【平均年収475万円】40歳代サラリーマンのお小遣い金額と年収の推移

記事タイトルとURLをコピー
記事のタイトルとURL をコピーする!

シェアする

この記事は約 「10 分」で読めます。

40代サラリーマンのお小遣いと平均年収

サラリーマンの30歳~40歳代は企業の要。

中堅クラスとして、部下を指導しながら本人もバリバリ働く、まさに働き盛りの年代です。

そして、20~30歳代でノンビリと働いてきた人やスキル不足だった人は、40歳のここで挽回しておかないと、今後は役職がつかなかったり、30代の人に先を越されたり…。

収入面でも、30歳代からついてきた差が、40歳代でさらに大きく開いていきますよ。

さて、日本の40歳代の平均年収とお小遣いは、どのくらいの金額なんでしょうか?

スポンサーリンク

全世代と40歳代の平均年収について

40代の年収

平成25年分 民間給与実態統計調査」を参考に、全世代の平均年収と、40代の平均年収について抜粋してみましょう。

全世代の平均年収

※ここは「気になる30歳代サラリーマンのお小遣いと平均年収の推移」と同じ内容です。

全世代での平均年収:414万円(給料:353万円、賞与:61万円)

  • 男性:511万円(給料:433万円、賞与:78万円)
  • 女性:272万円(給料:236万円、賞与:36万円)

全世代でみると、平均は400万円ちょっと。

40歳代の人であれば、この平均値より上になっていれば問題ないと思います。30歳代を中間層として、20歳代は低く40歳代は高くなっていきますので。

この金額を大きく下回る場合は、世間的に見て「低所得」という事になります。

40歳代の平均年収

40代年収

こちらも同文献の「年齢階層別の平均給与」という項目から、40歳代を抜粋します。

【40歳代前半の平均年収(40~44歳)】

男女計の平均年収:459万円

  • 男性:568万円
  • 女性:290万円

【40歳代後半の平均年収(45~49歳)】

男女計の平均年収:491万円

  • 男性:638万円
  • 女性:292万円

40歳代の全体の年収を平均すると、男性は約600万円、女性は約290万円ということに。

男性は30歳代の年収と比較すると、右肩上がり傾向。

30歳代前半の平均年収が438万円なので、40歳代後半には平均年収が200万円も上昇している結果となりました。

もちろん、30歳代でスキルを磨いてきた努力家の人と、そうでない人との収入差もあるので、30歳代の給料から変化のない人もいると思うけど…(˘ω˘)

その一方で、女性は290万円台を多少上下するのみで、30~40歳代は年齢による大きな収入の変化は見られません。

40歳代の平均年収の15年間推移

平均年収の推移

国税庁の民間給与実態統計調査で、25年から15年間の平均年収をさかのぼって、収入の推移を見てみましょう。

【40歳代男性の平均年収】

40代サラリーマンのお小遣いと平均年収

40歳代の年収は、平成20年から21年の間で平均年収がガクンと下落。

平成20年の秋にリーマン・ショックによる世界的な金融危機があり、日本経済にも大きな影響があったのも原因の一つです。

男性の40歳代前半は、その後も平均年収が下降気味でしたが、平成25年にわずかながら上昇。

昨今では、平成10年の640万円には遠く及ばず、70万円近くの差があります。

男性の40歳代後半は、平成21年以降の収入の波が大きく、上昇と下落を繰り返しています

【40歳代女性の平均年収】

40代サラリーマンのお小遣いと平均年収

女性のグラフは大きく波打っているようにも見えますが、280~290万円台を数万円程度の
上下を繰り返しているのみで、大きな変化は見られません。

男性と違うのは、40歳代後半の方が平均年収が低くなっていること。

40歳代サラリーマンのお小遣い金額について

それでは40歳代のお小遣い金額は一体どのくらいが相場なのでしょうか?

