【年々減少】世界の喫煙率と日本人の喫煙割合推移グラフ

世界と日本の喫煙率

ここ数年の禁煙ブームや、飲食店・企業の分煙化、そしてタバコの価格上昇!これらの影響を受けて、日本人の喫煙者は年々減少しています。

ユウマ
ユウマ

分煙化はすっかり当たり前になったし、喫煙者は少しずつ肩身が狭くなってきたよね。

ちゃ~る
ちゃ~る

タバコ代の値上げがキツイし、そりゃ吸う人も減るネ。

そこで今回は、日本と世界の喫煙率と、男性・女性それぞれの喫煙率の変化について紹介していきます。

▼もう禁煙に失敗したくない人は・・・

まるで禁煙教科書!タバコをやめたい人が読むべき禁煙の記事まとめ
わたしが禁煙に成功するためにやったことや、禁煙のコツ、離脱症状の乗り切り方など「禁煙のこと」について、20記事ほどまとめました。これから禁煙をはじめる人から離脱症状に悩む人まで、ぜひ参考にしてください。

1.世界各国のタバコ喫煙率について

「世界の喫煙率 国際比較統計・推移(OECD)」を参考に、世界各国の喫煙率について見てみましょう。(※2015年版)

【※各国の15歳以上人口における喫煙者の割合】

 順位国名喫煙率(%)
 1 ギリシャ 38.90
 2 インドネシア 37.90
 3 ラトビア 34.30
 4 チリ 29.80
 5 ハンガリー 26.50
 6 エストニア 26.00
 7 中国 25.50
 8 ロシア 24.20
 9 フランス 24.10
 10 スペイン 23.90
 23日本 19.30
 35 米国 13.70

経済で色々と問題になっているギリシャは、喫煙率がダントツで高いです。

日本は禁煙がブーム化しているので、今後はさらに順位が下がっていくと思います。

2.日本人のタバコ喫煙率と、男女比について

では、日本人だけの喫煙率、男性と女性それぞれの喫煙率、ここ数年の喫煙率の推移など、くわしく見ていきましょう。

2-1.日本全体のタバコ喫煙率

日本人の喫煙率

厚生労働省の成人喫煙率の調査では、次のようになっています。

  • 非喫煙者・・・80.7%
  • 喫煙者・・・19.3%

日本人全体の約2割が喫煙者となっています。

  • 2009年・・・24.9%
  • 2010年・・・23.9%
  • 2015年・・・19.9%

こうして過去と並べてみると、喫煙者人口は年々減少していますね。

2-2.日本人の男性の喫煙率

日本人の喫煙割合

日本人男性を見てみると、全体の約3割程度が喫煙者です。年々減少していますが、やはり男性の喫煙率は高め。

ですが、じつは1997年では喫煙者の割合が「56.1%」だったんです。こうして考えると、どんどん喫煙者の割合が減っていることがわかりますね。

ちゃ~る
ちゃ~る

むかしって喫煙大国なのね。

ユウマ
ユウマ

1997年ころはタバコの値段が「今の半分」くらいだし、分煙化もなかったからね。

ここ最近では税金の値上げが止まらず、タバコの値段は上昇するばかり。

お小遣いのことを考えれば、禁煙をはじめる人だって増えますよね。

2-3.日本人の女性の喫煙率

日本人の喫煙割合

つぎは女性のみを見てみると、全体の約1割ほどが喫煙者となりました。女性は男性に比べると圧倒的に少ない割合ですね!

