【「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55-感想】社会人になってから勉強を始める人に紹介したい本

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
この記事は約7分で読めます。

学校でしっかり勉強してきた人は、すでに自分の勉強パターンを持ってると思いますが、社会人になってから勉強の必要性を感じたっていう人も多いハズ。

  • 英語を勉強して海外に行きたい
  • 資格を取得して転職したい、昇給したい
  • 日本語を勉強して語彙力を高めたい
  • お金・保険の勉強をして家計を見直したい
  • スキルを増やして副業したい

こんなふうに、人生は「やりたいこと・やるべきこと」がたくさん。

ゆーま
ゆーま

でも、いざ勉強となると「面倒クセー!もうやめた!」ってなっちゃうんだよね……。

たとえばその勉強が1日30分で終わるとしたらどうでしょう。続けれそうだと思いませんか?

そんな、短時間の勉強法について細かくまとめられた本が【「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】です。

1日30分を続けなさい!人生勝利の勉強法55
  • 2019年8月現在、本書は月額980で読み放題のサービス「Kindle Unlimited」でも読めます。
本の見出し
  • 人生は勉強したものが勝つ!
  • 勉強時間を捻出する方法
  • 勉強に集中する方法
  • 短期集中型・長期計画型の勉強法
  • 本気の人のための英語勉強法
  • 勉強を成功させるための目標設定方法
  • 勉強効率アップのための食事・睡眠
  • 勉強効率アップのためのツール

こんなラインナップで、多忙な社会人でも短い時間を積み上げて、コツコツと勉強する方法について書かれています。

本記事は、古市 幸雄さんの著書【「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】について書いていきます。

こんな人に読んで欲しい本
  • あまり勉強をしてこなかった人
  • スキルアップで資格を取りたい人
  • 仕事が忙しくて、時間が取れない人
  • 語学を本気で学びたい人
スポンサーリンク
スポンサーリンク

著者:古市 幸雄さん

古市 幸雄さんの紹介

  • 明治大学文学部英文科を卒業
  • 読売新聞社編集局写真部に入社
  • 経営修士号(MBA)を取得(NY州立大学Albany校)
  • 2003年に起業
  • 2006年に英会話学校を開校(現在は休校)

本の概要

  • 著書名:「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
  • ページ数:223
  • 2007年ベストセラー・ビジネス書第1位
  • 50万部を突破

自分の考えをズバズバと言い放つスタイル。読んでて「お……おう」と腰が引けてくる場面もあるほど。たとえば次のような内容。

あなたの会社内で、使えない上司っていませんか。

朝、定時に出社して、ほとんど何も生産的なことをせず、会社に1円の利益をもたらすどころか、逆にマイナス4万円くらいの損失を出している、会社のお荷物になっているおじさん連中のことです。

失礼な言い方かもしれませんが、彼らには使えないという言葉がピッタリです。

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】より

こんなふうに、バッサリと一刀両断。

公式ブログ内での紹介文(↓) でも、同じようなことが書かれてました。

私は「マツコ・デラックスさんみたい」と言われることがあります。みんな薄々気づいているけど、気兼ねして言えないことや、物事の本質をズバッと指摘するからです。

「1日30分」自己教育】より

しっかり欠点を指摘する文章が心にビシビシ刺さる感じですが、でも攻撃的っていうワケじゃなく、ちゃんと指導してくれる「先生」って感じ。

ゆーま
ゆーま

痛いトコロ突いてくるけど、解決策もちゃんと提供してくれる。ドMに最適。

その他の著書

おもに勉強に関する著書が多く、「英語」をピックアップしている著書も数冊ありました。

スポンサーリンク

【「1日30分」を続けなさい!】ポイント3つを紹介

この著書のポイント

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】の数あるポイントの中から、

  • 脳科学の実験結果に基づく正しい勉強法
  • テレビを見なければ、2ヶ月分の時間を捻出できる
  • 集中力を持続させる方法

上記の3つについて、簡単に紹介します。

脳科学の実験結果に基づく正しい勉強法

脳科学の実験結果

ドイツの実験心理学者、エビングハウスの記憶に関する実験があります。

 それによると、人は情報を記憶しても20分後に約42%、1時間後で約56%、9時間後で約64%、6日後には約76%を忘れてしまうそうです。

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】より

著書によると、立て続けに覚えるより、ある程度の間隔をあけて覚える(忘れかけたときに覚え直す)ほうが効率がいいってことが証明されているそうです。

結論としては、

  • ある項目を学習する
  • この勉強の1週間後に復習する
  • 最初の復習から2周間後に2回目の復習をする
  • 2回目の復習後、1ヶ月以内に3回目の復習をする

これがもっとも効率のいい学習方法とのこと。

ゆーま
ゆーま

「いつ、どんな勉強をしたか?」をメモっておくといいね!