特にお小遣い制のお父さんは必見。

新生銀行の「2015年 サラリーマンのお小遣い調査」結果を元に見てみましょう。

【2015年サラリーマンお小遣い金額】

30代サラリーマンのお小遣いと平均年収

40歳代を見ると…

  • 男性:36,719円
  • 女性:32,309円

男性は年収の0.6割、女性は年収の1.1割程度といった所です。

グラフで見てみると、年齢を重ねるごとにお小遣い額が減少しています。

とはいえ、数千円の微妙な差異なので、男性側は大きな変動はないのと同じ。

女性が30歳代から40歳代の間でガクンと減っているように見えます。

ですが、こちらも金額は4000円程度なので大きな変化ではありません。

2015年の全世代総計の平均では、男性37,642円、女性34,468円となっています。

ですが、1990年のときは男女世代総計で77,725円であり、今の倍以上のお小遣いが貰えていたわけで。

こう比べてみると、今のご時世は冷え切ってるなって感じますね。

スポンサーリンク

貯金を増やすために

貯金の基礎がわかってない

年収が平均より多くても、貯金が苦手で少ない人っていますよね。

その一方で、たとえ年収が低くても、うまく生活をやりくりして、コツコツ貯金を増やせる人もいます。

あなたの貯金額は、納得できる金額でした?

僕が参考にした2冊の本

40歳代を過ぎるまでに、しっかりお金を増やしていく方法を知っておくことは、自分の老後の人生を豊かに送るために大切で、ほんと重要。

まず、お金の勉強って簡単に一朝一夕で身につくスキルではない。

ましてや、ほっといて勝手に身につくスキルでもない。

「いつか貯金できるだろう」

その考え方だと、きっといつまでも今のままですね。

貯金の増やし方

僕は「お金に強くなる!」や「お金の増やし方を教えてください!」といった、お金に関する本を読んで取り組んでいます。

投資について全く知識がない人向けに書かれていて、すごくわかりやすい内容の本。

特に、「お金の増やし方を教えてください!」は対話形式になっていて、メチャクチャ読みやすい…!

この2冊の本には、

  • お金との付き合い方
  • お金を稼ぐ・増やす
  • お金は賢く使う
  • お金の簡単な運用術

などが詳しく説明されていて、「投資信託」「NISA」などの難しそうなキーワードも、とってもわかりやすい。

知識がないと、どうしても「投資って失敗したら怖い」と考えてしまいがち。

でも、ちゃんと投資の知識を持っていれば、お金の運用はそんなに難しいものではないなぁ…と感じました。

投資ってなに?って思っている人に、オススメの2冊ですね。

40歳代で貯金がゼロの場合…

ムダにお金がかかる

40歳代になると「自分と家族の健康と老後」について、30歳代以上に意識し始めるころ。

老後に必要な生活資金は、約3000万円と言われている。

…3000万円なんて、今のままで本当に貯金できるんだろうか?

このように、不安な人は多いんじゃないかと思います。

ちなみに、僕は『30歳貯金ゼロでも結婚できた僕が「お金の教養講座」口コミを書くよ』で詳しく書いていますが、30歳代の中盤まで、貯金はゼロでした。

結局、自分でうまく貯金ができない人は、お金の使い方のクセを直さないといけない。

何に使えばお金が増えるんだろう…

貯金はどうやるのが上手な方法なのか…

ダラダラと一人で悩んでも「時間のムダ」だと思ったので、僕は「お金の教養講座」で講師に相談しました。

友達でも親でも、お金の相談ってしにくい。

というか、できない。

でも、40歳代で貯金が少ない場合、早く貯金の勉強を始めないと、50歳代で大きな後悔となるかもしれない。

貯金ゼロの僕がどう変化したのか…下記の記事に書きました。

関連記事はこちら↓↓

僕は、貯金が下ヘタです。 20歳台の頃はもちろん、30歳になってもずっと貯金額はゼロでした。 ふと、「このままじゃ結婚もできねーわ」と感じました。 年...

「お金の教養講座」の詳細が早く知りたい人は、下記からどうぞ。

「お金の教養講座」公式サイトはこちら >>

さいごに

少しでも年収が多いと、うれしくなりますよね。

でもその反面、お給料をもらっているのに、実は貯金が全然できていない…と不安を抱えている人も大勢いるはず。

今後、景気が回復することがあるのか不明…。

だからこそ、今ある収入を、いかに老後に残すかが、将来の豊かさを決めることになる。

収入も大切ですが、そのお金をどう増やしていくか。

その点を考えれるかどうかがポイントですね(´ω`)