喫煙に対する悪いイメージや、妊娠・出産などのリスクを負うこと、スモーカーズ・フェイスの肌ダメージなど、タバコが与える害について、認知度が高い結果だと思います。

ちゃ~る
ちゃ~る

スモーカーズフェイスは、とくに女性は要注意だネ。

喫煙女性なら知らないと損する禁煙の5つのメリットとタバコの悪影響
タバコを吸い続ける女性と禁煙に成功した女性では、とても大きな差がつきます。とくにシミ・シワは、パッと見た目でわかるほどの違い。当記事では、女性が禁煙するメリットや、タバコが肌や体に与える悪影響について紹介しています。
これでもまだ吸うの?妊婦の喫煙と夫のタバコによる受動喫煙の悪影響
妊婦の喫煙や受動喫煙は、胎児にいろいろな影響を与えてしまいます。ですが、わかっていても禁煙できずに悩んでいる人も大勢いるでしょう。妊婦が喫煙することで現れる影響とはどのようなものでしょうか?そして、どうすれば禁煙できるでしょうか。

1997年では、女性の喫煙者の割合が14.5%です。やはり妊娠・出産へのリスクがともなうので、昔から男性に比べると低いですね。

2-4.近年の日本人の喫煙率推移

 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
男性36.6%33.7%32.7%32.2%30.3%31.0%
女性12.1%10.6%10.4%10.5%9.8%9.6%
男女計23.9%21.7%21.1%20.9%19.7%19.9%

2010年→2014年までは喫煙者の割合が目に見えて減少していますが、2014年→2015年については変化があまり見られません。

今後もタバコの値上げは続いていくでしょう。

タバコ1箱の値段が500~600円台になるのも時間の問題かもしれませんね?

3.禁煙に成功する人はどんどん増えている!

男性・女性ともに、喫煙者の割合はみるみる減っていますよね?これは、禁煙に成功する人もどんどん増えているってこと。

ユウマ
ユウマ

いまだに、禁煙はツラいと思ってる人って多いよね。

確かに、禁煙を続けていくのは大変な部分もあります。ニコチンって依存性のある薬物ですからね・・・。

でも、少なくとも今はたくさんの「禁煙グッズ」があるし、「禁煙外来」もできました。禁煙をはじめやすい環境は整ってるんです。

なかでも、簡単に禁煙をはじめられる「ニコレット」は、わたしが実際に使って禁煙に成功したグッズでもあります。

▼ニコレットのくわしい解説はこちら

禁煙ライフを応援!ガムでサポートするニコレットの効果と副作用とは
気合だけではじめる禁煙って、ニコチンの離脱症状のせいでとてもツライ。でも、自分に合った禁煙方法が見つかると、グッと成功に近づくんです。本記事は、手軽に使える禁煙補助剤ニコレットの効果と、使い方・副作用について紹介しています。

▼ニコレットのコストも知りたい!

ニコレットの値段と実際に禁煙成功するまでにかかる金額を出してみた
ニコレットは禁煙したときに現れるニコチンの離脱症状をかなり緩和してくれるスグレモノで、仕事中でも使えてしまう手軽さも人気のポイント!実際に計算してみるとどのくらいの金額になるのか検討してみましたのでご紹介します。

ニコレットのいいところは、病院に行く手間がないこと。

近くの薬局やドラッグストア、WEBでカンタンに注文できるので、すぐに禁煙をはじめられます。ガムなので、仕事中にも使えちゃうという便利っぷり。

なかなか禁煙に成功しない人は、ぜひ試してくださいね。

4.まとめ

こうしてグラフや表で推移を見ると、喫煙者の減少傾向がよくわかります。2020年、2030年にはどのような値になっているでしょうか…。

タバコの値段が今より下がるのは考えにくいですし、出費がかさんでしまう前に、ブームに乗って禁煙にチャレンジしてみるのも良いと思いますよ!

ニコレットの値段と実際に禁煙成功するまでにかかる金額を出してみた
ニコレットは禁煙したときに現れるニコチンの離脱症状をかなり緩和してくれるスグレモノで、仕事中でも使えてしまう手軽さも人気のポイント!実際に計算してみるとどのくらいの金額になるのか検討してみましたのでご紹介します。
禁煙して節約
 

おすすめの関連コンテンツ

おやじ手帳の管理人

サラリーマン。CAD設計やってます。日々の仕事を「ちょっとでも楽しく」することをコンセプトに、日ごろの生活のなかで気付いたことや、便利なモノ、お金のこと、健康のことなどをブログで発信しています。詳細はこちら ⇒

フォローする(≧∇≦)/
この記事をシェアする
フォローする(≧∇≦)/
おやじ手帳