受動喫煙は危険!タバコの副流煙が周囲に与える3つの悪影響

受動喫煙

タバコの副流煙は、自分だけの問題ではありません!

タバコを吸う人は昔に比べて肩身の狭い世の中になり、「タバコは喫煙所で吸う」というマナーが定着しましたね。

オッサン(゚∀゚)の喫煙時代にはそこまで過剰反応は無かったのですが、今ではすっかり分煙され、受動喫煙もかなり減ったと思います。

しかし、未だに街の中でよく見る「歩きタバコ」の受動喫煙被害は、今もなお続いています。
歩きタバコをしている人と、同じ方向に向かって歩いて行く場合、ずっとタバコのニオイや煙が気になってしまいます。

今回はタバコの副流煙と、受動喫煙について色々と調べてみたのでご紹介します(゚∀゚)

スポンサーリンク
★人気の記事

タバコの副流煙にはどのような影響(害)がある?

タバコには主流煙副流煙の2種類が良く知られていますが、もう1種類「呼出煙があり、それぞれ成分や濃度が違います。

タバコの煙:「主流煙」「副流煙」「呼出煙」について

主流煙とは喫煙者が吸う側の煙です。

一般のタバコにはフィルターが付いており、それを通過して喫煙者の体内に入って行きます。

フィルターは煙を濾過してタールやニコチンを減らし、味をまろやかにする働きがあります。

たばこの主流煙、副流煙

それに対し、副流煙とは「タバコに火をつけて燃え出た煙」で、呼出煙とは「喫煙者がフーっと吐き出した煙」の事です。

非喫煙者が普段吸い込む煙はこの「副流煙」と「呼出煙」の2種類になります。

「副流煙」と「呼出煙」は主流煙より害が大きい?

副流煙は、主流煙よりも発がん物質等の含有量が多い煙です。

【※主流煙を「1」とした場合の倍率】

  • ニコチン(血流を悪化):2.8倍
  • タール(ヤニ・発ガン物質):3.4倍
  • 一酸化炭素(酸素不足を招く):4.7倍
  • アンモニア(目を刺激する):46.0倍
  • ベンツピレン(発がん物質):3.4倍
  • ニトロソアミン(発がん物質:31.0倍

たばこの煙は、喫煙時にたばこ自体やフィルターを通過して口腔内に達する「主流煙」と、これが吐き出された「呼出煙」、及び点火部から立ち昇る「副流煙」に分けられます。いずれもエアロゾル(液滴)の形状をなす「粒子相」と気体からなる「気相」に分けられます。各種有害物質の発生は主流煙より副流煙の方が多く、主流煙は酸性ですが、副流煙はアルカリ性で、目や鼻の粘膜を刺激します。

(出典:最新たばこ情報|たばこのリスク|主流煙と副流煙

どうでしょうか、この圧倒的な倍率。数値の分だけ、副流煙は人体に悪影響のある、危険物質という事です。

タバコが与える受動喫煙の悪影響3つ

喫煙者は自分の意思で吸いますが、周囲にいる人達は自動的に吸わされることになります。
それが特に害の無いもので、心地よいものであれば良いのですが、そうもいきません( ゚ω゚)

受動喫煙が非喫煙者に与えてしまう影響は、以下のようになっています。

受動喫煙で報告されている「悪影響」と「病気」について

①.すぐに現れる影響

目がしみる等の目の痛み、喉の痛みや咳、心拍数の増加や冷え性などの血管収縮など、軽度ではあるものの不快な影響です。

煙ですので、目に入ればしみるし、吸込めば喉が痛くなりますね。また、喫煙者と同じように血管が収縮します。

②.長期的な影響

肺がん、副鼻腔がん、子宮頸がん、呼吸機能の低下、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病など、がんを始めとする重病に対する影響です。

喫煙者は自分の意思で吸うので責任は自分にありますが、受動喫煙は本人の意思とは無関係。

喫煙者の夫が出す副流煙で、非喫煙者である妻や子供が「がん」になるのです。

③.妊婦や新生児への影響

流産や早産、乳幼児突然死症候群、申請時の低体重化など、生まれてくる命に対する影響です。

タバコの副流煙は、母体や身体の弱い乳幼児にとってはとても重たい害になります。

喫煙者だけではなく、側にいる非喫煙者にとっても非常に有害で心地の良いものではない事がよくわかると思います。

体に付いたニオイも好ましいものではなく、壁やカーテン等に付着したタール等も体に悪影響を及ぼします。

子供は大人よりも深刻な影響を受ける

タバコの煙の影響が最も出やすいのが、鼻、耳、のどなど の空気の通り道にあたる部分です。受動喫煙により子どもの 中耳炎、気管支炎、肺の感染症や肺機能の低下などがおこることが知られています。

また、脳の働きにもさまざまな影響があることが知られています。家庭内などで受動喫煙をしている子どもは、言語能力が低かったり、注意力が散漫だったりする傾向が報告されています。

また、親が喫煙者であると、その子どもはタバコの煙に慣れ、将来喫煙者になる可能性も高くなります。

(出典:タバコを吸わないあなたへ「受動喫煙の害」- すぐ禁煙.jp

煙の害もさることながら、子供に対して怖いのは「歩きタバコの火ですね。

たばこの煙

幼い子供の場合、歩きタバコの手の位置は子供の顔の位置です。

副流煙も、「大人よりも吸いやすい位置」となってしまいますね。

受動喫煙の影響を周囲に与えないために、出来ること

①.禁煙する or 喫煙所に行く

今では分煙化が進んでおり、お昼のランチ時などでは飲食店でも率先して分煙をしていますし、今では居酒屋でも分煙している所がありますね。

吸わない人にとって、煙はハッキリ言って不要なもの。

自分の家庭の事や周囲の事を考えれば、たばこを吸える場所で吸うか、キッパリと禁煙するという選択ができます。

受動喫煙

②.電子タバコなど、副流煙による影響のないものにする

今では電子タバコの販売も進み、良い製品が次々と登場しています。

「電子タバコ」はニコチンやタールなどの有害な煙を一切排出せず、気になる臭いもないので、周囲に迷惑をかけにくい商品です。ですので、ご家庭で吸うのも良いですね。

他にも、電子タバコは、

  • 一般のタバコに比べて経済的
  • 火を使わないので安心、安全
  • ニコチン無しのフレーバーを使えば禁煙にも使える などの特徴があります。

公式ホームページ 国内最高峰電子タバコ【JPvapor 公式】

公式ホームページ 香りと風味を楽しむ新しい嗜好品フレンバー

また、最近では水蒸気のフレーバー(香り)とテイスト(風味)を楽しむといったファッション感覚で利用する新しいアクセサリーアイテムとしても人気。

電子タバコは品揃えが年々豊富になってきており、ネット注文でも発送等もスピーディーなので、自分に合った商品をじっくり探してみるのも楽しいですね(゚∀゚)

さいごに

タバコの害については多々問題がありますが、主流煙だけではなく副流煙や呼出煙にもしっかり害があることがわかります。

こうして言うのもなんですが、オッサンも喫煙者時代には、副流煙についてはしっかりと気を配ってはおりませんでした。喫煙中はどうしても自分本位になってしまいますね。

ですが、タバコに含まれる煙は周囲の人にとっては決して心地よいものではありませんし、こうした影響を知ると、余計に反応したくなるものです。

周囲に非喫煙者がいる場合は、しっかりとした配慮をする心掛けが必要ですね!




スポンサーリンク