通勤にちょうどいいドコモタブレット『dtab Compact d-01j』レビュー

この記事をシェアする

この記事は約 「6 分」で読めます。

dtab Compact d-01j

不注意から妻がスマホを落として壊してしまったため、docomoに足を運ぶことに。その際「dtab」というドコモタブレットも一緒に契約しました。

当初、ノートPCがあればタブレットは生活に必要ないだろうと考えていたのですが、使いはじめてすぐにその利便性を体感して驚き、「これはもう手放せん」と考え方を変えざるを得ない状況に…。

今回は、電子書籍に最適で、通勤に便利な8.4インチサイズのドコモタブレット『dtab Compact d-01j』についてレビューしていきます。

スポンサーリンク

ドコモタブレット『dtab Compact d-01j』

docomo Online Shopで詳細をみる

※docomo Online Shopは実質負担金「0円」で注文が可能。

スペック

カラー ゴールド、シルバー
サイズ 高さ216.0×幅124.0×厚さ7.3(最厚部7.6)
重量 約325g
ディスプレイ 約8.4インチ(WQXGA/TFT)
OS Android6.0(7.0対応予定)
RAM/ROM 3GB/16GB
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
カメラ アウトカメラ:約800万画素 / インカメラ:約800万画素
バッテリー 4980mAh
LTE 受信時最大150Mbps / 送信時最大50Mbps

Huaweiが製造している「MediaPad M3」というタブレットのドコモ版。

MediaPad M3から削除されている機能があるものの、実際の使い勝手で困るポイントはない。分割払いでも一括払いでも、実質負担金が「0円」というところが大きな魅力だ。

dtab Compact d-01jは実質負担金0円

また、dtabで初の「指紋認証」を搭載しており、ワンタッチ起動が可能となった。瞬時に起動するので全くストレスを感じない。

dtab Compact d-01j

外観

dtab Compact d-01j

開封。

余計な隙間なく箱に収まっていて、タブレット同様に箱も比較的コンパクト。タブレット本体、自立スタンド、クイックスタートガイドの3点が梱包されている。

dtab Compact d-01j

タブレット下面。

microUSB端子、マイク、スピーカー、SIMスロットが用意されている。SIMスロットにはnanoSIMとmicroSDカードを装着できる。

SIMスロットは付属の「SIMピン」というトレイ開閉用のピンを穴に差し込んで開ける。

dtab Compact d-01j

タブレット上面。

こちらにはイヤホンジャックとスピーカーが用意されている。

タブレット右側。

電源ボタン、音量ボタンが用意されている。音量ボタンは一つだが、ボタン上側を押すとUP、ボタン下側を押すとDOWNするようになっている。

dtab Compact d-01j

折りたたみが可能で持ち運びに便利な自立スタンド。

当初はタブレットの購入予定が無かったため、タブレットカバーやスタンドを何も用意していなかった。これがあれば机の上で操作する場合に便利になる。

dtab Compact d-01j

dtab Compact d-01j

背面。

色はシルバーとゴールドから選べる。アウトカメラが付いているだけで、デザインはシンプルだ。

『dtab Compact d-01j』のある生活

前述の通り、妻がスマホを壊してしまったことが始まりで、突然入手することとなったタブレット。

僕の職種は特に冬場が繁忙期となり、帰宅する時間が極端に遅くなってしまう時期がある。日課として、帰宅後はパソコンでメールや売上などをチェックするのだが、帰宅時間が遅い場合、自室に篭ってしまうと夫婦の会話が減ってしまう。

また、普段からも自室に篭り続けることなく、夫婦が同じ空間にいられる時間を増やすため、室内を手軽に移動しながら、どこでも作業ができるように「ノートPC」を愛用してきた。

「ノートPCがあれば、どこでも作業ができるから」そんな考えがあり、タブレットには見向きもしなかったのだが、この度タブレットを使うようになって、このガジェットの手軽さと利便性にようやく気付くことができた。

サッと調べ事、チェック。ソファーでくつろぎながら…

dtab Compact d-01j

ノートPCとdtabの違い、それは「手軽さ」にある。

自室からソファにガジェットを運ぶ際、dtabは小型で軽量だし、場所も取らず、ソファで犬を抱っこした状態でも作業ができる点がありがたいと感じた。

もちろん、dtabでできることのほとんどは、iPhoneでも可能だ。しかし、スマートフォンの場合はガジェットが小さく、ネットサーフィンをするには見づらいと感じることが多い。Twitterや検索の文字入力などでミスフリックも多発するし、男の手には少々使いづらいと感じていた。

dtabは男の片手にしっかり収まるジャストサイズで、フリックもしやすく、画面が見やすく、大きさもちょうどいいのだ。大きすぎず、小さすぎずといった「ちょうど良さ」というポイントが、僕の今の生活にしっくりハマった。

通勤でも使える「電子書籍」用タブレットだ

dtab Compact d-01j

大きすぎず、小さすぎないサイズは、毎日の通勤にも最適だ。

中でも、片手で持てる、片手でもページ送りができる(音量ボタン)、たくさんの本をいつでも持ち歩けるといった特徴から、「Kindle」を使った電子書籍を読むのに最適なのだ。

カバンに入れても場所を取らず、スリムで軽量だからこそ、通勤のお供としてベストだ。これがもう少し大きいタブレットになると、満員電車では使いづらく、重量も重たくなってしまう。

逆に小さいスマートフォンのサイズでは文字を読みにくい(調整したとしても1ページあたりの文字数が減ってしまう)し、電話やメール、Lineなどの通知が読書の時間を味気ないものにしてしまう。

ニュースチェックもお手の物だし、dtabがあるだけで毎日の通勤が充実した楽しい時間へと変化していった。通勤時間が長い人なら尚更、導入を検討してみる価値がある。会社の昼休みに食事しながら読書もいい(しかもたくさんの本を持ち歩けるのだ)し、本当に魅力が多いと感じた。

その後、画面を保護するための保護フィルムと、本体を保護するカバーも購入したので、ぜひそちらのレビューも参考にして欲しい。

まとめ

自宅で使うことはもちろん、毎日の通勤のお供にも使える。ということは、一日中使っていられるタブレットってことで、本当にオススメです。

大きければいいってもんじゃないですし、このサイズだからこそ出せる楽しみ方や魅力がタップリあるなっていうのが実感ですね。

こんな人におすすめ

  • 電子書籍を使ってみようと考えている人
  • 通勤に使いたいタブレットを探している人
  • 手軽に、かつ、長時間タブレットを使いたい人

docomo Online Shopで詳細をみる

※docomo Online Shopは実質負担金「0円」で注文が可能。