働きすぎで溜まった疲れに。おすすめの『ビタミン剤・サプリメント』

この記事をシェアしよう

滋養強壮α

働いているうちに徐々に溜まっていく肉体疲労。ぐっすり寝たはずなのに、起きて「疲れが取れていない」「体がだるい・重い」と感じる人も多いのではないでしょうか。

今回は肉体疲労やだるさを感じたときにおすすめしたい『ビタミン剤・サプリメント』について紹介していきます。

※後述しますが、ジェネリック製品のほうが安く、店頭よりもネット通販の方が断然おトクに注文できます。

スポンサーリンク

疲れたときの『ビタミン剤』

滋養強壮α

体全体の疲労を感じたときに飲みたい「キューピーコーワゴールドα」のジェネリック製品。成分はキューピーコーワゴールドαと同じだが、160錠入りの商品をAmazonで比較するとキューピーコーワゴールドαより「500円」近くも安い値段で購入できる。

同じ成分なのに値段が驚くほど安いため、『滋養強壮α』の方が断然おトクだ。

チェックポイント

  • 肉体疲労、病後の体力低下、食欲不振に。
  • 1回わずか1錠。しかも、1日1~2回の服用でよく効く。
  • ニンニク抽出成分オキソアミヂンが、すぐれた滋養強壮効果を発揮。
  • 『キューピーコーワゴールドα』と同成分で、はるかに安い。

ちなみにドラッグストアでも購入できるが、Amazonなどインターネットで購入した方が断然安い。僕の会社の近所のドラッグストアでは2200円前後で販売されているが、Amazonなら1600円前後で注文できてしまう。

配送料が気になる場合は『Amazonプライム会員』になって送料を無料にしてしまうのも手だ。

関連記事 働く人にメリットたくさんの『Amazonプライム会員』特典レビュー

Amazonプライムの詳細をみる

新ネオビタミンEX

こちらは「アリナミンEXプラス」のジェネリック製品で、こちらも成分と量が同じなのに安価で購入できる商品。

270錠入りをAmazonで比較すると、アリナミンEXプラスが6400円前後だが、新ネオビタミンEXは驚きの1800円程度で、なんと「4600円」も安い。…思わず目を疑ってしまう価格だ。

出費としてはそれほど大きな額ではないし、お小遣いの少ない人でも長く継続しやすい。目の疲れや肩こりがつらいと感じているサラリーマンはぜひチェックして欲しい。

チェックポイント

  • 「目の疲れ」「肩こり」「腰の痛み」などのツライ症状に。
  • 1回に2~3錠、1日1回でよく効く。
  • 『アリナミンEXプラス』と同成分で、はるかに安い。

疲れたときの『サプリメント』

Dear-Natura マルチビタミン&ミネラル

マルチビタミン&ミネラルは様々なブランドから販売されているが、その中でも僕が特に愛用しているのが『アサヒ Dear-Natura』シリーズだ。

この「ストロング39アミノマルチビタミン&ミネラル」は、9種の必須アミノ酸を含む18種のアミノ酸をプラス。さらに「亜鉛」も強化されている。

亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれ、男性にとって大切な栄養素だ。仕事に対しても精力的に取り組んでいくために積極的に摂っていきたい。

また、亜鉛は発毛を促進する栄養素でもあるので、日常的に飲み続けるマルチビタミン&ミネラルに豊富に含まれているというのは、働く男性には嬉しいポイントとなる。

チェックポイント

  • 日頃忙しく、食事のバランスが気になる方に。
  • 毎日を元気に過ごし、風邪をひきにくい体に。
  • 1日3粒が目安。

Dear-Natura DHA with イチョウ葉

これも『アサヒ Dear-Natura』シリーズで、DHAを補うサプリメント。

デスクワーカーの疲労には、座りっぱなしによる肩こりや腰痛などの肉体疲労の他に、知的労働を繰り返し行うことによる「脳の疲れ」がある。この脳の疲れを日頃から緩和してあげることも重要だ。

DHAは脳の神経細胞を形成するために必要な栄養素で、情報伝達に重要な役割を果たしている。そんな大事な栄養であるDHAはイワシやサバに多く含まれているが、普段あまり魚を食べない生活の人も多いだろう。

脳の働きを活性化したり、疲れて頭が働かない、鈍いと感じる人は積極的に摂っていきたい。

チェックポイント

  • 考える力が気になる方の健康維持に。
  • 今まで以上に集中力を強化したい人に。
  • 1日4粒が目安。

ビタミン剤・サプリメントと暮らす

ビタミン剤

デスクワークや営業で疲れた体のまま、自然回復だけに任せていつの間にか「慢性疲労」を抱えていないだろうか?

仕事で溜まっていく疲労は仕方のないことだし、その疲れと上手に付き合っていく方法を自分の中でどう見つけて行くかが大切だ。運動などのストレス発散や、カラオケ・ボーリング・ビリヤードなど、人それぞれに解消法があると思う。

ただ、あまりに多忙な毎日だと、そういった運動さえもツライと感じるときがある。そんなときこそ、手軽に摂れる「ビタミン剤・サプリメント」の出番。

たくさんの種類の中から、自分好みのビタミン剤やサプリメントを選ぶのは大変な作業かもしれないが、仕事はこれからも長く続いていく。『自分に合った、体の疲れを取る方法』を見つけるのは大切なことのように思う。

サプリメント

そして、注文する際に特に気を付けておきたいポイントは以下の2つだ。

  • 店頭で購入しない
  • ジェネリック製品を選ぶ

店頭での購入は、とにかく価格が高すぎるのがネックだ。殆どの場合、Amazonなどインターネットからの注文の方がはるかに安い。(※配送料には注意が必要だが)

同じ成分や同じ商品なら、少しでも価格が安い方が長期的に続けやすいしおトクなため、購入の際には特に注意しておきたい。

できれば1冊、栄養学の書籍を持とう

栄養学の書籍

今後「サプリメント」を摂っていきたいと考えている人は、少なくとも1冊は栄養学の書籍を用意しておくと、いろいろな栄養知識が養えてサプリメント選びが楽しくなる。逆に、1冊は持っていないとサプリメント選びが大変な作業に感じてしまう。

自分の症状を見て、食生活と照らし合わせながら、効果的なサプリメントを選ぼう。

中でもおすすめの書籍は『栄養の基本がわかる図解事典』だ。

オールカラーで、書籍のとおり「栄養の基礎」がわかりやすく書かれている。もちろん1冊では全てを補完できないため、読んで物足りない人は僕のように追加で1~2冊揃えるといい。

まとめ

寝ても取れないしつこい疲労感には、手軽に摂れるビタミン剤・サプリメントが楽ちんです。毎日仕事が忙しい人は、なおさら準備しておきたいところ。

今回は僕の常備薬(薬ではないが)として普段から使っているものを紹介しましたが、ぜひご自身に合った商品を探してみてくださいね。

体全体の疲れよりも「目の疲れをどうにかしたい」と思っている人は『【眼精疲労】デスクワークによる『目の疲れ』を解消するグッズ一覧』の記事がお役に立ちます。

パソコン・デスクワーク作業で起こる『眼精疲労』。目の疲れを放っておくと、目の奥がズーンと痛くなったり、ひどい時には頭痛になってしまっ...

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ
About Me
About Me

38歳のどさんこ、建設・土木業界の会社員で、PCデスクワーク系のサラリーマン。日々の仕事の中で気付いたことや便利だったモノ、禁煙・転職・病気・貧困人生などの経験を執筆してます。プロフィール詳細はこちら ⇒

この記事をシェアしよう

『おやじ手帳』をフォロー