ロジクールのトラックボールマウス「M570t」をノートパソコンで使った結果

M570tマウス

トラックボールマウスって使いやすいのかな?実際に使用した人の感想を聞きたいです。

こんな疑問に、トラックボールマウス歴2年のわたしがお答えします(`・ω・´)ゞ

結論としては、細かな操作を必要としないネットサーフィンやブログ執筆、Excelなどの作業でいい感じで使えますね。

とくにノートパソコンでタッチパッドを使いたくない人(使いにくいと思う人)にうってつけのマウスで、実際にトラックボールマウスを使っているわたしとしては、ノートパソコンとの相性はかなりイイ!と思っています。

ユウマ
ユウマ

購入してから今まで、ず~っと愛用してます。ベタ惚れ。

今回は、

  1. ロジクールのトラックボールマウス「M570t」スペック
  2. 「M570t」をノートパソコンで使ってみた感想
  3. M570tの「良い点」
  4. M570tの「悪い点」

こんな内容で紹介します。

CADで使ってみたい!という人は、↓↓下記の記事が参考になりますよ。ただし、CADとトラックボールマウスの相性は「微妙」という結果がでてます(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロジクールのトラックボールマウス「M570t」スペック

本体サイズ(幅×奥行×高さ)95×145×45(mm)
本体重量142g
カラーシルバー&ブルー(一色のみ)
センサー方式レーザー
解像度dpi540
総ボタン数5
スクロールホイール有り
チルト機能無し
使用電池単三形乾電池×1
電池寿命最大18ヶ月
操作距離最大10m
無線方式アドバンス2.4GHz(Unifying対応)

外観

M570t正面

M570tの正面。人間工学デザインで、少し傾いています。

M570t正面

サイドボタンは人差し指でクリック。クリック音は「カチッカチッ」としっかりしていますが、耳に障るほどの音でもなく、ちょうどいい音とクリック感。

スクロールホイールは、一昔前の製品を思わせるような「カコッカコッ」と止まるタイプ。

ユウマ
ユウマ

スルスル~っと回転する最新のホイールを使った後だと、旧式感があるかも。

M570t側面

M570tの側面。男性の手のひらが全部乗るくらいの大きさ。

フィット感がいいですね~。ボールの動きはとても滑らかで、軽く親指で弾けばカーソルが画面の端から端まで一気に移動します。

M570t裏面

M570tの裏面。スイッチ、ボールを外す穴(ここをペンや指で押してボールを取り外してお掃除します)、そして電池。

M570t裏面

フタを開けると、電池の横にはレシーバーを収納する穴もあります。

レシーバー

M570tのレシーバー。USBに挿し込まれているのがレシーバーです。

超小型。突起感がないので、ぶつけて壊す率が低く、挿したままでも移動しやすいです。

「M570t」をノートパソコンで使ってみた感想

トラックボールマウスは案外すぐ慣れる(人による)

最初に戸惑うのは、不慣れな操作感!購入をためらうのも、やっぱりココです。

ですが!

思った以上に慣れるのが早かったです。たった1日で操作には慣れ、3日目には「仕事以外はずっとコレがいい!」というほどになりました。

ユウマ
ユウマ

ただし、慣れるスピードは人によって様々。「やっぱり使いにくい!ダメだ!」と思う人もいると思います。

中には、買って「後悔」する人もいると思う!

前述のとおり、使いにくくてダメだ!と思う人も、一定数いると思います。というのも、やはり独特の操作感が人を選ぶという感じですね。

中には慣れるまでに1~2週間かかる人もいるかもしれません。

  • 普通のマウスと操作感が違いすぎる
  • 長時間使うと、親指が痛い
  • 細かな操作には向かない

どちらかというと、仕事向きではなく、趣味向きな感じかな?という印象です。

M570tの「良い点」

実際にノートパソコン用に使ってみて、良かったところは、

  • 省スペースで操作できる
  • サイドボタンがカスタマイズできる
  • 電池寿命が長い

こんな感じ。

省スペースで操作できる

これが「良い点」の中のダントツですね。

マウス自体を動かす設計とはちがい、トラックボールマウスは「ドン!」とその場においたら、もう動かさなくてすみます。マウスパッドも不要!無線で運びやすい!

最近は作業机ではなく、ダイニングテーブルに移動して作業しているわたしにとっては、なくてはならないマウスと化しています。

ユウマ
ユウマ

「タッチパッド使え」って声が聞こえそうだけど、あの操作感は苦手なんだよね・・・。

わたしはソファでもブログを書いたり画像編集したりするんですけど、どこに置いても使えるマウスというのは最大の利点です。

太ももの上だって使えます。万能!

サイドボタンがカスタマイズできる

左、右、スクロールボタン、サイドボタンは「SetPoint」というソフトウェアをインストールして機能の割当てが可能です。

SetPoint

インストールが終わると、割当てができるようになります。

M570t割当て

サイドボタンは、普段よく使う機能にしたり、キーストロークの登録も可能です。

電池寿命が長い

これはわたしの肌感なんですけど、パソコンを使わない時にちゃんとマウスの電源も「OFF」にしてあげると、電池の持ちがとても長いですね。

わたしは100円均一のマンガン電池を使っていますが、いつ換えたか全く覚えてないくらい寿命が長いです。

ユウマ
ユウマ

使い方にもよるんだろうけど、めちゃくちゃコスパいい。

M570tの「悪い点」

実際に使ってみて、悪かったところは、

  • 電池のフタが壊れそう
  • 外に持ち運ぶには、ちょっと大きい
  • 慣れが必要!!!

こんな感じでした。

電池のフタが壊れそう

電池のフタは、頻繁に開けるとフタの細い部分が折れそう。実際に折れてしまったという人もいるみたいです。

M570tの電池のフタ

レシーバーを持ち運ぶ人は、フタの中に格納しないで、PCに挿したままでも問題ないんじゃないかと思います。挿しっぱなしでも突起が小さいので。

外に持ち運ぶには、ちょっと大きい

外に持ち運ぶとなると、少し大きいですね。その辺りは、持ち運びに特化された小型マウスには勝てません(´・ω・`)

ちょっとゆとりのあるバッグに入れて、運んであげてください。

慣れが必要!!!

何度も出てきますが、コレに尽きます。

ユウマ
ユウマ

M570tは、かなり人を選ぶ!

相性の悪い人にとっては、超絶使いにくいと思います。買って後悔する人もいるかもしれないので、店頭でよーく吟味しましょう。

ロジクールのトラックボールマウス「M570t」まとめ

トラックボールマウスは、使い慣れてしまうともうコレしか考えられない!というくらいハマります。ノートパソコンの場合はなおさら!です。

まさに「場所を選ばないマウス」って感じでオススメです

こんな人におすすめ

  • 家の中でノートPCを持ち運ぶ人
  • 省スペースでマウスを使いたい人
  • タッチパッドが使いにくいと感じる人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ヨロシクお願いしますm(_ _)m
仕事アイテム

この記事も読まれています

\ この記事をシェア/
このブログの管理人

CADを使った設計(建築・土木)の仕事を15年ほど続けており、現在は土木設計が専門。

建築設計図や施工図、土木設計図に携わり、今は日本中の構造物を設計しています。

CADに関する仕事のことや、便利なモノ、気付いたことなどをブログで発信中です。

詳細はこちら ⇒

\ フォロー /
スポンサーリンク
おやじろぐ。