毎日仕事で使いたくなる。おすすめタンブラー『CORKCICLE』レビュー

この記事をシェアしよう

CORKCICLEタンブラー

職場でコーヒーやお茶を飲む際に、毎回使用している『CORKCICLE』のタンブラー。

デザインがシンプルでおしゃれ、かつ周りの人とも被らない、存在感とオリジナリティーのある海外ブランドの商品です。

半年ほど使用して毎日快適に過ごしているので、このタンブラーをレビューしていきます。

スポンサーリンク

CORKCICLEのタンブラー

商品の詳細

サイズ 高さ:17.5×Φ9cm / 口径:7.8cm
重量 350g
容量 470ml
素材 本体:ステンレス鋼 / 蓋:PCT / パッキン:シリコンゴム
耐熱温度 蓋:110℃ / パッキン:200℃
最長保冷 9時間以上(※米国基準)
最長保温 3時間(※米国基準)

フロリダ発のブランド。独自のスリーレイヤー構造で、長時間の保冷・保温が可能となっている。

存在感のあるフォルムで、470mlサイズの場合はカラーバリエーションが驚きの「14色」と豊富だ。ちなみに690mlサイズは「4色」となっている。

今回は470mlサイズのタンブラーを紹介していく。

外観

CORKCICLEタンブラー

正面。

『CORKCICLE』の文字があるのみで、非常にシンプルなデザイン。タンブラーの側面は若干スリムになっていて、持ちやすさに配慮されている。

CORKCICLEタンブラー

背面。

正面同様にシンプルだ。遠目で見るとおしゃれなスピーカーと見間違えそうなほどスタイリッシュな形状だ。

CORKCICLEタンブラー

上面。

スライド開閉式の飲み口がついている。特徴的なのは、蓋が「透明」という点だ。国産品のタンブラーは黒や白・木目の蓋が付いている商品が多い印象があるが、飲み物の残量がわかりにくいのが難点だった。

透明な分、飲む際の傾け具合や残量がわかりやすくなっている。

CORKCICLEタンブラー

飲み口部オープン。

開口の形が歪んで見えるが、ストローをさせるように工夫されているためだ。たっぷりの氷とアイスコーヒーを注いでストローをさせば、職場にいながらカフェで過ごすかのような感覚を味わえる。

CORKCICLEタンブラー

蓋にはパッキンが付いていて、保温・保冷の役割を果たしている。スライド開閉口があっても、洗いづらい感じはなかった。

CORKCICLEタンブラー

裏面。

ゴム製のすべり止めが付いている。

『CORKCICLE』タンブラーと暮らす

職場で使っていたマグカップを落として割ってしまい、妻からプレゼントとして貰ったタンブラー。

夏はアイスコーヒーや麦茶、冬はホットコーヒーや紅茶・緑茶などを飲みながら仕事をしているが、ホットでもアイスでも長時間美味しく飲めることはありがたいもの。

今まで使っていた一般的なマグカップではアイスコーヒーの氷がすぐに溶けてカップは結露し、ホットコーヒーも短時間で冷めてしまうところが気になっていた。

「どうせ飲むなら美味しく飲みたい」そんな気持ちをタンブラーが解決してくれた。

 スマートなシルエット、こだわりのデザイン

一般的なマグカップと『CORKCICLE』タンブラーは性能差が大きく、一度使ってみるとやみつきになる。

マグカップに比べると少々大きく感じるが、持ち手が無い分は省スペースだし、結露の心配がない。仕事で作成した設計図面を、水滴で濡らすことなく飲める点が快適に感じられた。

もちろん保温性能付きのマグカップタイプでも同様ではあるが、前述のとおり「透明な蓋」の商品がほとんどない。売り場で観察してみてほしいのだが、よく売られているのは「黒い蓋」(よくありがちな)だ。

中身が見えるのはポイントとして重要と感じている僕には、ほとんどの商品に魅力を感じられなかった。その点、『CORKCICLE』のタンブラーは蓋が透明で、形状もスマートでおしゃれだ。

カラーバリエーションも豊富でこだわりが強いのもポイントとなる。

そして、これは個人的な意見だが、会社の中でタンブラーを持っている人がほとんどいないため、個性を出せるという点もうれしい。

長時間の保温・保冷で、いつでも美味しく

CORKCICLEタンブラー

僕の場合、食事時を除いてアイスもホットもそれほどたくさんの量を飲まない(味に飽きる)ため、せいぜい2時間程度の保温・保冷で事足りる。

『CORKCICLE』のタンブラーは「保冷9時間以上・保温3時間」(米国基準)の性能があり、僕のライフスタイルには十分な性能だった。

ただ、「保温3時間」と公式で書いてあっても、実際に使ってみた感想としては、温かくて美味しく飲めるのは「2時間」程度(感覚は人によるが)というのが実感だ。

前述のとおり、僕は2時間程度の保温機能があれば十分なため、特に問題なく使えている。

ついつい仕事にのめり込んでしまうと、思っていた以上に時間の経過が早く感じるもの。長時間の保温・保冷機能は多忙な社会人にとってありがたい機能だと実感した。

注意すべき点

良い点ばかりを挙げてきたが、注意しておくべき点もある。実際に使ってみて、感じたのは以下。

  1. 完全密閉ではないので持ち運びに注意が必要
  2. 蓋をしたまま熱い飲み物を飲むと、蒸気でヤケドの危険

特に2番目のヤケドには注意が必要だ。このため、ホットの場合は飲むたびに蓋を取り外す必要がある。(…これは僕が猫舌だからかもしれないが。)

熱いものが苦手な人は、ちょっと一手間だが蓋を外して飲む方が安全だ。

まとめ

初めてタンブラーを使ってみましたが、今では毎日快適に過ごしています。仕事のおともにホット・アイスの美味しいドリンクが飲めるのは嬉しいですね。

蓋が壊れない限り長く使えそうですし、1つあると重宝します。

こんな人におすすめ

  • デザインにこだわりのある人(周りと被るのが嫌な人)
  • 大きめのサイズでコーヒー・お茶などを飲みたい人
  • 豊富なカラーバリエーションから選びたい人
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
About Me
About Me

38歳のどさんこ、建設・土木業界の会社員で、PCデスクワーク系のサラリーマン。日々の仕事の中で気付いたことや便利だったモノ、禁煙・転職・病気・貧困人生などの経験を執筆してます。プロフィール詳細はこちら ⇒

この記事をシェアしよう

『おやじ手帳』をフォロー