【禁煙成功!】たばこをやめる5つのコツと実感した効果

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「20 分」で読めます。

禁煙成功のコツ

禁煙ってよく、「むずかしい」とか「つらい」って言われていますよね?

でもそれって、ちゃんと禁煙のコツをつかめていないから、成功しにくいし難しいと感じるんだって思うんです。

禁煙をしっかり継続するなら、やっぱりちゃんとコツを理解しておかないと!

禁煙に成功してかれこれ10年以上が経ち、スッパリとタバコと縁を切った僕でも、昔はMarlboroを1日に2箱も吸う愛煙家でした。

そんなヘビースモーカーな僕でも禁煙に成功できた「禁煙するときのコツ」や、僕が体感した「禁煙したときの効果」を紹介しますよ!

スポンサーリンク

禁煙の出来る人・出来ない人の差と「5つのコツ!」

なぜあの人は禁煙に成功できたんだろう? どうして自分は失敗ばかりなんだろう?

実は、なかなか自分では気付けない、でも明確な「差」があるんですよ。

その辺もちゃんと理解していきながら、禁煙を成功に導くためのコツを知って上手に禁煙をスタートさせよう。

禁煙成功のコツ①.キッカケを大切にしよう

禁煙のキッカケ

  • 禁煙に成功する人はキッカケを「活かす」
  • 禁煙に失敗する人はキッカケを「逃がす」

禁煙が成功しない人って、与えられたチャンスを活かしきれていない。

僕の場合は、肺気胸になって入退院を2度も繰り返したんですけど、実はその度にまた喫煙を繰り返していました。

実際は僕だって、なんだかんだでせっかくの大切なキッカケを、ここで2回も逃しています。

そして3度目の気胸で入院したとき、肺の一部を切除する手術を行い、医師からこう言われたんです。

「さっさと禁煙しないと、また気胸になる可能性がある!!」

…このたった一言が、僕の禁煙のキッカケになりました。

手術をして、痛いしツラい思いをいっぱいしたし、もう二度と経験なんかしたくない入院生活だったんですよ(泣)

だから、もう二度と気胸にはなりたくない…!

「しょうがない…嫌だけど、これをキッカケに禁煙するか」

そう考えざるを得なかった。

このように「病気がキッカケ」となる人は少ないかもしれませんが、キッカケは何でもいいんですよ。

例えば

  • 節約して欲しいものを買いたい
  • ペットを飼うため
  • 美容のため
  • 子供が欲しいから
  • キレイで快適な部屋で過ごしたい
  • 貯金をもっと増やしたい
  • 健康に気をつけたい

自分が「これキッカケになるな」と思ったときが、禁煙を始めるチャンス。

禁煙成功のコツ②.小さな目標を立てて実行しよう

新しく目標を立てる

  • 禁煙に成功する人は小さな目標を立てる。
  • 禁煙に失敗する人は大きな目標を立てる。

禁煙が成功する人は、コツコツ小さな目標を作って、段階的に乗り越えています。

例えば、

  • 今日1日、たばこを吸わないでがんばろう。
  • よし、1日がんばれた。じゃあ明日も続けてみよう。
  • 2日目もがんばれたし、もう1日続けてみるか。
  • 3日目も続いたぞ!よし、じゃあ開始から一週間を目指すか。
  • 一週間、よく禁煙できたなぁ。じゃあさらに3日続けてみるか。

こうして、いきなり大きな目標ではなくて、達成可能であろう小さな目標を一つずつ積み上げて行くんですよ。

成功を積み重ねる

なかなか禁煙が成功しない人って、いきなり大きな目標にチャレンジするか、逆に何も考えずに進めていくんです。

「じゃあまず一週間頑張るか~!!」

パッと見、一週間という期間は長くないですけど、「禁煙の最初の一週間」は長いよ?

だから、最初はもっと短いスパンで達成感を味わって、少しずつ成功に向かっている実感を感じ取った方が、禁煙は成功しやすいんです。

目標もなく「とりあえず禁煙してみるか!」という勢いだけでやめれる人は、よっぽど意思の固い人ですよ。

時系列で見る禁煙後の体調変化と1ヶ月目に注意する行動』で詳しく紹介していますが、禁煙は時間とともに体感できる効果が違っています。

禁煙を開始すると、ニコチンの離脱症状がおきてツラい! でもその裏で、身体は体調を徐々に整えて非喫煙者に近づく変化を起こしています。 辛い!でも健康になってる!そう思って、引...