記憶のメカニズムについても、この章でくわしく書かれてますよ。

テレビを見なければ、2ヶ月分の時間を捻出できる

テレビを見ない

テレビを毎日2時間見続けると、あなたの望むスキルは習得できますか?

テレビを見ていれば、5年後、10年後にあなたは有能なビジネスパーソンになっていますか?

今まで長年テレビを見てきて、何か習得したスキルはありますか?

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】より

刺さりすぎて痛い……耳が痛い……。

つまり、睡眠時間を削ったりするのではなく、他の人がテレビを見ている時間に、自分は有効に使ってスキルを高めましょう!ってことでした。

  • 毎日、平均2時間テレビを見る
  • 52週間(1年)×5日(平日)×2時間=520時間
  • さらに土日は5時間テレビを見ると、プラス520時間
  • 年間で1040時間!
  • 睡眠時間(7時間)を差し引き、17時間で割ると、
  • 1040÷17時間=61日!!

つまり、年間で61日分、テレビを見てる計算になりました。

ゆーま
ゆーま

テレビを見てると、貴重な時間がもったいない!

これが2年~3年~と積み重なると、ムダにした時間がどんどん増えていく……。

コツコツやる人との差が広がっていきますね。

集中力を持続させる方法

集中力

勉強の習慣が身に付いていない人は、集中力が切れたあとも無理をして勉強を続けてしまいます。つまり、イヤイヤ勉強しているわけです。これを長く続けると、脳は勉強を次のように気持ちよくない感情と関連付けてしまいます。

 勉強=イヤイヤ、我慢、不快

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55】より

これだと、勉強をがんばってるつもりでも結局は「イヤイヤ」やってるから、勉強自体が嫌いになっちゃう。

効率のいい勉強法は、勉強がイヤになる前に一時中断するのがコツとのこと。

  • 短い時間の勉強→休憩のサイクルを1セット
  • 2~3セット繰り返す
  • これで、簡単に1~2時間の勉強ができる

人によってサイクルの時間はまちまちですが、

  • 30分やって、15分休憩(著者)
  • 25分やって、5分休憩(メンタリストDaigo
  • 30分やって、5分休憩(私の仕事スタイル)

こんなふうに、自分に最適なサイクルを見つけて、嫌気がさす前に休むのがコツ。長時間の集中に向いてない人には、非常に役立ちます。

ゆーま
ゆーま

自分が一番集中できるサイクルを見つけると、仕事も趣味もはかどるよ!

このような方法を、ポモドーロ・テクニックと言い、メンタリストDaigoさんの著書「自分を操る 超集中力」という本にも詳しく書かれています。

スポンサーリンク

【「1日30分」を続けなさい!】感想

1日30分を続けなさい!人生勝利の勉強法55

こんなふうに、全55の勉強法がギッシリ詰まった1冊。

「テレビをやめたら2ヶ月間分も捻出」できることも「確かに……!」って思ったし、ズバっと言われるけど納得できる内容でした。

ゆーま
ゆーま

怠惰たいだな生活を送っている人は、言葉が刺さりすぎて重症になるかも。

効率よく行う勉強方法がしっかりと書かれているから、時間のない社会人の資格勉強やスキルアップで勉強する際に読みたい本ですね。

スパルタ調なので、勉強に対する心構えもシャキッとする良書です。

PC・スマホ・タブレットで本が読み放題!

Kindle Unlimited」は、世界最大級のインターネット通販サイトAmazonが運営する、電子書籍読み放題サービス。

Kindle Unlimited
読み放題サービスは、こんな人におすすめ
  • 毎月2冊以上の本を読む人
  • ジャンルを問わず読む人
  • 次々に本を手に取りたい人
  • スマホ・タブレット端末を持っている人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
ヨロシクお願いしますm(_ _)m
本の紹介

この記事も読まれています

\ この記事をシェア/
このブログの管理人

30代後半で読書にハマる。ビジネス本と自己啓発本が好き。語彙力低め。

こんな記事を書いてます。
・読んだ本の紹介
・使ってみた雑貨
・プチ雑学

詳細はこちら ⇒

\ フォロー /
スポンサーリンク
おやじろぐ。
タイトルとURLをコピーしました