【M570t】ノートPCにおすすめ!ロジクールの無線トラックボールマウス

この記事をシェアする

この記事は約 「4 分」で読めます。

M570tマウス

省スペースでマウスを操作したい人や、ノートPCでタッチパッドを使いづらいと感じている人って多いですよね。

パソコンを持ち運んで移動しても、普通のマウスだとマウスパッドも必要になるし、諦めてタッチパッドを使おうとしても、イマイチ操作に慣れなかったり……。

そこで今回は、Logicoolから販売されている『M570t』というトラックボールマウスを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

Logicoolの『M570t』とは

スペック

本体サイズ(幅×奥行×高さ) 95×145×45(mm)
本体重量 142g
カラー シルバー&ブルー(一色のみ)
センサー方式 レーザー
解像度dpi 540
総ボタン数 5
スクロールホイール 有り
チルト機能 無し
使用電池 単三形乾電池×1
電池寿命 最大18ヶ月
操作距離 最大10m
無線方式 アドバンス2.4GHz(Unifying対応)

外観

M570t正面

正面から。

人間工学デザインで、少し傾いています。

M570t正面

サイドボタンは人差し指でクリック。

クリック音は「カチッカチッ」としっかりしていますが、耳に障るほどの音でもなく、ちょうどいい音とクリック感。

スクロールホイールは一昔前の製品を思わせるような「カコッカコッ」と止まるタイプ。

スルスル~っと回転する最新のホイールを使った後だと、旧式感があるかも。

M570t側面

側面から。

男性の手のひらが全部乗るくらいの大きさ。フィット感がいい。

ボールの動きはとても滑らかで、軽く親指で弾けばカーソルが画面の端から端まで一気に移動します。

M570t裏面

裏面から。

スイッチ、ボールを外す穴(ここをペン等で押してボールを取り外す)、そして電池。

M570t裏面

フタを開けると、電池の横にレシーバーをしまう場所もあります。

レシーバー

USBに挿し込まれているのが「レシーバー」です。超小型。

突起感がないので、ぶつけて壊す率が低く、挿したままでも移動しやすいです。

『M570t』をノートPCで3ヶ月使ってみた感想

トラックボールマウスにすぐに慣れた

最初に戸惑うのは、不慣れな操作感!購入をためらうのも、やっぱりココですよ……。

ですが!

思った以上に慣れが早く、たった1日で操作には慣れ、3日目には「仕事以外はずっとコレがいい!」というほどに。さっさと買ってりゃ良かった。

良い点

普段は作業部屋で、食後は居間のテーブルで……家の中だけで持ち運ぶ人に向いていますね。僕はソファでもPCをやるんですけど、どこに置いても使えるマウスというのは最大の利点!

太ももの上だって使えます。万能。ノートPCとの相性はバツグン!

腕全体を動かさなくていいので、腕が疲れないし、長時間のパソコン作業でも疲労感が少なく感じます。

ブログを書いたりWEBで調べごとをしたり、Photoshopで画像編集するような作業において、特に問題なくやれていますよ。オンラインゲームも違和感なく遊べました!

悪い点

  • 電池のフタが壊れそう
  • 外に持ち運ぶには大きい
  • 多少の慣れが必要

M570tの電池のフタ

電池のフタは、頻繁に開けるとフタの細い部分が折れそう。実際に折れてしまったという人もいるみたいです。

レシーバーを持ち運ぶ人は、フタの中に格納しないで、PCに挿したままでも問題ないんじゃないかと思います。挿しっぱなしでも突起が小さいので…。

あと、外に持ち運ぶとなると、少し大きいですね。その辺りは、持ち運びに特化された小型マウスには勝てません…。

まとめ

トラックボールマウスは、使い慣れてしまうともうコレしか考えられない!というくらいハマります。ノートPCの場合はなおさら。

まさに「場所を選ばないマウス」です。

こんな人におすすめ

  • 家の中でノートPCを持ち運ぶ人
  • 省スペースでマウスを使いたい人
  • 腕が疲れやすい人(長時間PCする人)
  • タッチパッドが使いにくいと感じる人