上の記事を見て、禁煙による体調の変化を楽しみながら、ゆっくり禁煙を続けていけば成功しやすいですよ。

禁煙成功のコツ③.自分に合った方法を探そう

自分に合った禁煙方法

  • 禁煙に成功する人は自分に合う方法がわかっている。
  • 禁煙に失敗する人は自分に合う方法が見つからない。

自分の意志だけで「たばこをやめる!」という方法もアリですけど、禁煙の方法は日々進歩しているんですよ。

禁煙グッズはたくさんあるし、禁煙外来も昔に比べて身近な存在になってます。

つまり、今は「あなたの性格に合った禁煙方法を選べるんだ」ということ。

せっかくたくさんの禁煙方法があるのに、それを利用しないで失敗した…。

そのうえ、気分まで落ち込んじゃうのって、ちょっと「もったいない」じゃないですか?

そこで、自分の性格上、どんな禁煙方法が一番いいのかな?ってことを、じっくり考えてみてほしいんです。

「これはお金がかかるな~」とか「これはちょっと苦手かも…」など、判断の基準は人それぞれ違うと思います。

じっくり考えたうえで、「やっぱり俺は気合だけでいくぜ!」という人もいるでしょう。

でも実際、禁煙で成功できない人の多くは「気合だー!」っていう精神論だけで突破しようとする人が多いんですよ。

結局、自分で決めたはずの精神論に、たばこの方が勝っちゃうケースが多い。

これは、あなた自身が弱いわけじゃなく。

タバコは悪魔

タバコって、「そういう悪魔的なモノ」なんですよ。

そこで、ちゃんと禁煙に成功できる方法を、あなた自身でも考えてほしいんですよね。

【禁煙を気合で乗り切る場合】

  • いつもイライラする
  • 眠気が超つらい
  • たばこの事ばかり考える
  • 落ち着かない
  • なんか具合が悪い
  • 周りの喫煙者がうらやましい!
  • 仕事、家事、勉強が手に付かない
  • ちゃんとやめれるか不安

そのいっぽうで…

【禁煙グッズで乗り切る場合】

  • リラックスできる
  • 手持ち無沙汰を解消できる
  • 成功できる気分が高まる
  • 仕事も勉強もそこそこはかどる
  • やめられる安心感は大きい
  • 吸い続けることを考えたらコストが安い
  • 飲み会でもタバコを吸いたくなる心配が減る
  • 電子タバコなら「ベイプトリック」という楽しみも

ベイプトリック映像集↓↓

電子タバコを楽しんでいる若者や、スーツ姿のサラリーマンを見かけることがあるんですけど、それを見ると「ずいぶん普及したもんだなぁ…」とひしひし感じますね!

JPvapor公式サイトで電子タバコを見る

一昔前の「禁煙パイポ」が現代風にパワーアップしたイメージ。

気合だけではツラかった!という人は、次の禁煙チャレンジまでにグッズを用意してみよう!

