな」音楽を聴きながらテストを受けたグループ
  • 音がない状態でテストを受けたグループ

という3つのグループに分けて、音楽とテストの関係性について実験しています。

その結果、音楽がない状態のグループが圧勝で、音楽を流したグループは自分の好きな曲でも嫌いな曲でも、テストの点数が50%も落ちたとのこと。

……やっぱり「無音」が最強なんですな。

音楽を聴いた方がはかどる!と思い込むのはナゼ?

クラシック音楽や自然音を聴くと「α波」が出て、ストレス解消や集中力向上、さらには免疫力まで向上するとされています。

また、音楽を聴くことでドーパミンが出て、いい気分にもなります。

じゃあ、やっぱり効果あるんじゃないの?

いい気分になる効果はありますが、その効果のせいで、実際に仕事や勉強が進んでいないのに、さもやり遂げたような感覚を持ってしまいます。

つまり、作業効率は上がってる!!…と、錯覚してしまうわけです。音楽は高揚感を与えてくれますが、集中力までは与えません。むしろ奪う存在です。

ゆーま
ゆーま

α波が出ようが、音楽に気を取られた時点で作業効率はガタ落ちってことだね。

音楽は、いい気分にしてくれる効果はあるので、勉強や仕事の10~15分前に聴いて、タスク中は無音にする!というのが、科学的に最強の音楽活用法です。

スポンサーリンク

「無音」に近い空間を作る!ノイズキャンセリングとは

ノイズキャンセリング機能付きイヤホンやヘッドホンを使うと、無音に近い空間を作りやすくなります。

わかりやすくすると、原始的なイメージが「耳栓」に対し、ハイテク化したのが「ノイズキャンセリング」という感じ。

ノイズキャンセリングとは?

ノイズキャンセリングは、外界の音の波形(音波)のうねりに対し、逆位相(正反対の音波のこと)をぶつけて打ち消しあうことで音を消します。

ノイズキャンセリングの超簡単な説明
  • カフェなどの騒音:プラス1
  • 逆位相の音波:マイナス1
  • -1=0!
  • このように、互いの音波で打ち消し合う

もともとは、航空機のパイロットの耳を保護するために、高レベルの騒音をカットしながら、管制塔などの外部の通信を可能にするために開発されたものでした。

ちなみに、全くの無音になるワケではなく、あくまでも人が耳障りに感じやすい40~1,500Hzの音を低減させるものだそうです。

詳しくは、下記のSONYホームページにて。↓↓

ノイズキャンセリング機能付きイヤホン・ヘッドフォン3選

Kindle Unlimitedで読める家電雑誌「家電批評」をはじめとする某家電雑誌郡を参考に、高性能ノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドフォンを3つ紹介します。

Kindle Unlimitedは、月額980円で、家電批評を含むたくさんの雑誌、マンガ、文庫本など10万冊以上の本が読み放題になるサービス。

こうした「調べごと」をするときも、読み放題だからとっても重宝しております。

Kindle Unlimited
↑↑こんな感じで、タブレットで読んでいます。

気になった方は「Kindle Unlimitedについて超詳しく書いた記事」を参照ください。↓↓

【Apple】AirPods Pro

AirPods Pro

iPhoneユーザーに人気のノイズキャンセリング機能付きイヤホン、AirPods Pro。圧倒的な騒音の除去精度で一躍大流行となり、品切れ騒ぎにまで発展しました。

音で対抗するSONYに対し、ノイズキャンセリング性能で頭一つ抜け出た、最強とも言えるノイキャンイヤホンです。

しかしながら、音質自体はやはりSONYに及ばず……。「ノイキャン性能を取るか、音質を取るか」この2択になりますね。

重量5.4g
バッテリー持続時間最大4.5時間(NC ON時)
接続lightning
BluetoothバージョンBluetooth5.0

【SONY】WF-1000XM3

WF-1000XM3

音質の良さが群を抜く、まさにSONY品質のノイズキャンセリング機能付きイヤホン、WF-1000XM3

ノイキャンイヤホンでAirPods Proと双璧を成す存在で、音質・バッテリー持続時間を優先したい人には、断然SONYがおすすめ。

iPhone以外のユーザーであれば、SONY一択とまで言える商品です。

重量約8.5g
バッテリー持続時間最大6時間(NC ON時)
接続Type-C
BluetoothバージョンBluetooth5.0

【SONY】WH-1000XM3

WH-1000XM3

ノイズキャンセリングヘッドホンの中でも人気なのが、最新機のWH-1000XM3

旧モデルのWH-1000XM2から、さらにノイキャン性能と音質がアップし、ヘッドホンの中で最強クラスの商品です。

275gと、重量がそこそこあるものの、バッテリー持続時間は驚異の30時間!イヤホンタイプか、ヘッドホンタイプかで悩みそうですね。

重量約275g
バッテリー持続時間最大30時間(NC ON時)
接続microUSB
BluetoothバージョンBluetooth4.1
ゆーま
ゆーま

お気に入りのノイキャンイヤホンをGETして、集中力を高めよう!

まとめ

ということで、勉強に集中ができなくなる音楽の研究結果について書いてきました。

  • 音楽が流れていると、無音よりパフォーマンスが低下する
  • 音楽は読解力を下げる
  • 音楽はテストの結果を下げる

ということが分かり、対策としては「無音」の空間を作ること。

  • 耳栓を使う
  • ノイズキャンセリング機能の付いたアイテムを使う

このようになります。

やはり勉強も仕事も、静かな場所でやるに限りますね。

わたしの職場では常にラジオが流れているのですが、知的作業の天敵という事実が判明した以上、なんとか対策をせねばなるまい……。

集中力を高めるための記事一覧はこちら。↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
集中力を高める

次に読んでほしい記事

この記事をシェア
このブログの管理人

●集中力を高めたい
●記憶力を強化したい
●運動を習慣化したい

そんな自分の理想を叶えるため、さまざまな科学的根拠を探し、書籍を読みあさり、自己改善に取り組んでいます。

詳細はこちら ⇒

フォロー
スポンサーリンク
おやじろぐ。