勉強・仕事の集中力が続かないのは机に置いたスマホの仕業だった!?

集中力とスマホの関係
ゆーま
ゆーま

さて!集中するために、いったんスマホを片付けよっと。

勉強中や仕事中、あなたはいつもスマホをどこに置きますか?すぐ見れるように手元に置いたり、机の上だったりしていませんか?

数々の研究結果から「スマホが手の届くところにあると、集中力は著しく低下する」ことが分かっています。

スマホでADHD悪化するしIQも下がるぞ!」の記事でも書いたように、集中力にとってスマホは害悪でしかないんです。

というわけで、さっそく目の前のスマホを片付けましょう!さぁさぁ!

えぇ!?置いておくだけならイイじゃん!!

じつは「触る・触らない」に関係なく、目の前にスマホがあるだけで集中力が低下しちゃうんです。ほんとスマホって厄介だなぁ。

というわけで今回は、スマホと集中力に関する研究結果と、スマホなどの誘惑するモノを強制的に片付けてしまう方法について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

論文による、スマホと集中力の関係

2014年の米テキサス大学オースチン校の研究記事「The mere presence of your smartphone reduces brain power, study shows」に、スマホが集中力に及ぼす影響について書かれています。

実際に行った実験内容は、次のようなもの。

実験内容
  • 約800人のスマートフォンユーザーを対象。
  • 集中力を必要とするテストを被験者に受けてもらう。
  • 無作為に選ばれた被験者は、スマホを机の上に置いてテストを受ける。
  • その他の被験者は、スマホを別室に置いてテストを受ける。

目の前にスマホが「あるか・無いか」の違いを比べています。

スマホがあるだけで、成績は下がる

テストでスマホを使うわけでもなく、ただ近くにスマホを置いただけなのですが……この論文の結果、

別の部屋にスマホを置いた参加者の成績は、机の上に置いた参加者の成績を上回り、ポケットやカバンの中にスマホを入れた参加者を、わずかに上回っていた」とのこと。

手元のタスクに集中してるつもりでも、じつはスマホがあるだけで認知能力が低下することを示唆しています。

つまり、スマホは別室に置いて勉強・仕事をするのが、一番集中力が高まるし、効率的だってことが分かります。

目の前にあると気が散っちゃうってことか……。

ちなみに、スマホをポケットにしまった人も、同じように認知能力は低下し、スマホ依存度が高い人ほど成績は悪くなったと報告されています。

スマホって集中力の「天敵」ですな。

集中力は、わずか「2.8秒の邪魔」によって崩壊

集中力に関する別の論文「Momentary interruptions can derail the train of thought.」では、

わずか「2.8秒」の邪魔が入るだで、作業成績が「半分以下」にまで落ちてしまったと書かれています。

ちなみに、4.4秒の邪魔が入った場合は、なんと1/3にまで作業成績が落ちていました。

ゆーま
ゆーま

スマホの通知音だけで、じつは集中力は崩壊してるんだ。

……もろい。もろすぎるぞ集中力!

たったの2.8秒の邪魔のせいで、1時間で終わる仕事は2時間に、2時間で終わる仕事は4時間になる……なにこれ怖すぎ。

スポンサーリンク

集中力が長く続く!スマホをそばに置かない工夫

スマホがそばにあるだけで集中力は激減し、通知が来ただけで作業時間が倍になるという……あんまりな結論でした。

では、そんなスマホに対し、どんな対策が必要でしょうか?……片付けなさい。

というわけで、次の2つの工夫を紹介します。

スマホをそばに置かない工夫
  • 見えないところにしまう
  • 簡単に開けられない所にしまう

【1】見えないところにしまう

お手軽な対策は、引き出しや鞄にしまうのがシンプル。とにかく「目につかず肌にも触れず」がポイントです。ポケットはダメ。

このとき、サイレント設定にして、バイブさえもOFFの状態にするのが得策です。通知音や振動音が聞こえた時点で、注意がそれるからです。

1つのことに集中している間は、スマホの存在自体を忘れるのが1番!

ちなみに、わたしは自宅作業中(ブログ・読書中など)は、スマホもタブレットもあえて別室に置きます。職場では、普段目につかない位置の棚に置きます。

慣れたら、この方が快適になりました。

スマホをしまっても気になる!!!

しまった状態でソワソワする方は、スマホへの依存が強いかもしれません。アプリを削除したり、通知を減らすなどで、スマホ依存から脱却すべし。

もしくは、次の対策に進みましょう。↓↓

【2】簡単に開けられない所にしまう

机の抽斗ひきだしや鞄だと、ついついスマホに手が伸びてしまう……。そんな、スマホ依存の強めな人は、強制的に触れなくするアイテムを使うのも手です。

タイムロッキングコンテナ」といって、タイマーが0になるまで開けられない仕組みになっている、とても画期的な禁欲ボックスがあります。

クイズ番組で有名な松丸亮吾さんも愛用しているアイテムです。↓↓

インターネットで簡単に手に入ります。↓↓

使い方はとっても簡単。

  • STEP1:しまいたい物を入れて、蓋をする
  • STEP2:任意の時間にタイマーをセット
  • STEP3:タイマーが0になったら、蓋が開く

スマホの他にも、例えば

  • ゲームのコントローラー
  • 小型ゲーム機
  • マウス
  • 読みかけの本
  • テレビのリモコン
  • その他、気になるもの

こんなふうに勉強や仕事の邪魔になるものをしまっておけば、一定期間はタスクに集中できますね。(強引にブチ壊すタイプの人は早めに病院に行きましょう!)

まとめ

ということで、勉強に集中ができなくなるスマホの研究結果について書いてきました。

  • スマホをそばに置くだけで成績は下がる
  • 集中力はたった「2.8秒」の邪魔で崩壊する

ということが分かり、2つの工夫は、

このようになります。

「そばに置く」たったそれだけで集中力が低下してしまう、恐るべしスマホ。集中したい作業中は、置き場所にも工夫が必要ですね!

スマホの使いすぎでADHD発症率が高まるし、IQも下がるっていう、恐ろしい記事もありますし。↓↓

スマホとの距離感について、とても考えさせられる記事でありました。ハイ。

集中力を高めるための記事一覧はこちら。↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
集中力を高める

次に読んでほしい記事

この記事をシェア
このブログの管理人

●集中力を高めたい
●記憶力を強化したい
●運動を習慣化したい

そんな自分の理想を叶えるため、さまざまな科学的根拠を探し、書籍を読みあさり、自己改善に取り組んでいます。

詳細はこちら ⇒

フォロー
スポンサーリンク
おやじろぐ。