禁煙成功のコツ④.禁煙のタイミングを作ろう

禁煙のタイミング

  • 禁煙に成功する人はタイミングを決める。
  • 禁煙に失敗する人はタイミングを決めない。

「思い立ったら即、行動!」それはそれで、大変素晴らしいことだと思います。

しかし、それは禁煙に向いてないと僕は思います。

仕事がバタバタしていて忙しい時期や、資格の勉強、試験の勉強など学業に追われているとき、ストレスの多い時期などは、絶対に避けるべきなんですよ。

なぜかというと、ニコチンの離脱症状で挫折する人が多いからです。

タバコの離脱症状が特に激しい期間は、禁煙して2~3日目だったり、長い人で一週間ほどと言われていて、その症状は以下のようなもの。

  • タバコが吸いたい衝動に駆られる
  • イライラして落ち着かない、集中出来ない
  • 頭痛がする
  • 激しい眠気がする、身体がだるい

禁煙の離脱症状

あらわれる症状や強さは人によって差がありますが、僕が禁煙したときにひどかったのは、「とんでもない眠気と、全身のだるさ、集中力の極端な低下」でした。

今でもちゃんと覚えていますが、満足に仕事ができるような健康状態・精神状態ではありません。本当にきっつい…。

というわけで、禁煙のタイミングを作ろう。

禁断症状のツラい時期を乗り越えられるだけの「休暇があるタイミング」がベストで、

これは禁煙成功の王道であり鉄則。
(※僕の中では!の話ですけど、本当にそう思うけどな。)

まとまった休暇となると、

  • 祝日と土日が並ぶ3連休(最悪、土日の2連休を狙うなら金曜日の夕方から開始)
  • 年末年始
  • ゴールデンウィークやシルバーウィーク
  • お盆
  • 有給休暇など…

こういった時期に、集中して禁煙に取り組もう。

禁煙開始

連休はいつでも取れるわけではないから、失敗できない!という「程よい緊張感」を持って禁煙に取り組めるのもいいポイントかなと。

また、離脱症状がツラくなっても、ゆっくりできる休暇時間なので眠くなれば寝れるし、リフレッシュしたければ外出も可能という点もウレシイ。

わざわざつらいタイミングで、つらい仕事や勉強までしなくていいんですよ。

こうやっていいタイミングでスタートをきると、成功も間違いなくしやすくなります。

禁煙成功のコツ⑤.共に頑張れる仲間を見つけよう

禁煙仲間

  • 禁煙に成功する人はツラい時期に協力しあう。
  • 禁煙に失敗する人は一人で諦めてしまう。

禁煙は自分との戦いではあるものの、例えば自分の大切な彼氏や彼女、夫や妻、父や母、お子さんのためにもなります。

受動喫煙は危険!タバコの副流煙が周囲に与える3つの悪影響』で詳しく紹介していますが、タバコの煙は周りの人にも超有害なんですよね。

タバコを吸う人は、昔に比べてすっかり肩身の狭い世の中に。 「タバコは喫煙所で吸う」というマナーも、しっかりと定着したように感じます。 公共施設やお店、企業で分煙化が進み、非...

冷やかしを受けるような人にまで報告しなくてもいいですが、身近で、かつ協力的な人にはしっかり禁煙を宣言して、ツラい時期でも理解してもらえるように協力を得ることが大切。

一人で挫けそうなときでも、お互い励ましあってがんばれば乗り切れるもんです。

禁煙を助け合う

身近な理解者がいない場合は、2ちゃんねるやSNS、ツイッター、スマホアプリで禁煙仲間を探すなど、インターネットを利用し探してみるのもいいですね。

僕が禁煙したときは、実際に2ちゃんねるの禁煙板に書き込みを続けていました。

そして1カ月後には禁煙成功し、晴れてそこから離脱しましたよ。

「他にも頑張っている人がいる!」

こういう環境に身を置くと、一緒に頑張ろう!と思えたり、挫けそうな人を逆に支えてあげることもできます。

ツラいとき、助け合う仲間がいるってホント大切。

  • キッカケを大切にする
  • ちいさな目標を立てる
  • 自分に合った方法を探す
  • 禁煙のタイミングを作る
  • 共に頑張れる仲間を作る

この5つのコツで、今までの禁煙の失敗を完全に乗り越えよう!

スポンサーリンク

禁煙に成功して実感した5つの効果

禁煙成功

実際に禁煙をしてみて、昔と比べてどう変わったかを、僕が実感したことだけ書いてみようと思います。

効果①.吸いたい気持ちがなく、集中力が持続!

タバコを吸っていた頃は、だいたい30分毎に席を立ったりくわえタバコをしたりして、落ち着きがなかったんですよ。

何をするにも、常にタバコがないとソワソワしている状態。

タバコをやめてからは、1~2時間くらいは席に座ったまま黙々と仕事を続けられます。

一息入れたくなっても、その場で「ふぅっ」と息を吐いて2分くらいボケーっとしていれば、それだけでもう充電完了。

超エコ!!

