Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【副業でさらにUP!】40代サラリーマン平均年収とお小遣いの金額

スポンサーリンク
40歳サラリーマンの年収と小遣い

40代は住宅ローンや子育ての費用で、お金が残らないなぁ。会社の収入も上がらないし・・・。あと2~3万円くらいお小遣いが欲しいなぁ。

とくに40代サラリーマンは大学生のお子さんを持つ人も多いですし、学費に仕送りに・・・と、お金の面で大変な時期(˘ω˘)

そこで、今回は40代の年収と、お小遣いを増やすための副業について紹介します。

本記事の内容

  • 40代サラリーマンの年収は?
  • 今よりさらにプラス2~3万円にする副業とは?

『お金を増やそう』と思い立ったとして、会社に頼りっきりの場合ですと、お金を増やす手段は『昇給』と『ボーナス』しかありません。

昇給もボーナスも無い会社(いわゆるブラック)の場合では、もう絶望的ですよね。もし昇給を狙うとしても、それ相応の努力は必要でして、その努力が実るとも限らないのが会社勤めの悲しいところ。

そこで今回お話したいのが、在宅で副業をはじめられる『クラウドワークス』です。それでは、40代の年収とクラウドワークスについて詳しく紹介していきます。

公式サイト 『クラウドワークス』 詳細はこちら→

スポンサーリンク

40代サラリーマンの平均年収

まずは、現在の収入を『平均年収』と比較しましょう。

男性:40~49歳の平均年収

平成28年分 民間給与実態統計調査』を参考に、表およびグラフ化しました。まずは男性の平均年収です。

西暦40~44歳の平均年収45~49歳の平均年収
1997年645万円 ※最高値695万円 ※最高値
1998年640万円690万円
1999年634万円675万円
2000年635万円676万円
2001年627万円668万円
2002年620万円655万円
2003年617万円651万円
2004年623万円653万円
2005年619万円658万円
2006年629万円656万円
2007年634万円662万円
2008年617万円663万円
2009年579万円620万円
2010年577万円632万円
2011年570万円623万円
2012年561万円 ※最低値614万円 ※最低値
2013年568万円638万円
2014年564万円629万円
2015年567万円626万円
2016年563万円633万円

40代男性の平均年収

  • 40~44歳の平均年収は『563万円』
  • 45~49歳の平均年収は『633万円』
  • 40代の前半と後半の年収差は『70万円』

※地域別格差があるため、住んでいる場所によって年収に差があります。

2009年には40代全体の年収が50万円近く下落し、40代前半はさらに2012年に20万円近く下がっています。そのあと、多少の増減はあっても横ばいが続いる状況ですね。

女性:40~49歳の平均年収

つづいて、女性の平均年収を見ていきましょう。

西暦40~44歳の平均年収45~49歳の平均年収
1997年286万円275万円
1998年278万円285万円
1999年282万円277万円
2000年292万円270万円 ※最低値
2001年283万円277万円
2002年289万円273万円
2003年282万円281万円
2004年277万円 ※最低値276万円
2005年281万円281万円
2006年280万円278万円
2007年281万円278万円
2008年288万円290万円
2009年282万円274万円
2010年286万円280万円
2011年284万円286万円
2012年285万円284万円
2013年290万円292万円
2014年290万円290万円
2015年294万円292万円
2016年302万円 ※最高値299万円 ※最高値

40代女性の平均年収

  • 40~44歳の平均年収は『302万円』
  • 45~49歳の平均年収は『294万円』
  • 40代前半と後半の年収差は『8万円』

男性とちがうのは、近年の女性賃金が最高値というところ。男性の年収は1997年から降下していますが、逆に女性は年収が少しずつ増えています。

2011年頃から、年齢による年収の差が見られなくなっていますね。

40代サラリーマンの小遣い

次に、40代サラリーマンの小遣い額について調べてみましょう。新生銀行「2017年 サラリーマンのお小遣い調査」の資料を参考にしました。

40代の小遣い額は『35,475円』でして、全体と比べて少し低いくらいです。小遣いの相場は平均で『37,000円』ほどですね。

毎日のお昼ご飯+飲み物、本や趣味のグッズ、同僚との飲み会も考えると、1ヶ月でかかる出費ってけっこう多いですよね。

たとえば、今のあなたの小遣いに『プラス50,000円』もあるとすれば、どんなことをしますか?考えるだけで少しウキウキしませんか?(≧▽≦)

『クラウドワークス』でお小遣いUP

クラウドワークス

これからお話する副業は、『クラウドワークス』という在宅ワークです。

公式サイト 『クラウドワークス』 詳細はこちら→

『クラウドワークス』は、仕事が定時でおわる日や、週末のお休みなど、あいた時間をつかって自分のスキルで副業できるサービスです。

とくにスキルがない人でも、『データ入力』や『ライティング』といった、比較的カンタンで取り組みやすい仕事もたくさん募集されています。

「文章を書くことが好き」だったり「書く技術を向上したい」という人は、こうしたサービスを利用することで、お金を頂きながら技術を磨くことだってできます。

『スキル向上』と『お小遣い稼ぎ』が両立できてしまうんです。

 クラウドワークスの仕事例

クラウドワークス

データ入力やライティングは、必要とするスキルが低いため、報酬額も低め。でもその分、時間にとらわれずに作業できますし、数をこなしてスキル向上も期待できます。

クラウドワークスの公式サイトによる例では、家事・子育ての合間に小遣いを稼ぐとして、仕事内容によっては1日2時間で月50,000円のお小遣いを稼ぐ人もいます。

『+50,000円』で、どんなことをしますか?

美味しいランチを食べて、投資をはじめて。会社の同僚・上司と飲み会、友人からの誘い、急な出費があっても余裕ですよね。

40代は眠ってるスキル&趣味がたくさんあると思いますので、その力を副業で発揮して、年収アップ・お小遣いをプラスしたい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか(`・ω・´)ゞ

公式サイト 『クラウドワークス』 無料登録はこちら→

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このブログの管理人

4回の転職経験を持つサラリーマン。CADを使って設計(建築・土木)を16年ほどやってます。日々の仕事を『ちょっとでも楽しくする』をコンセプトに、日ごろの生活のなかで気付いたことや、便利なモノ、お金のこと、健康のことなどをブログで発信しています。詳細はこちら ⇒

ユウマをフォロー
年収・お小遣い

関連記事...

スポンサーリンク
ユウマをフォロー
スポンサーリンク
oyaji-LOG
タイトルとURLをコピーしました