集中力

また、メンタリストのDaiGoさんの著書「自分を操る超集中力」で集中力UPについて書かれています。

僕も青色のグッズを取り入れたので、仕事の集中力がさらに向上している気がします!

効果②.タバコに消えていたお金でいいものが買えた!

本来なら使わずにいられるお金を、無駄にタバコで使ってたワケですよね。

それがなくなったので、もっと自分にとっていい物が買えるようになりました。

僕は本がいっぱい増えましたね。(お酒も増えたけど…)

タバコを吸わなくなったことで、1ヶ月に万単位のお金を自分の趣味にまわせるようになったことはデカイ!お小遣いも減りにくいしね。

もし今でも僕が昔どおりに、Marlboroを1日2箱で吸っていたとすると…

460円×2箱×30日=27600円!

もったいねーわ…!

効果③.体力が戻って呼吸がラクになった!

タバコを吸っていた頃は、少し走っただけで息がゼーゼーして苦しかったんですよね。

階段を上がるのも結構しんどかった…。

タバコをやめてから、少々のことでは息切れしなくなりましたね。

運動をすることが喫煙時より面倒じゃなくなったのんで、今では1時間程度のウォーキングも楽しくやれていますよ。

結果的に、体力づくりにも大きく貢献していると感じてます。

効果④.環境が綺麗になってペットも飼える!

僕はこの恩恵がとーっても大きい。

タバコをやめた事で、部屋の壁や家具、空気が汚れるという心配がなくなりました。

愛犬

この子は僕の愛犬。

空気清浄機のフィルターも汚れづらいし、こうやって一緒に暮らすペットにも与える害がなく、すごく居心地のいい環境になっています。

洗濯物や、大切な衣類にニオイがつかないところも気持ちいいですよね。

ちゃんと洗剤のいい匂いがしています。

空気が綺麗って、ホント快適よ。受動喫煙の影響もないしね!

効果⑤.体臭と口臭が減った!

タバコを吸っている人って、気にしてないと思いますけどすっげークサイんですよね。

ホントに超クサイ。ありえない。

あのタバコ独特のニオイから解放されて、体臭はかなり改善されています。

たまに飲み会があったとき、周りのタバコのニオイが体に付くときがあるんですけど、家に帰ってニオイをかぐと、もうね…。

喫煙者だったとき、こんなニオイを自分も放っていたんだなーと思うとちょっと凹む。

口臭もすっかり良くなり、タバコくさくないのが快適。

せっかくだから歯ブラシも少しだけいいものにチェンジしたよ!

唯一、デメリットかな?と感じたことも

「タバコは百害あって一利なし」と言いますけども。

最近では分煙化が進み、喫煙者は喫煙できるエリアに移動して吸うのがかなり一般化されてきました。

会社とかでも、決められた喫煙場所でしかタバコは吸えない環境になってきています。

今の僕の会社もそうですが、「喫煙場所だからこそ話せる、2~3人だけの会話」というのもあったんですよね。

例えば、喫煙中の社長とちょっとタバコを吸う間の5分だけプチ雑談を楽しんだり、時にはタバコをくわえながらのプライベートな相談だったりシモネタだったり。

仕事の話であれば社内でするんですけど、そういった喫煙場所でする雑談だからこそ、普段話さないことを話したり、トーク技術が磨ける場所でもあったりしたんですよ。

そういったことができなくなったのは、ちょっと寂しい気もしましたね。

さいごに

僕自身も、何度も禁煙のチャレンジと挫折を繰り返しました。

失敗して自己嫌悪になったり、もう無理だ!って諦めたりしたけど、でもこれって禁煙者なら誰もが通る道なんだと思うんですよね。

一発で成功できれば素晴らしいことだけど、単に気合いや精神論だけでどうにかできるものでもないです。

みんな挫折してるし、みんなツラい経験をしてる。

だから、失敗しても自分を責めたりせず、何度も禁煙にチャレンジして欲しいですね。

自分に向いている禁煙の方法やタイミング、やり方についてじっくり考えて、少しでも楽しみながら、ラクをしながら離脱症状を乗り越えるのが、禁煙成功への近道ですよ!